news

2019/11/7 経血 1stアルバム LP化





経血 / Scapegoat
(LP/BTR-011)
2,500yen + TAX
2019年12月11日発売

2017年に経血メンバーによる悲観レーベルから発売され、現在はソールドアウト。もはやプレミア化している経血の1stアルバムが限定500枚プレスでLP化!
2019年8月にリリースされた"経血"、"NO NO NO"、"EYESCREAM"によるスプリットCDを即時完売させ、その後矢継ぎ早にリリースした7インチシングル"double bind"でもその存在感を存分にアピールした経血。彼らの作品をチェックしている方はご存知かと思うが、そのバックボーンは実は単純なものではなく、情報過多で食傷気味なこの時代のパンク、ハードコアバンドだからこそ出せる面白味を大いにはらんでいる。この"Scapegoat"に関して言えば、現在の彼らに至るまでの過程をしっかりと感じ取る事が出来る作品と言えるだろう。迷いや抑圧などはないが、ある種の葛藤が、えも言えぬ緊張感を生んでるようだ。
日本語歌詞の世界観は非常に"人間らしい"もので、ぶっ飛んでいるようでも、どこかリアリティーを感じてしまう。人間の陰を白日の下にさらし、目をそらしていた現実に直面させる。母国語のパンク、ハードコアを聴く醍醐味とは正にこんな部分にあるのではないだろうか。


■経血(KEIKETSU) / Scapegoat

Currently sold out and even resold at premium prices, KEIKETSU's 1st album Scapegoat, released in 2017 by the member's own Hikan Label, will be repressed in LP format in a limited edition of 500! KEIKETSU made their presence known, immediately selling out their 3-way split between NO NO NO and EYESCREAM and then releasing their 7" single Double Bind in rapid succession. Fans who've checked their releases should know that the backbone of KEIKETSU is far from simple. In this age when we are overfed information on punk and hardcore, bands can develop a taste for something unique to intrigue us. Speaking of Scapegoat, this work displays a feel for the course of change KEIKETSU experienced to become the band they are now. It radiates a tension that is neither hesitant or repressing but stems from a deep conflict. Although sometimes damn near crazy, lyrics in their native Japanese shed light on a certain "humanness" and a worldview with a glimpse of true reality. Like shadows shaped under a bright sun, we must confront what is exposed to us--but the hidden charm of listening to our native language is exactly this.

A1.ワタシハワルクナイ
A2.Ope
A3.Disりたい
A4.マンホールに捨てた
A5.悪夢
A6.思考停止
A7.経血
A8.窒息
B1.機能不全家族
B2.股から血
B3.哀歌
B4.ラフレーズ
B5.Nai
B6.死んで詫びろ!!
B7.裏切りの街
B8.Piercing


試聴サイト
https://keiketsu.bandcamp.com/album/scapegoat


2019/11/5 SKITKLASS teaser PURCHASE LOTTERY TICKET FOR SKITKLASS FLEXI



SKITKLASS / PRIMITIV KÄNSLAに封入される"ソノシート購入権獲得抽選券"の抽選会予告動画です。
本発表は12月7日町田NUTTY'SでのSKITKLASSワンマンライブにて。



SKITKLASS / PRIMITIV KÄNSLA
(CD/BTR-099)
2,300yen + TAX
2019年11月15日発売

初回限定紙ジャケット仕様CD。SKITKLASS / グチャグチャ(ソノシート/BTR-001:POGO-109)購入抽選券封入。
LP盤はPOGO77 RECORDSより同時発売(POGO-105/2,800yen + TAX)

SKITKLASS / PRIMITIV KÄNSLAはLPがPOGO77から、CDがBREAK THE RECORDS からのリリース!フロントジャケットはあの宮西計三先生によるこの為の描き下ろしアート!
2019年12月7日に発売するSKITKLASS / グチャグチャ(日本語歌唱盤ソノシート/BTR-001:POGO-109)購入抽選券も封入。三ヶ国語対訳。
LPはポスター入り、CDはゲートフォールドで裏ジャケ違い。
レコ発ワンマンGIG決定で、当日会場のみ宮西計三先生オフィシャル・シルクスクリーン限定100枚ナンバリング入り販売!
Tシャツも発売します。
プリミティブ・ハードコアパンクよ死してなお踊れ!

2018年初頭頃より突如頭角を表し、その異様なマスク姿により素性が一切謎ながらリリース戦略、ステージ共に人々を混乱と衝動の渦に巻き込んだグループ、SKITKLASSが遂に世に放つ2019年1stフルアルバム!その屈折した存在感とは裏腹の、これ程までに80年代初頭に発生したハードコアパンクという音楽ジャンルの否定と反逆、そして破壊の哲学がかくにも純然たるかたちで提示された作品が今の時代にあって良いのだろうか?答えはNOだ!原始的で生々しい攻撃性に満ちたA面と形而上的カオスを叩き付けるB面の全16曲はジャケット・アートワークの驚嘆すべきインパクトと相まってこんな時代に投下されるにはあまりに不条理だ。だから気をつけろ、奴らはもうそこまで迫っている!
(邪奇異/FRAMTID.REVENGE RECORDS)

目玉ヒン剥いてよく見ろ!耳の穴かっポジってよく聴け!『SKITKLASS』は俺の最高のロック・イラストレーションさ!自信をもってtrashを超えたと言えるね。勿論中身も超ウルトラ'B'KLASS!!
(宮西計三)

立て続けにスマッシュヒットを連発するSKITKLASSが、セカンドアルバムを出す。マスター音源を聴きチビリましたが、ジャケットデザインはなんと・・・THE STALIN - trashを描いた宮西計三先生!もうこれは音源を聴きながらジャケットを拝むしかない。そして音源にはソノシート購入抽選チケットが封入とのことで、これまた泣くに泣けないマスク仮面達。さぁ12月7日 ワンマンライブもあるようだし、今年はSKITKLASSで締めくくりましょうかね
(今村紀康/POGO77 RECORDS)

制作に取り掛かった当初、収録される半分は"STUDIOテイク"、もう半分は"異次元LIVE"との事だったが、これにはすっかり騙された。CD用に渡されたマスター音源の収録曲数は9曲。"異次元LIVE"はこの9曲目の事を指すのだが、皆さんの思い浮かべるであろう"LIVE"とは違うのだ。SKITKLASSは"生活"や"生きる"という意味でこの言葉を選んだのではないだろうか。ある意味ネタバレのような事になってしまうので詳しい収録内容についての言及は避けるが、この1トラックに収められた音には情景が付随してくる。そうか、そういう意味でも"LIVE"なのかも知れない。PRIMITIV KÄNSLA、原始的感覚。目を閉じてこそ、見える景色がある。(安藤竜/BREAK THE RECORDS)

01.DEN OMÖJLIGA VÄRLDEN
02.DJURSPÖKE
03.PRIMITIV KÄNSLA
04.EXEMPLAR
05.STÄNGT SAMHÄLLE
06.DRAGKEDJEMASKENS HEMLIGHET
07.MALEN I SKOGEN
08.ASSIMILERING AV MAKT
09.BERÄTTELSESPÅR: ”MÖJLIGT HJÄRTA, OMÖJLIG VÄRLD”

----------

SKITKLASS / グチャグチャ
(ソノシート/BTR-001:POGO-109)
1,000yen + TAX
2019年12月7日発売

01.アニマルゴースト
02.原始的感覚

限定250枚プレス。
SKITKLASS / PRIMITIV KÄNSLAのCD(BTR-099)、LP(POGO-105)に封入されている抽選券の当選者のみ購入可能。

発表方法:2019年12月7日(土)町田Nutty'sでの"SKITKLASSワンマンライブ"にて発表。ライブ観覧者で当選された方は当日の物販スペースにてご購入いただけます。12月8日正午よりWEBページ(http://www.pogo77.com/skitklass/)へ当選番号を掲載。

応募方法:当選しましたソノシート購入抽選券の連絡先欄に記入の上、POGO77まで郵送してください。POGO77より追ってご連絡致します。

〒194-0203
東京都町田市図師町2951-15
POGO77 RECORDS宛 SKITKLASSソノシート係

--------

SKITKLASS "PRIMITIV KÄNSLA" 発売記念ワンマンGIG
「MALEN I SKOGEN」
町田Nutty's
2019年12月7日(土)
OPEN 19:00 / START 20:00

通常前売チケット ADV:2500円 / DAY:3000円
ライブ限定T-SHIRTS付チケット ADV:4500円 / DAY:5000円

出演:SKITKLASS

ソノシート購入抽選イベント / SKITKISSEとのチェキタイム / 宮西計三先生描シルクスクリーンポスター・T-SHIRTS会場限定発売


2019/10/30 11月30日同時リリース!Firewalker、 Libérate 




Firewalker / Firewalker
(CD/BTR-010)
1,800yen + TAX
2019年11月30日発売

試聴サイト
https://firewalkerboston.bandcamp.com/album/firewalker


ボストンを中心に活動を続け、今や世界中のハードコアフリークから熱い視線が注がれる"Firewalker"の18曲収録編集盤CD!
------
数年前から現在でも女性をフロントとするハードコアパンクバンドの台頭は近年非常に強いインパクトを放っている、それはどこかの場所に限った事ではなく、世界的なムーブメントとして今も現在進行形で大きな渦を為しているように感じられるのは熱心なハードコアパンクファンであれば誰もが感じているはず。 そうなった経緯として先日の来日公演も記憶に新しいニューヨークのKRIMEWATCHの存在は必要不可欠である。
そんなKRIMEWATCHと共に絶対に欠かす事が出来ない存在であり、そのKRIMEWATCHの1st SHOWをオーガナイズしたのがこのムーブメントを最先端で牽引し続けているUSボストンを拠点とする4人組ガールズハードコアバンド、FIREWALKERである。
彼女達の地元ボストンを代表するLIVING LEGEND、SLAPSHOTの90年作EPタイトルよりその名を拝借している事からもわかる通りクラシックな80s USHCからの影響を根底に置きつつ、SHEER TERROR/SICK OF IT ALL/AGNOSTIC FRONT/MADBALL等といった80s NYHCからの影響も強い、その上でTRAPPED UNDER ICE、TURNSTILE、FURY等といった生で体感してきた現行USHCからの影響もしっかり血肉としつつ、それらを現代ならではな感覚でブレンドミックスされた楽曲はクラシックでいながら凄まじくフレッシュな質感を持つハイブリッドな輝きを放っている。
そしてVo.Sophieのその端麗な容姿からは全く想像の出来ないドスの効きまくったEVILなデスボイスによる強烈な咆哮、そのクールさと無邪気さを兼ね備えた絶妙な佇まい、存在感は彼女達を更にオリジナルな存在へと際立たせていると思う。こんなバンド出て来たらそりゃ〜ブチ上がらざるを得ない訳です!
自主リリースされた二本のデモは噂が噂を呼び即完売、その後Pop Wigよりリリースされた1st full album『FIREWALKER』(2017)に、限定生産のカセットでリリースされるもこちらも即完売となったEP『ALIVE』(2018)、そしてつい先日リリースされたばかりの最新作『ROLL CALL』(2019)の3作品を収録した全18曲、リリースはBREAK THE RECORDSより。
YouTubeやWEB上の媒体を通して確認出来る彼女達のライブ、そのフロアでは活動初期から屈強な男達に混じり腕をぶん回し大股のストンプをかましながら縦横無尽に駆け巡る女性達の姿が多く確認出来る。その人数は月日を追う毎に今もなお増していくばかりである。
text:FIGHT FIRE WITH FIRE


In recent years, the rise of hardcore punk fronted by women has made great waves of influence not limited to any particular place. This worldwide movement is progressing even now like a powerful whirlpool, something that can be felt by any passionate hardcore punk fan.

New York's KRIMEWATCH, who's tour through Japan is still fresh in our memory, is an indispensable to how we view this movement.

But a band indispensable to KRIMEWATCH is FIREWALKER, the band who organized KRIMEWATCH's 1st show. FIREWALKER, a 4-piece girls band* based in Boston, pulls this movement from the forefront.

Their band name is derived from fellow Boston living legend SLAPSHOT's 1990 EP FIREWALKER. While classic 80's USHC grounds their foundation, 80's NYHC bands like SHEER TERROR, SICK OF IT ALL, AGNOSTIC FRONT, MADBALL etc. also exert comparable influence. Additionally, more recent USHC hands such as TRAPPED UNDER ICE, TURNSTILE, FURY etc. have also had a substantial impact on their identity and sound. This hybrid blend of both classic and fresh music shines through with a unique quality, perhaps a quality only found in this age.

The band's exquisite appearance that combines both coolness and indifference further shape their sense of originality. From her graceful looks, who could imagine the thick, evil-conjuring roar of vocalist Sophie. Honestly, who wouldn't get apeshit excited over a band like FIREWALKER!

Their two self-released demos and limited edition cassettes of EP ALIVE (2018) sold out immediately fueled by rumors of their popularity. A total of 18 songs spanning three works, their 1st album FIREWALKER (2017) released by Pop Wig, EP Alive (2018), and their latest work ROLL CALL (2019), will be released by BREAK THE RECORDS

FIREWALKER's shows are up on YouTube and over the web. Even in their early years, many women in their audience can be seen thrashing their arms and moshing ferociously, oblivious to the dudes around them. And as time goes by, more will surely join them.

1. Loaded Dice
2. Barking Up The Wrong Tree
3. Fire Walk
4. Change
5. Darken My Door
6. Something in the Air
7. Nothing Left
8. Sicker than You
9. This City
10. Don't Cross Me
11. Scorcher
12. Role Model
13. Out of Time
14. Cyanide
15. The Roll Call
16. I'm So Free
17. The Mystery
18. Spirits Roam




Libérate / Discografía
(CD/BTR-016)
1,800yen + TAX
2019年11月30日発売

試聴サイト
https://liberate-ca.bandcamp.com/


ACxDCのVo.SergioがACxDCの一時休止中の2006〜2011年の間に活動していたLA産、激猛烈RAGING FASTCORE、¡Libérate!のFULL DISCOGRAPHYがBREAK THE RECORDよりリリース。
メンバー達が青春時代の多感な時期に擦り切れるほどにレコードを聴き、足繁く通ったハードコアショウで生で体感してきたと思われる90〜00s FASTCOREからの影響をダイレクトに叩き出した微塵の迷いも無い激テンション&激ファストに暴れ狂う超絶PUREなFASTCOREスタイルはある人にとってはとても懐かしく心温まり、ある人にとってはめちゃくちゃ新鮮かつ純粋に胸を熱くしてくれる。そしてそのバンド名が表す通り全編に渡りスペイン語を用いた巻き舌の語幹による独特な危なさと人懐っこさを兼ね備えているあたりは完全にLOS CRUDOSを彷彿とさせる。LOS CRUDOSもまた初期〜後期に移り変わるに連れてマーチン先生のヴォーカルスタイルはどんどんブチギレた絶叫スタイルへと変化していってましたがまさしくこの¡Libérate!も一緒で、初期作品でのSergioはストレートに感情を吐き出すドスの効いた咆哮ヴォーカルを披露、そして後期に移るに連れてACxDCでも聴かせる感極まりまくる鬼の絶叫スタイルへと変化していくのですが、これがまたどちらの時期もめちゃくちゃ熱い!
オフィシャルリリースとして存在している2008年リリースの1st EP「Amor Y Pasion」とSPLIT(w/Intifada)EP、VA「Short, Fast + Loud」参加音源はもちろん。ほぼ地元くらいでしか出回っていないであろう1st DEMO、録音したにも関わらず世に出る事のなかった膨大な未発表曲達、そして最後にはバンドの1st SHOWを丸々と収録した全49曲のコンプリートディスコグラフィー。
完全にFASTCORE化したLOS CRUDOSの如き存在、完全にFOR FANS OF SPEEDFREAKS、この言葉に何かピンと来る方は確実に手に取って頂いて間違い無いでしょう。

HAIL FASTCORE!!!!!!!

text : Sanitarium


The FULL DISCOGRAPHY of Los Angeles-born, ferocious and raging fastcore ¡LIBÉRATE!, fronted by vocalist Sergio from ACxDC's while ACxDC was on hold between 2006-2011, is now available through BREAK THE RECORDS.
Their style of pure fastcore, tense, fast, and transcendent; must have been a direct product of the 90's-00's fastcore from a time in their youth. It echoes the impressions of worn-down records played on repeat and of local shows that shaped their own memories--a sound nostalgic to some, but fresh and invigorating to others. As the band name suggests, all songs are in Spanish. The rolled Rs excite a unique mix of danger and welcoming, reminiscent of LOS CRUDOS. And like the way vocalist Martin of LOS CRUDOS progressively developed his style, Sergio in ¡LIBÉRATE! also evolved from heartful and straightforward shouting in their earlier work, to the demonic shrieking also evoked in ACxDC. Needless to say, both the early and later eras are fucking awesome in their own right.
This complete discography of 49 songs includes the official 2008 releases of their 1st EP Amor Y Pasion, split with Intifada, and songs on the compilation Short, Fast + Loud, along with very underground releases that could only be found at local shows like their 1st Demo, which was kept unreleased despite recording a great number of songs, and a full recording of their first show.
For speedfreaks and anyone who gets excited over the words "fastcore" and "LOS CRUDOS" put together, this release is unmistakably made for you.

HAIL FASTCORE!!!!!!!


1.¡Libérate!
2.El Golpe
3.Obreros Unidos
4.Dame Mis Derechos O Te Dare La Muerte
5.¿Hispano? ¡No!
6.Esta Escena
7.Traidor
8.Amigo Imaginario
9.No Vales La Pena
10.Me Vas A Tener Que Matar
11.¿Escuela O Guerra?
12.San Salvador Atenco
13.España 36
14.Venganza
15.Muy Macho
16.Hasta Que Me Aguante El Cuerpo
17.Llora La Tierra
18.Fraticidad
19.Trabajar Para Vivir
20.El Proceso
21.Viejos Pateticos
22.Todos Somos Complice
23.El Amor Entre Hombres
24.Gringo Ilegal
25.El Sueño Se Convirtió En Pesadilla
26.Me Lo Paso Por El Culo (Los Crudos cover)
27.Quanto Mais Ignore Mais Aparente Fica (Discarga cover)
28.Fantasia (Life's Halt cover)
29.¿Escuela O Guerra?
30.El Golpe
31.Dame Mis Derechos O Te Dare La Muerte
32.El Sueño Se Convirtió En Pesadilla
33.España 36
34.Gringo Ilegal
35.Llora La Tierra
36.Me Lo Paso Por El Culo (Los Crudos cover)
37.Me Vas A Tener Que Matar
38.Muy Macho
39.Traidor
40.Venganza
41.Obreros Unidos
42.Me Vas A Tener Que Matar
43.Llora La Tierra
44.¿Hispano? ¡No!
45.Gringo Illegal
46.España 36
47.¿Escuela O Guerra?
48.Dame Mis Derechos O Te Dare La Muerte
49.First Show(Entire Set)


2019/10/1 SKITKLASS 1stアルバム




SKITKLASS / PRIMITIV KÄNSLA
(CD/BTR-099)
2,300yen + TAX
2019年11月15日発売

初回限定紙ジャケット仕様CD。SKITKLASS / グチャグチャ(ソノシート/BTR-001:POGO-109)購入抽選券封入。
LP盤はPOGO77 RECORDSより同時発売(POGO-105/2,800yen + TAX)

SKITKLASS / PRIMITIV KÄNSLAはLPがPOGO77から、CDがBREAK THE RECORDS からのリリース!フロントジャケットはあの宮西計三先生によるこの為の描き下ろしアート!
2019年12月7日に発売するSKITKLASS / グチャグチャ(日本語歌唱盤ソノシート/BTR-001:POGO-109)購入抽選券も封入。三ヶ国語対訳。
LPはポスター入り、CDはゲートフォールドで裏ジャケ違い。
レコ発ワンマンGIG決定で、当日会場のみ宮西計三先生オフィシャル・シルクスクリーン限定100枚ナンバリング入り販売!
Tシャツも発売します。
プリミティブ・ハードコアパンクよ死してなお踊れ!

2018年初頭頃より突如頭角を表し、その異様なマスク姿により素性が一切謎ながらリリース戦略、ステージ共に人々を混乱と衝動の渦に巻き込んだグループ、SKITKLASSが遂に世に放つ2019年1stフルアルバム!その屈折した存在感とは裏腹の、これ程までに80年代初頭に発生したハードコアパンクという音楽ジャンルの否定と反逆、そして破壊の哲学がかくにも純然たるかたちで提示された作品が今の時代にあって良いのだろうか?答えはNOだ!原始的で生々しい攻撃性に満ちたA面と形而上的カオスを叩き付けるB面の全16曲はジャケット・アートワークの驚嘆すべきインパクトと相まってこんな時代に投下されるにはあまりに不条理だ。だから気をつけろ、奴らはもうそこまで迫っている!
(邪奇異/FRAMTID.REVENGE RECORDS)

目玉ヒン剥いてよく見ろ!耳の穴かっポジってよく聴け!『SKITKLASS』は俺の最高のロック・イラストレーションさ!自信をもってtrashを超えたと言えるね。勿論中身も超ウルトラ'B'KLASS!!
(宮西計三)

立て続けにスマッシュヒットを連発するSKITKLASSが、セカンドアルバムを出す。マスター音源を聴きチビリましたが、ジャケットデザインはなんと・・・THE STALIN - trashを描いた宮西計三先生!もうこれは音源を聴きながらジャケットを拝むしかない。そして音源にはソノシート購入抽選チケットが封入とのことで、これまた泣くに泣けないマスク仮面達。さぁ12月7日 ワンマンライブもあるようだし、今年はSKITKLASSで締めくくりましょうかね
(今村紀康/POGO77 RECORDS)

制作に取り掛かった当初、収録される半分は"STUDIOテイク"、もう半分は"異次元LIVE"との事だったが、これにはすっかり騙された。CD用に渡されたマスター音源の収録曲数は9曲。"異次元LIVE"はこの9曲目の事を指すのだが、皆さんの思い浮かべるであろう"LIVE"とは違うのだ。SKITKLASSは"生活"や"生きる"という意味でこの言葉を選んだのではないだろうか。ある意味ネタバレのような事になってしまうので詳しい収録内容についての言及は避けるが、この1トラックに収められた音には情景が付随してくる。そうか、そういう意味でも"LIVE"なのかも知れない。PRIMITIV KÄNSLA、原始的感覚。目を閉じてこそ、見える景色がある。(安藤竜/BREAK THE RECORDS)

01.DEN OMÖJLIGA VÄRLDEN
02.DJURSPÖKE
03.PRIMITIV KÄNSLA
04.EXEMPLAR
05.STÄNGT SAMHÄLLE
06.DRAGKEDJEMASKENS HEMLIGHET
07.MALEN I SKOGEN
08.ASSIMILERING AV MAKT
09.BERÄTTELSESPÅR: ”MÖJLIGT HJÄRTA, OMÖJLIG VÄRLD”

----------

SKITKLASS / グチャグチャ
(ソノシート/BTR-001:POGO-109)
1,000yen + TAX
2019年12月7日発売

01.アニマルゴースト
02.原始的感覚

限定250枚プレス。
SKITKLASS / PRIMITIV KÄNSLAのCD(BTR-099)、LP(POGO-105)に封入されている抽選券の当選者のみ購入可能。

発表方法:2019年12月7日(土)町田Nutty'sでの"SKITKLASSワンマンライブ"にて発表。ライブ観覧者で当選された方は当日の物販スペースにてご購入いただけます。12月8日正午よりWEBページ(http://www.pogo77.com/skitklass/)へ当選番号を掲載。

応募方法:当選しましたソノシート購入抽選券の連絡先欄に記入の上、POGO77まで郵送してください。POGO77より追ってご連絡致します。

〒194-0203
東京都町田市図師町2951-15
POGO77 RECORDS宛 SKITKLASSソノシート係

--------

SKITKLASS "PRIMITIV KÄNSLA" 発売記念ワンマンGIG
「MALEN I SKOGEN」
町田Nutty's
2019年12月7日(土)
OPEN 19:00 / START 20:00

通常前売チケット ADV:2500円 / DAY:3000円
ライブ限定T-SHIRTS付チケット ADV:4500円 / DAY:5000円

出演:SKITKLASS

ソノシート購入抽選イベント / SKITKISSEとのチェキタイム / 宮西計三先生描シルクスクリーンポスター・T-SHIRTS会場限定発売


2019/9/19 ROCKY & The SWEDEN teaser公開



ROCKY & The SWEDEN / CITY BABY ATTACKED BY BUDS
(CD/BTR-420)
10月24日(木)発売
2,500円+税

2019年8月8日にリリースされた7インチを即日完売させ、完全復活の狼煙を上げたROCKY & The SWEDENが、19年振りとなるフルアルバムをついにリリース!!
ご存知HARDCORE GRASS HOPPERSこと、ROCKY & The SWEDEN。彼らの残した「TOTAL HARD CORE」、「GOD SAVE THE GREEN」は共に、ハードコア界における重要作品として数えられ、未だに日本海外問わずフェイバリットに挙げられる事も少なくない。そんなROCKY & The SWEDENの最新作がリリースされるというのだから、感謝、享受する以外に選択肢はないだろう。
まずアルバムを通して、皆様が期待しているだろう"ロッキーらしさ"に関してはど真ん中に鎮座している。そこから派生する新しい要素として、新メンバーKAZUKI SWEDENのギターワークは特筆しておくべきだろう。2曲目に収録されている"VOICE"のド頭イントロで飛び出すハーモニーに衝撃を覚えるに違いない。また、今作の布石としてリリースされた7インチに収録された"GREEN RIOT"、"WEED WEED WEED"も収録されているが、若干のマイナーチェンジがされているので是非聴き比べてみていただきたい。そして本アルバムの最後を飾る"UNITE & WIN"ではCAPTAIN"KOBA"SWEDENの熱唱で大円団。年月を経て新しく得たもの、それでも変わらないもの、その両面をしっかり噛み締める事が出来るラインナップのアルバムに仕上がっている。
一際目を引くジャケット画像はNY在住、新進気鋭のアーティストOKANO MASATO氏によるもの。また7インチ同様、アルバムタイトルのオマージュにも注目したい。兎にも角にも彼らの全てを詰め込んだ、まさに「Total Hard Core」な一枚がここに完成した。


Hardcore Grass Hoppers, ROCKY & The Sweden release full length album in 19 years!!
Their another two albums "TOTAL HARD CORE" & "GOD SAVE THE GREEN" are well known as world's hardcore classics for a long time. These are still listed as favorite by punk & hardcore heads all over the world.
Yes, this album is right that you expect. But you can feel change a bit from some songs. It's because of new member, KAZUKI SWEDEN(ex-VIVISICK). You will be blasted by his thrilling guitar play.
Eye-catching front cover painting is by Okano Masato in NYC. And you can find R&S's respect to hardcore originators from album title. Anyway, here's their "Total Hard Core" album coming!!

releases October 24, 2019

01. GREEN RIOT
02. VOICE
03. PEOPLE VS GOVERNMENT
04. SAVE
05. マリーに首ったけ
06. SURVIVE
07. MARY-GO-ROUND
08. WEED WEED WEED
09. FIGHT FOR YOUR RIGHT
10. MARY WANNA ROCK
11. REBEL
12. UNITE & WIN

試聴サイト
https://rockyandthesweden.bandcamp.com/

2019/9/12 "Croon A Lullaby" Bandcamp公開




■経血:EYESCREAM:NO NO NO / Croon A Lullaby
(CD/BTR-013)

経血、EYESCREAM、NO NO NOによるスプリット、Croon A LullabyですがCDはレーベル在庫切れ、小売店様も在庫切れが目立つようになりましたので、Bandcampサイトを公開いたしました。こちらにてデータご購入可能となります。

経血(Kei-Ketsu),EYESCREAM,NO NO NO, 3 way split CD "Croon A Lullaby" has all gone. So we release this split on Bandcamp. You can stream and download music from the site. Enjoy!!

Bandcamp site
https://croonalullaby.bandcamp.com/

経血、EYESCREAM、NO NO NOと、それぞれリリース作品が即時完売となってしまうなど、世界から大注目されている3バンドによる夢のスプリット作品が完成。
日本の80年代のパンク、ハードコアに強いバックボーンを感じされる"経血"ですが、今作でも同様、ドロドロしたような感触の楽曲2曲を収録。冒頭からアクの強いSEで入り、しっかり聴かせるミドル・チューン、そして緩急あるスピード・チューンへとなだれ込む。もはやこの手の音で"経血"を越えるバンドは現存しないのではないだろうか。巧みに操る日本語の妙にも脱帽だ。
これまでデモテープのみのリリースながら、既に海外レーベルからリリース熱望のオファーもあるという仙台の"EYESCREAM"。話題沸騰のデモテープからサウンドクオリティーも相当上がっている。80年代のハードコアの肝を押さえたような、心地良いスピード感で展開されていくハードコアサウンドはもはや爽快感すら感じる事が出来る。歯に衣着せぬボーカルスタイルにも要注目。
3バンドの中で最もぶっ飛んだスタイルの“NO NO NO”は、前述の2バンドと同様のバックボーンも持ちながらも、90年代以降の加速していくハードコア・サウンドの影響が色濃く出ている。トップ・スピードの演奏と早口に捲し立てるハイトーン・ボーカルは鳥肌物だ。速い楽曲ながらフックする部分も綿密に作られており、ハードコアの現代解釈としての面白味を多分に含んでいる。


Croon A Lullaby is master piece compilation symbolize Japanese underground hardcore punk scene nowadays.

■経血(KEI-KETSU)
Japanese hardcore punk influenced by 80's Japanese punk style. It starts from one and only middle tempo tune for this comp.Their unique lyrics are one of their characteristics.

■EYESCREAM
EYESCREAM is formed by the members from DISARRAY and bye-ASS.They play more speedy tunes than 経血 like 80's US Hardcore style mixed with Japanese hardcore.High tone vocals and simple riffs will be reach straight to your heart.

■NO NO NO
They plays craziest songs in this compilation.Full speed hardcore like since the 90's but it's not kind of strong style but PUNK.The vocalist sings so fast and you will be taken to their spiritual world.


-経血-
01.Ill-treatment
02.イカレキノコ

-EYESCREAM-
03.漂流者
04.NO PEACE
05.ステージ
06.ウジ虫

-NO NO NO-
07.MORAL
08.Cover Up
09.Sliver
10.Lingering Scent


2019/9/11 ROCKY & The SWEDEN 19年振りとなるアルバムをリリース!




ROCKY & The SWEDEN / CITY BABY ATTACKED BY BUDS
(CD/BTR-420)
10月24日(木)発売
2,500円+税

2019年8月8日にリリースされた7インチを即日完売させ、完全復活の狼煙を上げたROCKY & The SWEDENが、19年振りとなるフルアルバムをついにリリース!!
ご存知HARDCORE GRASS HOPPERSこと、ROCKY & The SWEDEN。彼らの残した「TOTAL HARD CORE」、「GOD SAVE THE GREEN」は共に、ハードコア界における重要作品として数えられ、未だに日本海外問わずフェイバリットに挙げられる事も少なくない。そんなROCKY & The SWEDENの最新作がリリースされるというのだから、感謝、享受する以外に選択肢はないだろう。
まずアルバムを通して、皆様が期待しているだろう"ロッキーらしさ"に関してはど真ん中に鎮座している。そこから派生する新しい要素として、新メンバーKAZUKI SWEDENのギターワークは特筆しておくべきだろう。2曲目に収録されている"VOICE"のド頭イントロで飛び出すハーモニーに衝撃を覚えるに違いない。また、今作の布石としてリリースされた7インチに収録された"GREEN RIOT"、"WEED WEED WEED"も収録されているが、若干のマイナーチェンジがされているので是非聴き比べてみていただきたい。そして本アルバムの最後を飾る"UNITE & WIN"ではCAPTAIN"KOBA"SWEDENの熱唱で大円団。年月を経て新しく得たもの、それでも変わらないもの、その両面をしっかり噛み締める事が出来るラインナップのアルバムに仕上がっている。
一際目を引くジャケット画像はNY在住、新進気鋭のアーティストOKANO MASATO氏によるもの。また7インチ同様、アルバムタイトルのオマージュにも注目したい。兎にも角にも彼らの全てを詰め込んだ、まさに「Total Hard Core」な一枚がここに完成した。


Hardcore Grass Hoppers, ROCKY & The Sweden release full length album in 19 years!!
Their another two albums "TOTAL HARD CORE" & "GOD SAVE THE GREEN" are well known as world's hardcore classics for a long time. These are still listed as favorite by punk & hardcore heads all over the world.
Yes, this album is right that you expect. But you can feel change a bit from some songs. It's because of new member, KAZUKI SWEDEN(ex-VIVISICK). You will be blasted by his thrilling guitar play.
Eye-catching front cover painting is by Okano Masato in NYC. And you can find R&S's respect to hardcore originators from album title. Anyway, here's their "Total Hard Core" album coming!!

releases October 24, 2019

01. GREEN RIOT
02. VOICE
03. PEOPLE VS GOVERNMENT
04. SAVE
05. マリーに首ったけ
06. SURVIVE
07. MARY-GO-ROUND
08. WEED WEED WEED
09. FIGHT FOR YOUR RIGHT
10. MARY WANNA ROCK
11. REBEL
12. UNITE & WIN

試聴サイト
https://rockyandthesweden.bandcamp.com/


2019/9/5 伝説のバンド"ROUTE 66"の音源が遂に7インチ化




■ROUTE 66
Good Times Rock'n Roll / Rockin Doll
(7inch RECORD/BTR-068)
2019年10月23日リリース
1,200円+税

活動歴わずか1年という伝説の80's Japanese Rock'n'Rollバンド、ROUTE 66。当時唯一残された音源が、長き時を経て遂に7インチカット!
言わずもがな、日本のパンク/ハードコア史に燦然と煌めく大名作オムニバス「OUTSIDER」に収録され、今も尚名演として語り継がれるこの2曲のマスターピース。演奏された当時、メンバーは高校生だったというのだから驚嘆するしかない。伸びやかなリズムで初期衝動を歌う「Good Times Rock'n Roll」は悪童達のアンセムで、サビのキャッチーなメロディーが印象的なスピードチューン「Rockin Doll」では大合唱していたに違いないだろう。パンクをしっかり吸収した小気味の良いRock'n'Rollスタイルで、当時この7インチがリリースされていればKILLED BY DEATHに収録されていてもおかしくないと思うのだが、いかがだろうか。今も昔も、最高のパンク・ロックは7インチで聴くのが鉄則だ。

SIDE-A
Good Times Rock'n Roll

SIDE-B
Rockin Doll


2019/8/22 Kürøishi 2ndアルバムリリース!




■Kürøishi / Sound the Alarm
(CD/BTR-015)
2019年9月20日リリース
1,500円+税

Terveet Kädetのメンバーを中心に結成された、FINLAND DARKEST HARDCORE "Kürøishi"の2ndフルアルバム。
地元FINLANDでもメンバーがハードコアフェスを主催し、WARHEADやSYSTEMATIC DEATH、DROPDEADなどを招致するなど、現在のシーンを引っ張る活躍を見せる中、ここ日本でも2018年に来日し、NoLA、NO EXCUSEと共に全国を行脚。その存在感を広くアピールした。黒く、陰鬱とした雰囲気を内包しながら加速させていくD-BEAT。コーラスパートも厚く、そして熱い。絡み合う二本のギターの妙も彼らの音楽的な下地がしっかりと活きているのを感じる事が出来るものだ。ゲストワークにはD-TAKT & RÅPUNKのJOCKや、NoLAのTAKERU、NO EXCUSEのHAYATO、SYSTEMATIC DEATHのRYUの名前が並んでいる。メインのアートワークは言わずもがなのSUGI氏。そしてEnormous Doorによるマスタリングという事で、鉄壁の布陣で制作された事がお分かりいただけるであろう。

01.Black Lung
02.Peace Is Victory
03.Ahneuden juuret
04.Wolfrider
05.Nihilismistä rakkauteen
06.Too Damned To Be Dead
07.No Values
08.Dystopian
09.Apocalyptic Stress
10.What Keeps Us Alive
11.Numbers & Asteroids


2019/7/22  ROCKY & The SWEDEN ジャケット公開




■ROCKY & The SWEDEN / GREEN RIOT/WEED WEED WEED
(7インチ+ダウンロードコード/BTR-844)
2019年8月8日リリース(フラゲなし8月8日から販売開始)
1,000円+税

奇跡の復活を遂げたHARDCORE GRASS HOPPERSこと、ROCKY & The SWEDENの300枚限定新作7インチシングル!!
2016年の自主企画来場者特典で久方ぶりの新音源を収録したCD-Rが配布され、それを聴いて次作に期待を寄せた方も多い事でしょう。直ぐにでもアルバムレコーディングに入る予定がアナウンスされていましたが、そこからの紆余曲折、活動停止の危機をメンバーチェンジで乗り越え、着手から実に3年、遂に完成目前迄漕ぎ着けたフルアルバムから先行して2曲をシングルカット!
今作も正にR&S節が渋く光る、最高の2曲を用意してくれました。GREEN RIOTにWEED WEED WEEDという、非常に彼ららしいワードで某パンクアイコン(隠すまでもないですが笑)のオマージュをするという、このセンスこそROCKY & The SWEDENを伝説たらしめた一因と言えるのではないでしょうか。また新ギタリストKAZUKI SWEDEN(ex-VIVISICK)により、今までには無かったスパイスが加わっているのも聴き処の一つ。新体制で完全復活を遂げたR&SのDOPEな活動に更なる期待を。

・Side-G
01.GREEN RIOT

・Side-W
01.WEED WEED WEED


↓その他8/9発売作品はこちら↓


■unfaded:KUGURIDO / SPLIT
(7インチ+ダウンロードコード/BTR-014)
2019年8月9日リリース
1,200円+税

奈良の"unfaded"と姫路の"KUGURIDO"。3LAからリリースされたV.A「ろくろ」にも参加した2バンドが今再び相見える。
この2バンドの共通項は「ネオクラスト」という事になるのだと思う。起源を辿れば必ずしも近い所に辿り着くだろう。しかしながらこのスプリット作品を聴いて思うのは、なんとも違いが引き立つ事か、という事だった。簡単に言えるのは7インチ片面にぶち込む曲数の違い。それは表現方法の違いと言う事が出来るだろう。そして楽曲の緩急を引き出す音を見事クリアに作り出したunfadedに対し、徹底的にDIYに拘るKUGURIDOはメンバー自らの手でレコーディング、ミックスを行う事でそれに負けない音を作った。ご購入いただいた方はジャケの見開き、両バンドのアートワーク面でのコントラストにも是非注目していただきたい。それぞれの単独作を聴くだけでは感じられなかった個性が際立ち、改めてスプリット作品をリリースする意義に気付く事が出来た。広くこの作品が伝播していく事を願ってやまないが、諸般の事情で300枚の限定プレスとなってしまった事をご了承いただきたい。

・Side-unfaded
01.永遠の光

・Side-KUGURIDO
01.底魚
02.思残渣
03.ヒダルガミ
04.250号線




■経血:EYESCREAM:NO NO NO / Croon A Lullaby
(CD/BTR-013)
2019年8月9日リリース
1,500円+税

経血、EYESCREAM、NO NO NOと、それぞれリリース作品が即時完売となってしまうなど、世界から大注目されている3バンドによる夢のスプリット作品が完成。
日本の80年代のパンク、ハードコアに強いバックボーンを感じされる"経血"ですが、今作でも同様、ドロドロしたような感触の楽曲2曲を収録。冒頭からアクの強いSEで入り、しっかり聴かせるミドル・チューン、そして緩急あるスピード・チューンへとなだれ込む。もはやこの手の音で"経血"を越えるバンドは現存しないのではないだろうか。巧みに操る日本語の妙にも脱帽だ。
これまでデモテープのみのリリースながら、既に海外レーベルからリリース熱望のオファーもあるという仙台の"EYESCREAM"。話題沸騰のデモテープからサウンドクオリティーも相当上がっている。80年代のハードコアの肝を押さえたような、心地良いスピード感で展開されていくハードコアサウンドはもはや爽快感すら感じる事が出来る。歯に衣着せぬボーカルスタイルにも要注目。
3バンドの中で最もぶっ飛んだスタイルの“NO NO NO”は、前述の2バンドと同様のバックボーンも持ちながらも、90年代以降の加速していくハードコア・サウンドの影響が色濃く出ている。トップ・スピードの演奏と早口に捲し立てるハイトーン・ボーカルは鳥肌物だ。速い楽曲ながらフックする部分も綿密に作られており、ハードコアの現代解釈としての面白味を多分に含んでいる。

-経血-
01.Ill-treatment
02.イカレキノコ

-EYESCREAM-
03.漂流者
04.NO PEACE
05.ステージ
06.ウジ虫

-NO NO NO-
07.MORAL
08.Cover Up
09.Sliver
10.Lingering Scent



■END RESULT / DISCOGRAPHY
(CD/BTR-073)
2019年8月9日リリース
1,500円+税

ここ日本でもTHE LAST SURVIVORSとスプリット7インチをリリースした事で注目を集めている"END RESULT"がこれまでの音源をまとめたディスコグラフィーCDをリリース!!

U.S.カリフォルニア州の現行PEACE PUNKグループ。バンド名はCRASSの1stアルバムに収録されていた曲"END RESULT"からで、イントロはその引用に始まる。これで彼らの精神性を垣間見れるのだが、それはひとつの通過点に過ぎず、現在進行形のバンドである。
バンドのイメージやスタイルからすると、僕のバンドであるTHE LAST SURVIVORSに声をかけ、スプリット作品の誘いをしたのかが分からなかった。何故、海外で名前が上がる様な界隈の日本のバンドじゃないのか?どこかのバンドが日本ツアーをすると大体出てくるバンドの方が利がありそうだが。持ちかけたがタイミングが合わなかったにせよ、ほぼほぼ決まった道筋からは外れている。所謂、現状のスタンダードではない。そこも彼らに惹かれた理由。連絡を取り合い、その中で細かな気遣い、優しさが感じられ、個人の人間性にも惹かれた。
だが、こうしたやりとりをする前から、僕は彼らのサウンドに魅了されていた。海外の現行バンドを知りたくて無数のデモやレコードを漁っていて、ダントツでそのサウンドに射抜かれていた。ICONOCLASTやCRUCIFIXといった80’s初期UK経由のUSアングリーHCを感じるこの現代にありそうでない系譜と、固着したオリジナリティー。誘爆を引き起こす熱量、正にハードコアパンク。
50年後、100年後、このバンドがパンクの歴史に名を残してないのなら、墓場から這い出て炎となり、全ての関連情報誌を燃やし尽くしてやる。ふふん。
Michiaki (THE LAST SURVIVORS)

What Pain WIll You Sustain? - Demo 2017
01.Aimless Games
02.Stagnant Peace
03.Vacant State
04.Day by Day
05.What the Future Holds?

End Result/The Last Survivors Split 7"
06.Empty Silence
07.Collapse

End Result/B.E.T.O.E Split 7"
08.Life. War. Death.
09.Abuse

End Result/Phane Split 7"
10.Raid
11.Vision of the End

3 Track Tour Cassette - 2019
12.Life. War. Death. (Rough Cut)
13.Abuse (Rough Cut)
14.Day by Day (Rough Cut)

Extra Track
15. Why So Limited? (Icons of Filth)


2019/7/11  BTR企画 DAY TIME SHOW




BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.23」
8月31日(土)新大久保earthdom

KUGURIDO
MEANING
DEAD MASQUERADE

OPEN 11:30 / START 12:00
ADV 2,000- / DOOR 2,500- (+1Drink order)

-TICKET RESERVE-
info@breaktherecords.jp (日程/カタカナフルネーム/枚数/電話番号を記載)
e-mail ⇒ (Date / Name / Qty / Phone number)


2019/7/5   8月4タイトル同時リリース!!!




■ROCKY & The SWEDEN / GREEN RIOT/WEED WEED WEED
(7インチ+ダウンロードコード/BTR-844)
2019年8月8日リリース(フラゲなし8月8日から販売開始)
1,000円+税

奇跡の復活を遂げたHARDCORE GRASS HOPPERSこと、ROCKY & The SWEDENの300枚限定新作7インチシングル!!
2016年の自主企画来場者特典で久方ぶりの新音源を収録したCD-Rが配布され、それを聴いて次作に期待を寄せた方も多い事でしょう。直ぐにでもアルバムレコーディングに入る予定がアナウンスされていましたが、そこからの紆余曲折、活動停止の危機をメンバーチェンジで乗り越え、着手から実に3年、遂に完成目前迄漕ぎ着けたフルアルバムから先行して2曲をシングルカット!
今作も正にR&S節が渋く光る、最高の2曲を用意してくれました。GREEN RIOTにWEED WEED WEEDという、非常に彼ららしいワードで某パンクアイコン(隠すまでもないですが笑)のオマージュをするという、このセンスこそROCKY & The SWEDENを伝説たらしめた一因と言えるのではないでしょうか。また新ギタリストKAZUKI SWEDEN(ex-VIVISICK)により、今までには無かったスパイスが加わっているのも聴き処の一つ。新体制で完全復活を遂げたR&SのDOPEな活動に更なる期待を。

・Side-G
01.GREEN RIOT

・Side-W
01.WEED WEED WEED




■unfaded:KUGURIDO / SPLIT
(7インチ+ダウンロードコード/BTR-014)
2019年8月9日リリース
1,200円+税

奈良の"unfaded"と姫路の"KUGURIDO"。3LAからリリースされたV.A「ろくろ」にも参加した2バンドが今再び相見える。
この2バンドの共通項は「ネオクラスト」という事になるのだと思う。起源を辿れば必ずしも近い所に辿り着くだろう。しかしながらこのスプリット作品を聴いて思うのは、なんとも違いが引き立つ事か、という事だった。簡単に言えるのは7インチ片面にぶち込む曲数の違い。それは表現方法の違いと言う事が出来るだろう。そして楽曲の緩急を引き出す音を見事クリアに作り出したunfadedに対し、徹底的にDIYに拘るKUGURIDOはメンバー自らの手でレコーディング、ミックスを行う事でそれに負けない音を作った。ご購入いただいた方はジャケの見開き、両バンドのアートワーク面でのコントラストにも是非注目していただきたい。それぞれの単独作を聴くだけでは感じられなかった個性が際立ち、改めてスプリット作品をリリースする意義に気付く事が出来た。広くこの作品が伝播していく事を願ってやまないが、諸般の事情で300枚の限定プレスとなってしまった事をご了承いただきたい。

・Side-unfaded
01.永遠の光

・Side-KUGURIDO
01.底魚
02.思残渣
03.ヒダルガミ
04.250号線




■経血:EYESCREAM:NO NO NO / Croon A Lullaby
(CD/BTR-013)
2019年8月9日リリース
1,500円+税

経血、EYESCREAM、NO NO NOと、それぞれリリース作品が即時完売となってしまうなど、世界から大注目されている3バンドによる夢のスプリット作品が完成。
日本の80年代のパンク、ハードコアに強いバックボーンを感じされる"経血"ですが、今作でも同様、ドロドロしたような感触の楽曲2曲を収録。冒頭からアクの強いSEで入り、しっかり聴かせるミドル・チューン、そして緩急あるスピード・チューンへとなだれ込む。もはやこの手の音で"経血"を越えるバンドは現存しないのではないだろうか。巧みに操る日本語の妙にも脱帽だ。
これまでデモテープのみのリリースながら、既に海外レーベルからリリース熱望のオファーもあるという仙台の"EYESCREAM"。話題沸騰のデモテープからサウンドクオリティーも相当上がっている。80年代のハードコアの肝を押さえたような、心地良いスピード感で展開されていくハードコアサウンドはもはや爽快感すら感じる事が出来る。歯に衣着せぬボーカルスタイルにも要注目。
3バンドの中で最もぶっ飛んだスタイルの“NO NO NO”は、前述の2バンドと同様のバックボーンも持ちながらも、90年代以降の加速していくハードコア・サウンドの影響が色濃く出ている。トップ・スピードの演奏と早口に捲し立てるハイトーン・ボーカルは鳥肌物だ。速い楽曲ながらフックする部分も綿密に作られており、ハードコアの現代解釈としての面白味を多分に含んでいる。

-経血-
01.Ill-treatment
02.イカレキノコ

-EYESCREAM-
03.漂流者
04.NO PEACE
05.ステージ
06.ウジ虫

-NO NO NO-
07.MORAL
08.Cover Up
09.Sliver
10.Lingering Scent



■END RESULT / DISCOGRAPHY
(CD/BTR-073)
2019年8月9日リリース
1,500円+税

ここ日本でもTHE LAST SURVIVORSとスプリット7インチをリリースした事で注目を集めている"END RESULT"がこれまでの音源をまとめたディスコグラフィーCDをリリース!!

U.S.カリフォルニア州の現行PEACE PUNKグループ。バンド名はCRASSの1stアルバムに収録されていた曲"END RESULT"からで、イントロはその引用に始まる。これで彼らの精神性を垣間見れるのだが、それはひとつの通過点に過ぎず、現在進行形のバンドである。
バンドのイメージやスタイルからすると、僕のバンドであるTHE LAST SURVIVORSに声をかけ、スプリット作品の誘いをしたのかが分からなかった。何故、海外で名前が上がる様な界隈の日本のバンドじゃないのか?どこかのバンドが日本ツアーをすると大体出てくるバンドの方が利がありそうだが。持ちかけたがタイミングが合わなかったにせよ、ほぼほぼ決まった道筋からは外れている。所謂、現状のスタンダードではない。そこも彼らに惹かれた理由。連絡を取り合い、その中で細かな気遣い、優しさが感じられ、個人の人間性にも惹かれた。
だが、こうしたやりとりをする前から、僕は彼らのサウンドに魅了されていた。海外の現行バンドを知りたくて無数のデモやレコードを漁っていて、ダントツでそのサウンドに射抜かれていた。ICONOCLASTやCRUCIFIXといった80’s初期UK経由のUSアングリーHCを感じるこの現代にありそうでない系譜と、固着したオリジナリティー。誘爆を引き起こす熱量、正にハードコアパンク。
50年後、100年後、このバンドがパンクの歴史に名を残してないのなら、墓場から這い出て炎となり、全ての関連情報誌を燃やし尽くしてやる。ふふん。
Michiaki (THE LAST SURVIVORS)

What Pain WIll You Sustain? - Demo 2017
01.Aimless Games
02.Stagnant Peace
03.Vacant State
04.Day by Day
05.What the Future Holds?

End Result/The Last Survivors Split 7"
06.Empty Silence
07.Collapse

End Result/B.E.T.O.E Split 7"
08.Life. War. Death.
09.Abuse

End Result/Phane Split 7"
10.Raid
11.Vision of the End

3 Track Tour Cassette - 2019
12.Life. War. Death. (Rough Cut)
13.Abuse (Rough Cut)
14.Day by Day (Rough Cut)

Extra Track
15. Why So Limited? (Icons of Filth)


2019/6/11  KRIMEWATCH(US/NY)来日ツアー teaser



Directed by Thisism

-TICKET RESERVE-
info@breaktherecords.jp (日程/カタカナフルネーム/枚数/電話番号を記載)
e-mail ⇒ (Date / Name / Qty / Phone number)


■8月9日(金)大阪 KINGCOBRA
BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.19」

KRIMEWATCH
Nightmare
FEROCIOUS X
MASTERPEACE

OPEN 19:00 / START 19:30
ADV 3,000円 / DOOR 3,500円(+1D)


■8月10日(土)名古屋 RED DRAGON
BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.20」

KRIMEWATCH
九狼吽
ORdER
DIEAUDE

OPEN 19:00 / START 19:30
ADV 3,000円 / DOOR 3,500円(+1D)


■8月11日(日)横浜 EL PUENTE
BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.21」

KRIMEWATCH
経血
No No No
EYESCREAM

OPEN 18:00 / START 19:00
ADV 3,000円 / DOOR 3,500円(+1D)


■8月12日(月祝)東京 earthdom
BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.22」

KRIMEWATCH
SYSTEMATIC DEATH
O.U.T(札幌)
FORWARD
EIEFITS
LOW VISION
FIXED

OPEN 16:30 / START 17:00
ADV 3,000円 / DOOR 3,500円(+1D)


2019/5/30  NoLA 「KNOWHERE feat.HAYATO(MEANING / NO EXCUSE)」MV公開





■NoLA / Santa Muerte
(CD/BTR-091)
2019年4月24日リリース
2,300円+税

日本エクストリーム・ミュージック界の流れが変わる。新星"NoLA"が満を持して放つ、最強の1stアルバム。
現在東京のハードコア、パンク、メタルなどを内包するエクストリームシーンにおいて、最も活発な動きをしてきたバンドの一つである事は紛れもない事実である。REDSHEERとのスプリット7インチ、The DonorとのスプリットCDを矢継ぎ早にリリースし、名だたるツアーバンドを迎えた自主企画も頻繁に開催。海外へ赴いてのタイトなツアーも経験し、見事百戦錬磨のライブバンドとして、その名を世界へ馳せる事となった。活動を続ける中で、長くアルバム制作の話は出ていたものの、ここまで踏み切らなかったのには彼らなりの理由があったに違いない。そして2019年、遂に機は熟した。
レコーディングはカリフォルニアのEarhammer Studiosで敢行され、エンジニアのGreg(DeathgraVe/Brainoil)との共同作業は神懸かり的なケミストリーを生み出した。この手の音楽で他と比較する事は全くもってナンセンスではあるが、敢えて"世界基準の音"が完成したと断言する。重厚で深く、精神まで届くような音塊だ。

01.Fake Smile
02.Small Tree
03.Full Of Lies
04.Knowhere feat.HAYATO(MEANING/NO EXCUSE)
05.The Pit
06.Last Moment
07.Kush & Hate
08.Leave Yourself
09.Santa Muerte
10.Filth Face
11.No Exception

2019/5/23  KRIMEWATCH(US/NY)来日ツアー


-TICKET RESERVE-
info@breaktherecords.jp (日程/カタカナフルネーム/枚数/電話番号を記載)
e-mail ⇒ (Date / Name / Qty / Phone number)


■8月9日(金)大阪 KINGCOBRA
BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.19」

KRIMEWATCH
Nightmare
FEROCIOUS X
MASTERPEACE

OPEN 19:00 / START 19:30
ADV 3,000円 / DOOR 3,500円(+1D)


■8月10日(土)名古屋 RED DRAGON
BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.20」

KRIMEWATCH
九狼吽
ORdER
DIEAUDE

OPEN 19:00 / START 19:30
ADV 3,000円 / DOOR 3,500円(+1D)


■8月11日(日)横浜 EL PUENTE
BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.21」

KRIMEWATCH
経血
No No No
EYESCREAM

OPEN 18:00 / START 19:00
ADV 3,000円 / DOOR 3,500円(+1D)


■8月12日(月祝)東京 earthdom
BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.22」

KRIMEWATCH
SYSTEMATIC DEATH
O.U.T(札幌)
FORWARD
EIEFITS
LOW VISION
FIXED

OPEN 16:30 / START 17:00
ADV 3,000円 / DOOR 3,500円(+1D)


2019/4/27  MUSTANG 新作LP & Tシャツ リリース




■MUSTANG / MIND WANDERING
(LP/BTR-018)
2019年6月12日リリース
2,300円+税(予定価格)
※価格は変更の恐れがありますのでご了承ください。変更の場合は再度アナウンスいたします。

北国北海道は函館が生んだハードコア日本代表"MUSTANG"の久方ぶりとなる単独作が、BREAK THE RECORDSとイタリアのF.O.A.D. RECORDSから共同リリース! 2018年5月にイタリアハードコアレジェンド、EU'S ARSEとスプリット7インチをリリースし、ツアーを大成功させたMUSTANGですが、まとまって楽曲が聴けるリリースは2006年以来。どこまでも熱く、魂を燃やして吐き出す言葉と音が一体となり押し寄せる、純然たるハードコアサウンドが今再びここに。録音は函館ハードコアの聖地"CASA"にて行われ、したたる汗を感じる程の熱量を音源の中に閉じ込める事に成功した。ジャケットデザインはan ideal for livingによるもので、今までのMUSTANGのイメージを塗り替える程のインパクトを放っている。レコード盤面はBREAK THE RECORDS盤とF.O.A.D RECORDS盤では色違いのカラービニール2色展開。これぞフィジカルリリースの醍醐味である。

side-A
01.Day of the Days
02.Thrust Down
03.Crime Committed

side-B
01.March of Hell
02.Burning Soul
03.MIND WANDERING



■MUSTANG Mind Wandering LONG SLEEVE T SHIRT
2019年6月12日リリース 3,500円+税
DESIGN:an ideal for living
BODY COLOR:BLACK
INK:WHITE (GILDAN社製5.3oz)FRONT & SLEEVE PRINT
製作:FUUDOBRAIN


■MUSTANG Mind Wandering T SHIRT
2019年6月12日リリース 2,500円+税
DESIGN:an ideal for living
BODY COLOR:BLACK,
INK:WHITE (GILDAN社製5.3oz)FRONT
製作:FUUDOBRAIN

2019/4/22  SKITKLASSリリース告知第一期発信




■SKITKLASS / Primitiv känsla
LP version will be released from POGO 77 RECORDS
CD version will be released from BREAK THE RECORDS
more info coming soon...

散々シーンを引っ掻き回して、ベスト盤を出してあっという間に解散か、と思ったら続きがあったのか。SKITKLASSから次回作リリースに関する打診が届いたので皆様にもお知らせさせていただきます。ただ現段階では未確定要素も多く、推測の域を出ない事をご了承いただきたい。
リリース形態はPOGO 77 RECORDSからLP盤が、BREAK THE RECORDSからCD盤がリリースされる事になる。前回のベスト盤と同じ布陣である。
タイトル"Primitiv känsla"は日本語にすると"原始的感覚"という事であるが、感覚は研ぎ澄まそうとすればする程原始的になっていくものであると思うし、はたまた"BACK TO THE 80's"のような標語の意味のものなのであろうか。
まだ音源に関してもこちらに届いていない状態ではあるが、LP盤ではA面がスタジオテイク、B面は異空間的ライブテイクが収録されるとの事。"異空間ライブ"が何を指すのかは不明ではあるが、一筋縄ではいかない仕上がりを期待せざるを得ない。全18曲収録でどのような割り振りかも不明ではあるが、片面は1曲で、もう片面に17曲を収録する事も彼らだったらやりかねない。ここも続報を待つしかないだろう。
そして今回の目玉の一つであるジャケットの件。THE STALINが初期に残した不朽の名作“TRASH”の強烈なアートワークで知られる"宮西計三先生"が描き下ろしたものであるとの事。経緯は分からないが今考えるとお互いがシンパシーを感じるであろう部分が理解できる。またここで片面がスタジオテイク、片面がライブテイクである事のヒントを得る事が出来た。ここまで計算された作品は滅多にお目に掛かれない。ひとつのボタンの掛け違いが作品自体の意味を変えてしまうのだから。ただその肝心のアートワークにはまだモザイクが掛けられた状態だ。公開を心待ちにしたい。
さらにギミックがもう一つ。どうやらLP盤CD盤の初回プレス分に、"限定ソノシート"を購入する権利が得られるクジが付くとの事。クジ?どういう事だろうか。こちらも詳細は未定ではあるが、世界中からのWANTがあるのは想像に容易い。流行りのサブスクへのアンチテーゼか、はたまたただの遊び心か。フィジカルへの拘りは間違いなく感じられるが、この解答を得るのは難しそうである。
ここまでが今の所把握している情報から"推測"される全てである。次回の情報で覆される部分もあるだろうが、また何か"奴ら"から連絡があり次第、皆様へも共有させていただくつもりだ。

2019/4/15  NoLA 「Kush&Hate」teaser公開




2019/4/11  INFEST(US/LA)来日決定




■2019年6月26日(水)新大久保earthdom
BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.17」

INFEST(USA)
SYSTEMATIC DEATH
SLIGHT SLAPPERS
self deconstruction

OPEN 19:00 / START 19:30
adv.3,000- / door.3,500-(+1D)


■2019年6月27日(木)横浜EL PUENTE
BREAK THE RECORDS pre.「WAR FOR PEACE vol.18」
~Power Violence Yokohama~

INFEST(USA)
SYSTEMATIC DEATH
FIGHT IT OUT

OPEN 19:00 / START 20:00
adv.3,000- / door.3,500-(+1D)


-TICKET RESERVE-
info@breaktherecords.jp (日程/カタカナフルネーム/枚数/電話番号を記載)
e-mail ⇒ (Date / Name / Qty / Phone number)


2019/4/2 FETISH 1stアルバムリリース!




■FETISH / WORLD EATER
(CD/BTR-096)
2019年5月15日リリース
2,000円+税

POISON IDEAのドラマーとして人気が高いThee Slayer HippyことSteve Hanford率いる新バンド、FETISHが1stアルバムを遂にリリース!
Thee Slayer Hippyがドラマーという事で既に世界的に話題騒然のFETISHですが、その他にも同POISON IDEAから、そして日本のFORWARDともスプリットをリリースし、ツアーも帯同したLong Knifeのメンバーも在籍している、PDXハードコアのオールスターバンドとなっております。2018年にリリースされた7インチをチェックされている方もいらっしゃるかと思いますが、期待通りの暴走ロッキンハードコアに加え、いぶし銀のスタジアムロックのようなアプローチもあり、見事な完成度でまとめあげた傑作アルバムに仕上がっています。レコーディングからのミックス、マスタリングにも相当な時間を費やし、細部に渡り趣向を凝らしていますので長く楽しんでいただける事でしょう。
紙ジャケットを更にポスタースリーブでくるんだ、拘りの装丁にもご注目ください。日本盤CDにはLP盤に収録されない"A House Is Not A Motel"も追加収録されております。

01.World Eater
02.Take The Knife
03.Blurred Projections
04.Voyager
05.New Gods
06.In The Basement
07.Ride On
08.The Walk
09.Walk In Shapes
10.A House Is Not A Motel


2019/3/22  NoLA 1stアルバムリリース!




■NoLA / Santa Muerte
(CD/BTR-091)
2019年4月24日リリース
2,300円+税

日本エクストリーム・ミュージック界の流れが変わる。新星"NoLA"が満を持して放つ、最強の1stアルバム。
現在東京のハードコア、パンク、メタルなどを内包するエクストリームシーンにおいて、最も活発な動きをしてきたバンドの一つである事は紛れもない事実である。REDSHEERとのスプリット7インチ、The DonorとのスプリットCDを矢継ぎ早にリリースし、名だたるツアーバンドを迎えた自主企画も頻繁に開催。海外へ赴いてのタイトなツアーも経験し、見事百戦錬磨のライブバンドとして、その名を世界へ馳せる事となった。活動を続ける中で、長くアルバム制作の話は出ていたものの、ここまで踏み切らなかったのには彼らなりの理由があったに違いない。そして2019年、遂に機は熟した。
レコーディングはカリフォルニアのEarhammer Studiosで敢行され、エンジニアのGreg(DeathgraVe/Brainoil)との共同作業は神懸かり的なケミストリーを生み出した。この手の音楽で他と比較する事は全くもってナンセンスではあるが、敢えて"世界基準の音"が完成したと断言する。重厚で深く、精神まで届くような音塊だ。

01.Fake Smile
02.Small Tree
03.Full Of Lies
04.Knowhere feat.HAYATO(MEANING/NO EXCUSE)
05.The Pit
06.Last Moment
07.Kush & Hate
08.Leave Yourself
09.Santa Muerte
10.Filth Face
11.No Exception


2019/2/28  KRIMEWATCH(US/NY) JAPAN TOUR 2019 




■8月9日(金)大阪 KING COBRA
■8月10日(土)名古屋 RED DRAGON
■8月11日(日)横浜 EL PUENTE
■8月12日(月祝)東京 earthdom

More details coming soon
お問合せはinfo@breaktherecords.jpまで

2018/2/19  NEUROOT来日&ディスコグラフィーCD発売、TOTAL JERKS新作発売




■NEUROOT / NEUROLOGY 1983-2019
(CD2枚組/BTR-097/098)
2019年3月20日リリース
2,000円+税

オランダの80's HARDCORE隠れ名バンド、「NEUROOT」が初の来日ツアー敢行に合わせ、ディスコグラフィーCDをリリース!
自主制作のテープ音源(その後LPで再発)から、Pusmortからリリース予定でありながらテストプレスのみでお蔵入りとなってしまったFratricideとのスプリット用の音源(Right Is Mightというタイトルで後にリリース)、更には再結成後の音源まで、まるっとカバーしたディスコグラフィーCD!2019年作の最新録音源では同郷オランダのパンクバンドFlyin'Spiderzのカバーもあり。近年ライブの音源も収録されており、とんでもないボリュームの2CD仕様。皆様初期のユーロ色全開のハードコア・アタック・サウンドはお好きかと思いますが、近年作品の硬派な骨太感も是非ご体感いただきたい。大枠の"ロック"を広く吸収した玄人ハードコアサウンドでこれまた素晴らしい。そしてオフィシャルの単独作では初のCDリリースとなります。


■2019年4月19日(金)新大久保earthdom
BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.16」

Neuroot(Holland)
FORWARD
THE LAST SURVIVORS
ROCKY & THE SWEDEN
NO EXCUSE

OPEN 19:00 / START 19:30
adv.3,000- / door.3,500-(+1D)
チケット予約はinfo@breaktherecords.jpまで、日付、カタカナフルネーム、電話番号、枚数をご連絡ください。



"Disc 1"
●from NAZI-FREI EP (Artcore Fanzine 2019)
01.Nazi-Frei
02.World War III
03.City Boy
04.American Dream
05.Tolerance (slight return)

●from OBUY AND DIE! Album (Civilizaton Recs. 2018)
06.Obuy and Die!
07.Tolerance (No Pasaran)
08.Conformity Kills
09.Never ending Wars
10.Rattrap (part 1 & 2)
11.The Aftermath
12.Fuckoshima

●from PLEAD INSANITY Album (Hageland Hardcore recs.1988)
13.4th Roman Empire
14.Going Mad
15.Nightmare of Humanity
16.The End
17.S.D.I.
18.Ignorant
19.Broken Will
20.Politicians & Businessmen
21.The Curse of Wealth
22.Hungry Children
23.World War III
24.Heavy Metals
25.Macht Kaputt Wass Euch Kaputt Macht

"Disc 2"
●from RIGHT IS MIGHT EP (Smeul recs. 1985) / Album ( Havoc Recs. 2012)
01.(Wir) Sind die Ratten vom Müll
02.Politicians & Businessmen
03.Alarm
04.The Lie They call The Truth
05.Nightmare of Humanity
06.World War III

●from MACHT KAPUTT WASS EUCH KAPUTT MACHT Album (Coalition / Prügelprinz 2009 / Music Casette (Smeul recs / Limbabwe 1982)
07.Ignorant
08.Conservative
09.Police Provocation
10.Dogs of the System
11.GBO Gestapo
12.Won’t Conform
13.Macht Kaputt Wass Euch Kaputt Macht
14.State Brain
15.Royal Menace
16.Crisis
17.Democracy

"Live tracks"
●from Live Willemeen Arnhem (NL) 2017
18.Broken Will
19.Politicians & Businessmen
20.The Lie They call The Truth
●from Punkathon sampler 2017
21.Broken Will
22.American Dream
●from Live Chonqing (CN) Nuts july 2018
23.Conformity Kills
24.Obuy and Die!
●from Live Rotterdam Baroeg (NL)august 2018
25.The Lie they call the Truth
26.World War III





■TOTAL JERKS / FEAR
(CD/BTR-090)
2019年3月20日リリース
1,200円+税

BREAK THE RECORDSからリリースされた前作が、各地のこの手の音が好きな方より大絶賛を受けた、インドネシアはジャカルタのオールドスクールハードコア「TOTAL JERKS」の最新音源!
前作の時にチェックしていただいた方はご存知かと思いますが、基本的には怒涛の勢いで繰り出す、オールドスクールなハードコアサウンド(非ゴリゴリ)。しかしながら特徴的なギターの音についつい注目しちゃいますね。まったく伸びない音のギターソロとか本当にグッときます。急に心のツボを刺激するメロディーラインも飛び込んできたりして、全く予断を許さない感じが彼らの最大の特徴。今回も10曲収録ですがサクッと聴けちゃいますので、肩肘張らずに楽しんでください。

1.Intro
2.Depresi
3.Sudah Gila
4.Help Me
5.Tanpa Henti
6.Fear
7.Hilang Arah
8.I Hate Myself
9.Muak
10.Broken Life


2019/1/22  BTR企画「WAR FOR PEACE vol.15」 




2019年3月30日(土)新大久保earthdom
BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.15」

WARHEAD(狂都)
REALITY CRISIS(名古屋)
鉄アレイ
NoLA
THE TITS
SKITKLASS
SYSTEMATIC DEATH

OPEN 17:00 / START 17:30
adv.2500yen+1D / DOOR.3,000yen+1D

チケット予約はinfo@breaktherecords.jpまで、日付、カタカナフルネーム、電話番号、枚数をご連絡ください。


2018/12/20  REALITY CRISIS 2ndアルバム再発盤




■REALITY CRISIS / Discharge Your Frustration
(CD/BTR-092)
2019年1月23日リリース
1,500円+税

日本CRUST HARDCORE界最重要バンドの一角"REALITY CRISIS"の名作2ndアルバムが遂に再発!ボーナストラックとして現メンバーによるEngraveの再録音ver.を加えたリマスタリング盤!
名盤と謳われながら長くプレス切れ状態となってしまっておりましたが、発売から10年以上の年月を経て、再度世に送り出される事となりました。1stアルバムの頃とは一味違った、今だからこそ言える"彼ららしさ"を発揮する事に成功した2ndアルバムで、UK 80's CRUSTバンドのバックボーンを強く感じさせながらも、広く、そして深い音楽活動の果てに手に入れた"本物の音"がここには詰まっています。今も尚世界に目を向けた活動を続けるREALITY CRISISの貴重なアーカイヴとしても、非常に意義のあるリリースです。
現在は本作のオリジナル盤リリース時とは異なるメンバー編成での活動をしていますが、現メンバーで再録音したEngraveを追加収録。全体をリマスタリングし、ジャケットにも遊び心を加えた仕様となります。

01.World
02.Slash 'Em All
03.G.I.P.D.
04.Fool For The City
05.Who Is Your Messiah?
06.Frustration
07.Nothing To Anything... Anything To Nothing
08.No Fate ~ Engrave


■REALITY CRISIS / Discharge Your Frustration + Open The Door And Into The New Chaotic World
(CD/BTR-092S)
2019年1月23日リリース
2,000円+税

BREAK THE RECORDSから再発された"Discharge Your Frustration"と、ANSWER RECORDSからリリースされた"Open The Door And Into The New Chaotic World"の数量限定セット。

【Discharge Your Frustration】
01.World
02.Slash 'Em All
03.G.I.P.D.
04.Fool For The City
05.Who Is Your Messiah?
06.Frustration
07.Nothing To Anything... Anything To Nothing
08.No Fate ~ Engrave

【Open The Door And Into The New Chaotic World】
01.Reality (Intro)
02.Hatefull Wall
03.Stay Free
04.Time Goes By So Fast
05.Waste Land
06.Sore
07.Last Countdown
08.Imaginary Chain
09.Open Your Eyes
10.Progress
11.Anno Domini


2018/11/05  BUTCHER 2ndアルバムリリース!




■BUTCHER / Return To Nothingness
(CD/BTR-094)
12月5日リリース
1,500円+税

元WORLD BURNS TO DEATHのJACK CONTROL在籍という事で鳴り物入りでデビューし、前作「HOLDING BACK THE NIGHT」が全世界で話題となったBUTCHERの2ndアルバム!前身バンド云々ではなく、「HOLDING BACK THE NIGHT」は素晴らしい作品でした。様々なハードコアのエッセンスが絶妙のバランスでブレンドされ、楽曲の完成度の高さと抜群の録音で、全世界で評価されたのも頷ける内容であったと思います。1stアルバムからはロックの要素を感じる事が多かったのですが、この2ndアルバムでは全体的なスピード感が増し、ある種のTHRASHのような要素が強くなったような印象。勿論今回も、というか今回はより強力な音作りで体の芯まで震わせる音塊に仕上がっています。FORWARDのギタリスト、SOUICHI氏も正式メンバーとして参加。アートワークは前作に引き続きTOMOHIRO MATSUDA氏が手掛けた、トータル・ハードコアなマスターピース。

01. Return To Nothingness
02. The Mountain's Shadow
03. Don't Let It Gather Dust
04. Beyond The Triple World
05. The Cry Of Cicadas
06. Beware Of Gnawing Nothingness
07. Finally Out Of Reach
08. Done With This Life
09. The Dead Turn Into Birds
10. When You See The Smoke


2018/11/01  TRAGEDYの新作「FURY」日本盤CDリリース




■TRAGEDY / FURY
(CD/BTR-093)
12月5日リリース
1,500円+税

近代HARDCOREにおいて最も影響力のあるバンドと言っても過言ではないであろう、TRAGEDYが遂にリリースした新作LPのCD盤。
「BLOODSHED FEST 2018」にて先行に販売され、全世界を狂喜乱舞させたこの最新作は、1st~3rd頃の流れを汲んでいるような、原点回帰を思わせる一枚。ご存知の通り、彼らは前作“DARKER DAYS AHEAD”で常人には到底辿り着けないであろう境地まで到達。しかし今回はそこからふり幅が大きい、ストレートなハードコア・サウンドを提示してきました。無条件に血が滾るような音塊は"あの"TRAGEDYサウンドである事には間違いありませんが、シンプルながら、より一層の深みを感じられるのは前作を経ているからでしょうか。彼らは原点に戻ったのではなく、更なる進化の果てに、このサウンドになったと言えるのかもしれません。

01. Leviathan
02. Enter the Void
03. Kick and Scream
04. Fury
05. Swallow the Pill
06. A Life Entombed


2018/10/24  EXCEL 2作品同時リリース




■EXCEL / LIVE 1985-1992
(CD/BTR-082)
11月21日リリース
1,800円+税

Suicidal TendenciesやBeowülf、No Mercyなどと双璧をなす、ヴェニス・ハードコア・シーンの最重要バンドEXCELの、初期~中期の歴史を追った、全18曲収録のライブ、リハーサル音源集!熱烈な支持の多いSplit ImageやThe Joke’s On You期、バンドとしても脂が乗り切った内容で、ファンにはたまらない一枚となっております。収録時間の許す限り素材をカットせずに入れてありますので「この曲は1stアルバムの~」のような貴重なMCが聞けるのも嬉しいポイント。音質が良いとは言えませんが、その辺りのリアルな雰囲気も含めてお楽しみください。

01. Spare The Pain (American Legion Hall - Bakersfield, CA - 1985)
02. Dead and Buried / Directed To The Road of Hate (Ruthie’s Inn - Berkeley, CA - 1985)
03. Never Look Away / Fighting (Vets Auditorium - Culver City, CA - 1986)
04. Your Life, My Life (Rehearsal Writing Session - West L.A. - 1986)
05. Social Security (Fender’s Ballroom - Long Beach, CA - 1987)
06. Wreck Your World (Fender’s Ballroom - Long Beach, CA - 1987)
07. The Joke’s On You (Country Club - Reseda, CA - 1987)
08. Drive (Country Club - Reseda, CA - 1987)
09. Europe Tour Intro (The Nighttown - Rotterdam, Netherlands - 1989)
10. Seeing Insane (The Nighttown - Rotterdam, Netherlands - 1989)
11. You’re Fired (The Nighttown - Rotterdam, Netherlands - 1989)
12. Message In A Bottle (The Nighttown - Rotterdam, Netherlands - 1989)
13. Intro (The Whiskey - West Hollywood, CA - 1992)
14. My Thoughts (The Whiskey - West Hollywood, CA - 1992)
15. Tapping Into The Emotional Void (The Whiskey - West Hollywood, CA - 1992)
16. Soul Sick (Demo - Highland Park, CA - 1992)
17. Withdrawl (Demo - Highland Park, CA - 1992)
18. Priorities Astray (Demo - Highland Park, CA - 1992)




■EXCEL / SEEKING REFUGE 1993-1999
(CD/BTR-083)
11月21日リリース
1,800円+税

Suicidal TendenciesやBeowülf、No Mercyなどと双璧をなす、ヴェニス・ハードコア・シーンの最重要バンドEXCELの、現在入手困難となっている3rdアルバムが遂に正規再発!ボーナストラックとして93年のライブ音源、そして再結成前最後のライブとなった99年のライブを追加収録した、バンドのアーカイヴとしても非常に重要な全18曲の特別盤。CRUCIFIXのカバーも収録されているのも興味深い所。音源の希少性も相俟ってこの3rdアルバムまでは手を伸ばしていなかった方も多いかと思いますので、この機に是非補完してください。

01. Unenslaved
02. Hair Like Christ
03. Plastic Cracks
04. Take Your Part (Gotta Encourage)
05. Drowned Out
06. United Naturally In True Youth
07. Riptide
08. Overview
09. Downpressor
10. Redemptionless (LIVE - 1993)
11. Plastic Cracks (LIVE - KXLU - 1993)
12. Drowned Out (LIVE - KXLU - 1993)
13. Self Realization (LIVE - KXLU - 1993)
14. In Memory Of (LAST SHOW - HEADLINE RECORDS - 1999)
15. Crossed Out (LAST SHOW - HEADLINE RECORDS - 1999)
16. Hurt Yourself (LAST SHOW - HEADLINE RECORDS - 1999)
17. No Limbs (CRUCIFIX COVER) (LAST SHOW - HEADLINE RECORDS - 1999)
18. Exit (LAST SHOW - HEADLINE RECORDS - 1999)


EXCEL "JAPAN TOUR 2018"

特設サイト
http://www.fuudobrain.com/exceljapantour/

●12.21(Fri)
SOCORE FACTORY, Osaka
18:30 OPEN 19:00 START
EXCEL / SxOxB / SECOND TO NONE / ROCKY & The SWEDEN

Ticket agency: e+ SOCORE FACTORYメール予約 TIMEBOMB
Infomation: 06-6567-9852 / info@socorefactory.com(SOCORE FACTORY)

●12.22(Sat)
ROXY, Shizuoka
19:00 OPEN 20:00 START
EXCEL / BUDDAHA MAFIA / 8000 and more
DJ: QUIETSTORM / HOLIDAY / 黒 / SONETHEGANGSTA

Ticket agency: livepocket
Infomation: 054-340-1237 / infokintsubaki@gmail.com(KINTSUBAKI)

●12.23(Sun)
FEVER, Tokyo
17:00 OPEN 17:30 START
EXCEL / ROCKY & The SWEDEN / SAIGAN TERROR / MEANING / KAMOME KAMOME
DJ: U-ichi(LONDON NITE)

Ticket agency: e+ FUÜDOBRAIN 45REVOLUTION FEVER 店頭
Infomation: 03-6304-7899(FEVER)

●12.24(Mon)
FEVER, Tokyo
17:00 OPEN 17:30 START
EXCEL / DBX / NUMB / CROCODILE COX & THE DISASTER / SYSTEMATIC DEATH
DJ: YU-TA(LONDON NITE)

Ticket agency: e+ FUÜDOBRAIN 45REVOLUTION FEVER 店頭
Infomation: 03-6304-7899(FEVER)

●12.25(Tue)
OPPA-LA, Enoshima
18:00 OPEN 19:00 START
EXCEL / PILEDRIVER / SMASH YOUR FACE
DJ: POW BOYZ / KAZ

Infomation: 0466-54-5625(OPPA-LA)


2018/10/18  assembrage : SWARRRM、SUNDR : REDSHEERとスプリット2作品同時リリース




assembrage : SWARRRM / Split
(7inch+ダウンロードコード/BTR-089)
1,200円+税
2018年11月21日発売

大阪のHM-2 Death Metallic Hardcore Punk「assembrage」と神戸のGRIND GOD「SWARRRM」による、エクストリームな音楽の新たな扉を開くスプリット作品が完成。
地獄の扉を開くが如くのイントロから幕を開けるassembrage。印象的なギターがリードをしながらも、ブルータルこの上ない展開が次々に飛び込んでくる。展開しているのではなく、崩壊していっているのかもしれない。黒の上に黒の絵具で描かれていく世界。これがassembrageの本懐なのだろうか。フェードアウトの先にも可能性の広がりを感じてしまう。
多作と言えるであろうSWARRRMだが、今作でもまた"何か"が塗り替えられている。彼らのバイタリティには驚かされるばかりだ。assembrageとは対照的に様々な色を使用して、最終的に黒く塗り固めていくような印象を受ける。過程に重きを置くか、結果に重きを置くかでも捉え方が異なってくる。こんな楽曲を生み出せるのはSWARRRMしかいないはず。ハッとさせられるような言葉選びも秀逸だ。

assembrage side
01.buried as eternity

SWARRRM side
01.見えない場所だろうと




SUNDR : REDSHEER / SUNDR : REDSHEER
(CD/BTR-086)
1,500円+税
2018年11月21日リリース

オーストラリアはメルボルンのヘヴィミュージックシーンの急先鋒"SUNDR"と、日本のエクストリーム界においてその存在を強くアピールし続けている"REDSHEER"の激音、轟音、頂上対決スプリット作品!
2017年の来日公演も記憶に新しいSUNDRですが、とんでもない音源を完成させました。収録の2曲とも9分越えの超大作。以前より静と動の緩急が明確化され、ポスト的な解釈が強まった感はありますが、荘厳な轟音パートは勿論健在。美しいまでのその世界観に足元から引き摺り込まれていく事でしょう。
この手の音は数多くあれど、常にクリエイティブな姿勢で作品を世に放ち続けるREDSHEERだが、彼らの持つふり幅の両側を押さえたような、期待を裏切らない2曲を収録。唸るような轟音とそれを切り裂く咆哮が織り成す混沌世界。とりわけ今作品のリフワークは素晴らしく、心地良い高揚感を演出している。
Outpsydeによるアートワークも規格外の完成度。バンド同士のスプリット作品に割って入るほどの存在感を付帯した。

SUNDR
01. I Am Your Prey
02. Talons From Within

REDSHEER
03. Another Hope Fades Away
04. Me And Your Evil Spells


2018/9/10  noy 新作アルバムからMV公開!






noy/ HARD CHOICE BRINGS US THE PAIN
(CD/BTR-084)
2,000円+税
2018年9月26日発売

初台WALLが生んだ5ピース・エモーショナル・ハードコア、noyのキャリア初となる、12曲入りフルアルバム

地道な活動でひたすらに射程距離を伸ばし続け、2013年にリリースした作品「DERIVE」で一気に注目を集める事になった彼らだが、その進化はまだ終わってはいなかった。ただ生きていく事を考えるのであれば、音楽活動は時に足枷になり得る。音楽だけに限らず、そういった事柄は少なくないだろう。それでも彼らはこの道を選び、痛みを伴いながらも一つの作品としてこのアルバムを結実させたのだ。激しく、叙情的に、色を変えていくように展開する楽曲群。時折飛び出す琴線に触れるようなメロディーが別世界までいざなっていく。彼らのひたむきさが滲み出た楽曲に乗るのは大切に選ばれた言葉だ。自らを鼓舞するようなボーカルがその人間味を一切失わせない。アルバムトータルとしての構成もしっかり練られており、彼らの集大成として胸を張れる作品が誕生した。彼らの選択が間違いではなかった事が、今、ここに証明された。

レコ初も決定!
「HARD CHOICE BRINGS US THE PAIN」 RELEASE SHOW
2018.09.29-sat- 初台WALL

noy
LOWVISION
Ratchild
OTUS
THE FANGS
HORSE & DEER

OPEN 17:00/START 17:30
adv 1,500-/door 2,000-



HARD CHOICE BRINGS US THE PAIN RELEASE TOUR2018

9/29(Sat) WALL, HATSUDAI
10/12(Fri) dues, SHINJUKU
10/20(Sat) MUSE, KYOTO
10/21(Sun) Studio246, NAGOYA
10/28(Sun) BUSH BASH, KOIWA
11/4 (Sun) OLIVE,TENNO CHO
11/17(Sat) BIRDLAND, SENDAI
11/18(Sun) NINETY EAST, MITO
11/23(Fri) KLUB COUNTER ACTION, SAPPORO
11/24(Sat) 161 SOUKO, SAPPORO
12/1(Sat) HOKAGE, SHINSAIBASHI
12/2(Sun) STUDIO O&K, SHIZUOKA
12/8(Sat) ANTIKNOCK, SHINJUKU

各地詳細は後日
チケット予約はこちらまで

2018/9/03  ORION新作ミニアルバム、カマラーダ新作フルアルバム!




ORION / The Life ep.
(CD/BTR-088)
1,300円+税
2018年10月17日発売

前作ミニアルバム「Party Knights」がプロモーション用の映像を含めてスマッシュヒットした、北浦和のパーティー・モンスター・ハードコア、我らがORIONの最新作ミニアルバム!
幾多のメンバーチェンジを経ても何も変わっていないのが彼らの最大の武器かもしれない。バンドは水物で、メンバーが変わる以前にちょっとした切っ掛けで大きく形を変えるものだが、ORIONにはそれがない。どんな外的要因に対しても粒子崩壊を引き起こさない安定性は、バンド活動において一番難しい「ただ続ける」という壁を軽々と越えて見せたのだ。 ゲストボーカルの面子がザーゴン(KBC/BRINGING BAND)とSatoshi(BAUMKUCHEN/ex-THINK AGAIN)というのも安心感を与える重要なポイントだ。
皆何も心配しなくていい。これは「あのORION」の作品だ。

01.踊れないバイバイ
02.自戒のうた
03.My Mirrors
04.THE CLASSICS
05.THE LIFE
06.24




カマラーダ / 噛み合う歯車
(CD/BTR-062)
2,000円+税
2018年10月17日発売

群雄割拠、静岡HARDCORE PUNKの生き字引「カマラーダ」が難産の末に漸く生み出したフルアルバム!
この作品は本当に長い時間温めてきたものだ。もう何年も、途切れ途切れにではあるが、少しづつ歩を進めてリリースに至る事が出来た。完成までの道中にレコーディング最中のメンバーチェンジなどもあったが、物事を進める中で当然のように紆余曲折はあるものだ。でもその全てを音に落とし込む事が出来た今作は、遠回りの道にも意味があったのだと思わせてくれる作品に仕上がった。
ベーシストの脱退によってボーカルのmoriがベースを兼任し、その分メンバー三人がそれぞれメインボーカルを取るスタイルに変更。音楽は引き算が重要だとはよく言ったもので、逆に多彩な表現を生み出す事に成功した。ストレートアヘッドなTHRASH HARDCOREの中に"静岡らしさ"を残した彼らの持ち味は失われてはいない。何年も前に標榜した「HARDCORE PRIDE」は色褪せる事なく彼らの中にあった。
一際目を引くアートワークはお馴染みのZUKKARTWORKによるもの。関わった全ての人間の本気が詰まった今作を是非手に取っていただきたい。

01.パワーコードドライブ
02.覚醒
03.MOTHER
04.錆
05.自作の不自由
06.〇と×
07.権利と義務
08.世界に1つだけの花
09.噛み合う歯車
10.セメント
11.運命


2018/8/30  FORWARD New Album リリース決定




FORWARD / FUTURE TROOPS
(CD/BTR-087)
2,300円+税
2018年10月24日発売

日本が世界に誇るBURNING SPIRITS HARDCOREの代名詞、FORWARDが放つ最新作アルバム。2018年11月に敢行される、25本に及ぶタイトなUSツアー用に制作された10曲収録のLPと2曲収録のEPが一つとなり、日本盤12曲収録CDとしてリリースされる。
結成より22年の歳月を経て表現方法が更に広がり、2018年型のBURNING SPIRITS HARDCOREを提示。メンバーそれぞれの個性が引き立たされながらも、一個小隊としての繋がりは一層強固なものとして全ての核となっている。その音像に乗る辛辣なメッセージは、現代社会の歪みがそうさせたものであろう。これがHARDCORE PUNKがHARDCORE PUNKである為の正しい形であるのだと痛感させられる。そしてこの作品が生み出された混沌とした平成の終わりが、前向きな一歩を踏み出す契機になる事を心から願うばかりだ。

01.Apathy Kills People
02.A.C.A.B
03.Must Be Mad
04.Hatred Union
05.Nasty Justice
06.True Freedom
07.Piece Of Peace
08.Mother Fucker Japan
09.Our World Our Own
10.Tokyo Olympic
11.In The Chaos
12.Future Troops


FORWARD「FUTURE TROOPS」発売記念ワンマン
"BURNING SPIRITS"
2018年10月20日(土)新大久保earthdom
open 18:30 / start 19:30 ADV. 2,000円 / DOOR 2,500円
INFO:03-3205-4469(earthdom)



2018/8/29  SKITKLASS / GREATEST sHITS 2nd PRESS




SKITKLASS / GREATEST sHITS
(CD/BTR-085)
2,000円+税

1stプレス分が残り僅かとなりましたので2ndプレスに取り掛かっております。ジャケットの色をマイナーチェンジいたしました。1stプレス分が終了次第、2ndプレス分での発送に切り替えさせていただきます。

気付いたらそこにあった、そこにいた。長く関係の続く事柄や対人の始まりは大抵そんなものではないだろうか。SKITKLASSはちょうどそんな感じだった。なんだか話題になってるなと思っている内に矢継ぎ早にテープや7インチをリリース。いつしかこの業界にいる皆がその存在を認識するようになった。しかしその始まりを知る人間はほぼ皆無だと思う。そしてその神秘性も相まってか、作品全てが法外な値段でオークションに掛けられた。
そんな中、興味本位で唯一彼らと交信が可能なTWITTERでコンタクトしてみた。予想に反してレスポンスは非常に良い。平坦な文章ではあるがやり取りを重ねる内に疎通が取れ、彼らの作った音楽を適正な値段で世に届ける為に協力する事になった。まさかやり取りを最後までTWITTERのメッセージで行う事になるとは思ってはいなかったが、彼らの本気を理解する一側面となった。その道程で送られてきたジャケットデザイン。そこに表記された「I'M WATCHING YOU IN THE CAGE」の一文は作品をリリースする私自身にも向けられたコメントだと気付いて鳥肌が立った。このセンスってなかなか出せるもんじゃない。70年代、80年代のアイコンとなったバンドのみが放つ事が出来た"あの"感じだ。そしてCDにパッケージしても、彼らの音楽は色褪せる事は無いと確信した上でこの作品をリリース出来る。
革命が起きる、1分もあれば充分だ。

1st 7inch EP "KAOS OCH FÖRSTÖRELSE"
01.BLODIG FLAGGOR NATIONELLA(falsk fred)
02.SKITKLASS
03.SLAKT OCH PLUNDRA
04.VI SKIT-PUNK

2nd 7inch EP "THE RULER OF THE FUCKIN’ASSHOLES"
05.INTRO
06.EXCLUSIONISM SHIT
07.SOFIE IS PUNK
08.SOCIAL SYSTEM
09.THE RULER OF THE FUCKIN’ASSHOLES
10.OUTRO

1st CASSETTE "VI SKIT PUNK"
11.SEX, ALKOHOL OCH PUNK
12.VI SKIT-PUNK
13.SLAKT OCH PLUNDRA
14.SKITKLASS
15.BLODIG FLAGGOR NATIONELLA

2nd CASSETTE "KAOS OCH FÖRSTÖRELSE"
16.KAOS OCH FÖRSTÖRELSE
17.ANTI AUKTORITÄR
18.SEX, ALKOHOL OCH PUNK

3rd CASSETTE "SKIT ISTÄLLET FÖR MUSIK"
19.BLODIG FLAGGOR NATIONELLA
20.SKITKLASS
21.SLAKT OCH PLUNDRA
22.VI SKIT-PUNK


2018/8/23 ANTISECT JAPAN TOUR 2018 詳細公開




ANTISECT JAPAN TOUR 2018


■11月23日(金・祝) 横浜F.A.D
BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.9」

ANTISECT
SYSTEMATIC DEATH
LIFE
PILEDRIVER
SKITKLASS

OPEN 17:30 / START 18:00
ADV.3,000- / DOOR.3,500-
Ticket予約 :BREAK THE RECORDS
info@breaktherecords.jp に日程/名前/電話番号/枚数をメール



■11月24日(土) 大阪HOKAGE
BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.10」

ANTISECT
S.O.B
Nightmare
Zay
Disturd

OPEN 17:30 / START 18:00
ADV.3,000- / DOOR.3,500-
Ticket予約 :BREAK THE RECORDS
info@breaktherecords.jp に日程/名前/電話番号/枚数をメール



■11月25日(日) 名古屋RED DRAGON
BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.11」

ANTISECT
REALITY CRISIS

OPEN 19:00 / START 19:30
ADV.3,000- / DOOR.3,500-
Ticket予約 :BREAK THE RECORDS
TOTAL INFO
info@breaktherecords.jp に日程/名前/電話番号/枚数をメール



■11月26日(月) 新代田FEVER
BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.12」

ANTISECT
OLEDICKFOGGY

OPEN 18:30 / START 19:30
ADV.3,000- / DOOR.3,500-
Ticket購入:e+(イープラス)8月23日AM10:00受付開始/新代田FEVER(03-6304-7899)


TOTAL INFO
info@breaktherecords.jp

2018/8/7  noy 1st Full Length Album




noy/ HARD CHOICE BRINGS US THE PAIN
(CD/BTR-084)
2,000円+税
2018年9月26日発売

noyのキャリア初となる、12曲入りフルアルバム
more info coming soon!!

レコ初も決定!
「HARD CHOICE BRINGS US THE PAIN」 RELEASE SHOW
2018.09.29 初台WALL

noy
LOWVISION
Ratchild
OTUS
THE FANGS
HORSE & DEER
and 1more??

OPEN/START TBA
adv/door TBA



HARD CHOICE BRINGS US THE PAIN RELEASE TOUR2018

9/29(Sat) WALL, HATSUDAI
10/12(Fri) dues, SHINJUKU
10/20(Sat) MUSE, KYOTO
10/21(Sun) Studio246, NAGOYA
10/28(Sun) BUSH BASH, KOIWA
11/4 (Sun) OLIVE,TENNO CHO
11/17(Sat) BIRDLAND, SENDAI
11/18(Sun) NINETY EAST, MITO
11/23(Fri) KLUB COUNTER ACTION, SAPPORO
11/24(Sat) 161 SOUKO, SAPPORO
12/1(Sat) HOKAGE, SHINSAIBASHI
12/2(Sun) STUDIO O&K, SHIZUOKA
12/8(Sat) ANTIKNOCK, SHINJUKU

各地詳細は後日
チケット予約はこちらまで

2018/7/11  SKITKLASS! Self Deconstruction!!




SKITKLASS / GREATEST sHITS
(CD/BTR-085)
2,000円+税
2018年8月22日発売

気付いたらそこにあった、そこにいた。長く関係の続く事柄や対人の始まりは大抵そんなものではないだろうか。SKITKLASSはちょうどそんな感じだった。なんだか話題になってるなと思っている内に矢継ぎ早にテープや7インチをリリース。いつしかこの業界にいる皆がその存在を認識するようになった。しかしその始まりを知る人間はほぼ皆無だと思う。そしてその神秘性も相まってか、作品全てが法外な値段でオークションに掛けられた。 そんな中、興味本位で唯一彼らと交信が可能なTWITTERでコンタクトしてみた。予想に反してレスポンスは非常に良い。平坦な文章ではあるがやり取りを重ねる内に疎通が取れ、彼らの作った音楽を適正な値段で世に届ける為に協力する事になった。まさかやり取りを最後までTWITTERのメッセージで行う事になるとは思ってはいなかったが、彼らの本気を理解する一側面となった。
その道程で送られてきたジャケットデザイン。そこに表記された「I'M WATCHING YOU IN THE CAGE」の一文は作品をリリースする私自身にも向けられたコメントだと気付いて鳥肌が立った。このセンスってなかなか出せるもんじゃない。70年代、80年代のアイコンとなったバンドのみが放つ事が出来た"あの"感じだ。そしてCDにパッケージしても、彼らの音楽は色褪せる事は無いと確信した上でこの作品をリリース出来る。
革命が起きる、1分もあれば充分だ。

1st 7inch EP "KAOS OCH FÖRSTÖRELSE"
01.BLODIG FLAGGOR NATIONELLA(falsk fred)
02.SKITKLASS
03.SLAKT OCH PLUNDRA
04.VI SKIT-PUNK

2nd 7inch EP "THE RULER OF THE FUCKIN’ASSHOLES"
05.INTRO
06.EXCLUSIONISM SHIT
07.SOFIE IS PUNK
08.SOCIAL SYSTEM
09.THE RULER OF THE FUCKIN’ASSHOLES
10.OUTRO

1st CASSETTE "VI SKIT PUNK"
11.SEX, ALKOHOL OCH PUNK
12.VI SKIT-PUNK
13.SLAKT OCH PLUNDRA
14.SKITKLASS
15.BLODIG FLAGGOR NATIONELLA

2nd CASSETTE "KAOS OCH FÖRSTÖRELSE"
16.KAOS OCH FÖRSTÖRELSE
17.ANTI AUKTORITÄR
18.SEX, ALKOHOL OCH PUNK

3rd CASSETTE "SKIT ISTÄLLET FÖR MUSIK"
19.BLODIG FLAGGOR NATIONELLA
20.SKITKLASS
21.SLAKT OCH PLUNDRA
22.VI SKIT-PUNK




Self Deconstruction / WOUNDS (LP)
(LP/BTR-043LP)
2,200円+税
2018年8月中旬発売予定

東京FREE STYLE GRIND / POWER VIOLENCE バンド、Self Deconstructionの衝撃的2ndアルバムが遂にLP化!
先に日本でリリースされたCDは国内のみならず海外からも問い合わせが後を絶たず、2ndプレス盤もレーベル在庫残少状態。そこへ来てチェコの狂人的音楽祭、OBSCENE EXTREME FESTIVAL 2018への出演も決まり、ここぞとばかりにLPプレスをF.O.A.D RECORDS(ITALY)に持ち掛け、今回のBREAK THE RECORDSとの共同リリースに至った次第。当初はライブ売りのみの極少数プレスの予定でしたが、F.O.A.Dの方からプレス数増を進言され、二つ返事でそれを承諾。それでも日本流通分は250枚となっておりますので、日本各地に散らばったSxD MANIACSの皆様はお早めにお買い求めいただければと思います。 尚日本流通盤はLPの色が赤、F.O.A.D流通盤は白になっております。

01.Disaster
02.Ain't it fun
03.Spring's trend
04.Pay up
05.Dog
06.Vulture
07.Our graves
08.Dear weekend
09.Malice
10.Psychowhore
11.Taken for granted
12.Deeper
13.Not for me
14.You deserve
15.Possession
16.It was rain
17.No savior
18.The burden
19.Hazard
20.Virtue
21.Force fed
22.Mess
23.Grace period



2018/6/5 FIREBIRDGASS 2002-2018 DOCUMENTARY DVD "16-Sixteen-"






FIREBIRDGASS 2002-2018DOCUMENTARY DVD "16-Sixteen-"
(DVD/BTR-081)
2018年7月4日発売
2,500円+税

もう一つの"THIS IS FIREBIRDGASS"
今までのメンバーインタビューから当時のライブ映像など、結成から現在まで"16年"の軌跡を紐解くドキュメンタリー。

この作品はFIREBIRDGASSの"覚悟"である。現在進行形で歩みを続けるFIREBIRDGASSが、わざわざ過去を曝け出す事にどんな意味があるのかは、作品本編を観れば良く分かるだろう。16歳、青春真っ只中の人間のように、簡単には割り切ることの出来ない想いがそこにはある。その全てを背負って、製作に取り組んだ作品が2017年1月にリリースされた"THIS IS FIREBIRDGASS"だったのだ。発露された想いが今なら鮮明に映る。苦労話に花を咲かせるのではなく、全ては"今"の為にあったのだと実感する。
そう、この作品はただの回顧録ではなく、新たなFIREBIRDGASSの幕開けなのである。





6/29(fri) FIREBIRDGASS presents
"Preview of 16-Sixteen-"
@dues SHINJUKU
7/4 Release FIREBIRDGASS DVD 16-Sixteen-30人限定試写会
当日DVD先行販売アリ!!
OP19:00/ST19:30 TICKET¥1800
※チケット予約はHP、MAILのみの受付となります。
【予約】 info@firebirdgass.com


2018/5/31 KRIMEWATCH 初のCDリリース!



KRIMEWATCH / KRIMEWATCH
(CD/BTR-079)
1,500円+税
2018年7月11日発売

NEW YORKの新星"KRIMEWATCH"の1st LPが初のCD化!COMESを連想させるような女性ボーカルハードコア!
日本でも既にご存知の方も多い事でしょう。NEW YORKにて突然変異的に発生した、80年代の日本のハードコアを踏襲した紛れもない現行バンド、KRIMEWATCH!DEMOや7inch、日本盤のソノシートなども発売され、今ではその殆どが入手困難な状況で、人気と注目度の高さがうかがい知れます。そのサウンドは正に"あの頃"を彷彿とさせ、日本語歌詞まで飛び出す程。ボーカルスタイルもさる事ながら、言葉選びのセンスまで完璧。そしてここまでやっておきながら、隠し切れずに滲み出したUS感が最高のエッセンスとしてブレンドされ、"KRIMEWATCH"のサウンドに仕上がる訳であります。昨今のハードコアシーンでは今まで以上に性別の壁を超えたパワフルなバンドが活躍しており、今後も全世界を席捲していく事でしょう。

1. 平和の夢
2. Intrude
3. 小便たれ
4. New York Nightmare
5. パラノイア
6. Machismo
7. You Lose!
8. Coward
9. The Big Picture



2018/5/21 FIREBIRDGASS 2002-2018 DOCUMENTARY DVD "16-Sixteen-"



FIREBIRDGASS 2002-2018DOCUMENTARY DVD "16-Sixteen-"
(DVD/BTR-081)
2018年7月4日発売

もう一つの"THIS IS FIREBIRDGASS"
今までのメンバーインタビューから当時のライブ映像など、結成から現在まで"16年"の軌跡を紐解くドキュメンタリー




6/29(fri) FIREBIRDGASS presents
"Preview of 16-Sixteen-"
@dues SHINJUKU
7/4 Release FIREBIRDGASS DVD 16-Sixteen-30人限定試写会
当日DVD先行販売アリ!!
OP19:00/ST19:30 TICKET¥1800
※チケット予約はHP、MAILのみの受付となります。
【予約】 info@firebirdgass.com


2018/5/10 SLIGHT SLAPPERS / SUNSHINE WARD



SLIGHT SLAPPERS / Sweet Power Violence CD
(PAPER SLEEVE CD/BTR-080)
1,200円+税
2018年6月20日発売

7インチとしてリリースされ、一瞬で在庫終了となってしまった、日本POWER VIOLENCE界のパイオニア、SLIGHT SLAPPERSの2017年作が、アンコールにお答えしてCDとして再プレス!
その名も"Sweet Power Violence" 彼らだからこそ標榜出来るタイトルを掲げた大名作です! 2012年にリリースされた単独作「MOONLIGHT」から早6年。SLIGHT SLAPPERSから最新式のPower Violenceが到着いたしました。遊び心が満載、というより全編に渡ってド真面目に、良い意味で彼らが彼ららしく遊び倒している。ここ数年で再評価され、世界的に盛り上がりを見せているPower Violenceですが、SLIGHT SLAPPERSはそのどのバンドも真似が出来ない、カラフルなパラレルワールドを作り出し、銀盤に全てを刻みこんだ訳であります。10曲、僅か9分間のメルヘントリップの後に、名曲「Moonlight」のDANCE MIXも追加収録。本物はごく自然にボーダーラインを越えていく。

1. Popstar
2. Skyfish
3. Black or White?I'm Gray
4. The Piss Boy
5. Chat
6. Vanilla
7. Computer
8. Smash
9. Only Want To Sleep
10. Human
11. Moonlight -DANCE REMIX-



SUNSHINE WARD / Nuclear Ambitions + Order
(CD/BTR-076)
1,500円+税
2018年6月20日発売

話題のEXIT ORDERやBRAIN KILLERのメンバー在籍、現行のボストン・ハードコア最注目株の"SUNSHINE WARD"が、初となるCDフォーマットで20曲収録の編集盤をリリース!
基本的にはノイジーなD-BEATのハードコアではあるが、現行バンドらしく、曲毎に様々な異なる要素が垣間見える。この手のバンド特有の爆発力や緊張感はそのままに、独特なリフやコード進行がうまく作用する事で、ただの激しい曲の金太郎飴状態(それが良いっていう場合も勿論ありますが)から脱しているようだ。
そして今作は2018年作1st LP+2016年作1st 12inchという、正にバンドの初期衝動を根こそぎ収録した素晴らしい内容。前半の10曲と後半の10曲での微妙なスタイルの差も非常に面白く、今後も注目すべきバンドであると断言いたします。

1. Leaders
2. Aggression
3. Paranoia
4. Retaliate
5. Napalm B
6. Wasted Lives
7. No Warning
8. Bloodbath
9. No Real Revolution
10. Instant Justice
11. Led To The Slaughter
12. Order
13. Disillusion
14. Mind Control
15. Radioactive Chunks
16. Out In The Streets
17. All This For War
18. No Concern
19. M.A.D.
20. Selfish Hate



2018/5/7 ANTISECT来日



詳細後日


2018/3/27 THE SAVAGES 1stアルバムリリース決定



THE SAVAGES / BLOOM ON THE ASH
(CD/BTR-078)
2,000円+税
2018年4月25日発売

1.INTRO
2.BLACK OR WHITE
3.霧雨
4.FADE AWAY
5.FIGHT BACK
6.DYE RED
7.閃光
8.PARADOX
9.BRAND NEW DAY


INTRUDERS、RAW DISTRACTIONS、REDNECKS、ROUGH STUFFのメンバーによる、日本語EMOTIONAL RAW PUNK、THE SAVAGESの1stアルバムが遂に完成。
EMOTIONAL RAW PUNKって何だよって思うかも知れませんが、彼らの音を分かりやすく説明するにはこれしかありませんでした。それは前述のメンバーの関係バンドから連想される音とは少し違うはずです。あなたの思い描くような、黒く塗りつぶすハードコアやパンクのスピリッツを持っている事は間違いありませんが、彼らは自らを表現するのに絵筆を持ち、水彩の絵を描いたのです。
歌うようなベースラインが8ビートと絡み、生き生きしたリズムを生み出す。UK音楽を連想させる独特な響きで彩るギターと、絞り出すように歌うボーカル。数多いる日本のギターロックバンドと全く違う印象を受けるのは、やはりそれぞれのバックボーンによるものでしょうか。そして聴きこむ度に、これは人間が作った音楽なんだな、という至極当然な思いが強くなる。永く愛される音楽とはきっとこういうものなのだろうと。
気の良い三人のパンクスが寄り集まり、紡いだ9つの想いが遂に花開く。その名もBLOOM ON THE ASH。灰の上の咲かせた花が成長していくのは、またこれからの話。


THE SAVAGES 1st ALBUM RELEASE GIG
【SAVAGE GARDEN vol.10】

THE SAVAGES
SKIZOPHRENIA(津山)
The Sleeping Aides & Razorblades(北海道)
YOUR PEST BAND
THE SLOWMOTIONS
DEATHRO
BLACK AND WHITE

DJ:SO(hardcore survives) / USHI(numbertwo)

OPEN 17:30 / START 18:00
ADV. 2,000- / DOOR 2,500-

2018/3/20 Kürøishi(Finland) 日本ツアー用音源発売決定



Kürøishi / Slukad Af Slutet
(CD/BTR-077) 1,500円+税
2018年4月11日リリース

01.The Gutter Is Calling
02.Liberation
03.Slukad Af Slutet
04.No Time To Live
05.Space Void Hell
06.Jatteei Ja Ruumiini
07.Luuhun Saakka
08.Cold Pulse Of Dystopia
09.Black Lung
10.Grave Upon Grave

惜しくも解散となってしまったFinlandの伝説的ハードコアバンド、Terveet Kädetのメンバーを中心に結成された"Kürøishi"の新作ミニアルバムに、このCDの為に特別にボーナストラックを4曲追加収録した、2018年の日本ツアー限定盤CDが登場!
サウンドはBREAK THE RECORDSからもリリースされた1stアルバム同様、重厚で叙情的な北欧D-BEATの現在進行形である。前作リリース以降も精力的な活動を続けていたようだが、それが逆にハードコアとしての荒々しさに繋がっているのがこのバンドの面白い所だ。決して雑になった訳でも退化した訳でもない。単純にハードコアとしての鋭さに磨きが掛かったような印象を受ける。そのテンションの高さは是非本作を聴いて体感して欲しい。そして楽曲センスや演奏クオリティー、音作りの巧さに関しては感嘆する程。アートワークのメインは今作もあのSUGI氏が担当。彼ら念願の日本ツアーへ向けて、磐石な状態をアピールするに充分な作品を作り上げた。



KUROISHI(Finland) JAPAN TOUR 2018
with NoLA / NO EXCUSE

●4/14(SAT) 西荻窪PitBar
Kürøishi(Finland)、NoLA、NO EXCUSE、SELF DECONSTRUCTION、SMASH YOUR FACE、FORESIGHT
OPEN 18:00 / START 18:30
ADV 2,000yen / DOOR 2,500yen

●4/15(SUN) 名古屋RED DRAGON
Kürøishi(Finland)、NO EXCUSE、REALITY CRISIS、ORdER、DIEAUDE
OPEN 18:00 / START 18:30
ADV 2,000yen / DOOR 2,500yen

●4/17(TUE) 博多四次元
Kürøishi(Finland)、NoLA、MassCollapse、End of Pollution、KUOLEVA
【DJ】 POCHI
OPEN 19:00 / START 19:30
ADV 2,000yen / DOOR 2,500yen

●4/18(WED) 姫路SOUND STATION
Kürøishi(Finland)、NoLA、KUGURIDO
START 20:00
ADV/DOOR 1,500yen

●4/19(THU) 大阪HOKAGE
Kürøishi(Finland)、NoLA、OOZE、Terrible Joke、poetry of tourch
OPEN 18:30 / START 19:00
ADV 2,300yen / DOOR 2,800yen

●4/20(FRI) 四日市VORTEX
Kürøishi(Finland)、NoLA、HELIX
OPEN 19:30 / START 20:00
ADV/DOOR 2,000yen (UNDER 18 FREE)

●4/21(SAT) 東高円寺二万電圧
Kürøishi(Finland)、NoLA、NO EXCUSE
OPEN 18:30 / START 19:00
ADV 2,000yen / DOOR 2,500yen


TOTAL INFO
info@breaktherecords.jp

2018/3/15 KUROISHI(Finland) JAPAN TOUR 2018 詳細公開




KUROISHI(Finland) JAPAN TOUR 2018
with NoLA / NO EXCUSE


●4/14(SAT) 西荻窪PitBar
KUROISHI(Finland)、NoLA、NO EXCUSE、SELF DECONSTRUCTION、SMASH YOUR FACE、FORESIGHT
OPEN 18:00 / START 18:30
ADV 2,000yen / DOOR 2,500yen


●4/15(SUN) 名古屋RED DRAGON
KUROISHI(Finland)、NO EXCUSE、REALITY CRISIS、ORdER、DIEAUDE
OPEN 18:00 / START 18:30
ADV 2,000yen / DOOR 2,500yen


●4/17(TUE) 博多四次元
KUROISHI(Finland)、NoLA、MassCollapse、End of Pollution、KUOLEVA
【DJ】 POCHI
OPEN 19:00 / START 19:30
ADV 2,000yen / DOOR 2,500yen


●4/18(WED) 姫路SOUND STATION
KUROISHI(Finland)、NoLA、KUGURIDO
START 20:00
ADV/DOOR 1,500yen


●4/19(THU) 大阪HOKAGE
KUROISHI(Finland)、NoLA、OOZE、Terrible Joke、poetry of tourch
OPEN 18:30 / START 19:00
ADV 2,300yen / DOOR 2,800yen


●4/20(FRI) 四日市VORTEX
KUROISHI(Finland)、NoLA、HELIX
OPEN 19:30 / START 20:00
ADV/DOOR 2,000yen (UNDER 18 FREE)


●4/21(SAT) 東高円寺二万電圧
KUROISHI(Finland)、NoLA、NO EXCUSE
OPEN 18:30 / START 19:00
ADV 2,000yen / DOOR 2,500yen


TOTAL INFO
info@breaktherecords.jp

2018/3/6 EU'S ARSE (ITALY) & MUSTANG(函館) split EP詳細





EU'S ARSE:MUSTANG / SPLIT
(7インチ+ダウンロードコード/BTR-060) 1,300円+税
2018年4月11日リリース

2018年5月に開催されるイタリアの"EU'S ARSE"と函館の"MUSTANG"の日本ツアーに合わせ、BREAK THE RECORDSよりスプリット7インチをリリース!
WRETCHED、Indigesti、Raw Power、Negazioneなどと並ぶイタリアンハードコアレジェンド、"EU'S ARSE"!なんと2018年にMUSTANGの招聘の元に初来日が決定!EU'S ARSEと言えば、多くの方はIMPACTとの歴史的名作スプリット音源が思い浮かぶのかと思います。イタリアンハードコア独特のボーカルの言い回しと、バンド全体の異常なまでのテンションの高さで、今聴いても血液逆流、鳥肌必至でしょう。そんな彼らの2018年作は絶対的なイタリアンハードコアの印象を保ちつつ、良い意味でプロフェッショナルを感じさせる仕上がりになりました。サウンドメイキングも素晴らしく、現在のEUROハードコアの質の高さを象徴しております。
函館が生んだハードコア日本代表"MUSTANG"も渾身の3曲を収録。FINLANDのハードコアレーベルKämäset Levytからの単独7インチ以来の音源リリースで、活動歴を考えると多作とは言えないMUSTANGですが、その1つ1つの濃度は他を寄せ付けないものである。そんな彼らの織り成す純度120%の函館ハードコアは、3ピースバンドの可能性を最大限まで引き出した、どこまでも熱く、己を鼓舞するハードコアの理想系と言える。7インチレコードの限界まで想いを刻み込み、その端々からMUSTANGの生き様すらが透けて見えてくるようだ。大きな声で叫ぶのには理由がある。一人でも多くの人に届くように。


EU'S ARSE side
1.ADESSO COME ALLORA
2.NON HO PAURA
3.SCAPPA VIA

MUSTANG side
1.LIFE UNDER RUBBLE
2.From Sacrifice To The Possibility
3.TSUNAMI



EU'S ARSE(ITALY) & MUSTANG(函館) JAPAN TOUR 2018

●5/25(金)新大久保earthdom
BREAK THE RECORDS pre.「WAR FOR PEACE vol.7」
EU'S ARSE(ITALY)/MUSTANG(函館)/FORWARD/SLIP HEAD BUTT/JABARA
OPEN 18:30 / START 19:00 ADV.2,500yen / DOOR 3,000yen+1D


●5/26(土)西横浜EL PUENTE
COMMUNiCATES & FADE-IN RECORDS pre.
「EQUAL COMMUNiCATiON 17 & YOKOHAMA INTERNATIONAL HARDCORE FESTIVAL」
EU'S ARSE(ITALY)/MUSTANG(函館)/COMMUNiCATES/SYSTEMATIC DEATH/LAST(津山)/KORRUPTION(新庄)/DAIEI SPRAY
OPEN 17:30 / START 18:00 ADV.2,000yen / DOOR 2,500yen+1D


●5/27(日)函館CASA
EU'S ARSE(ITALY)/MUSTANG(函館)/CRUDE/CASA G☆B
OPEN 18:30 / START 19:00 ADV./DOOR 2,000yen+1D


TOTAL INFO
info@breaktherecords.jp

2018/2/17 EU'S ARSE (ITALY) & MUSTANG(函館) Japan Tour 2018!!!!




EU'S ARSE(ITALY) & MUSTANG(函館) JAPAN TOUR 2018

●5/25(金)新大久保earthdom
BREAK THE RECORDS pre.「WAR FOR PEACE vol.7」
EU'S ARSE(ITALY)/MUSTANG(函館)/FORWARD/SLIP HEAD BUTT/JABARA
OPEN 18:30 / START 19:00 ADV.2,500yen / DOOR 3,000yen+1D


●5/26(土)西横浜EL PUENTE
COMMUNiCATES & FADE-IN RECORDS pre.
「EQUAL COMMUNiCATiON 17 & YOKOHAMA INTERNATIONAL HARDCORE FESTIVAL」
EU'S ARSE(ITALY)/MUSTANG(函館)/COMMUNiCATES/SYSTEMATIC DEATH/LAST(津山)/KORRUPTION(新庄)/DAIEI SPRAY
OPEN 17:30 / START 18:00 ADV.2,000yen / DOOR 2,500yen+1D


●5/27(日)函館CASA
EU'S ARSE(ITALY)/MUSTANG(函館)/CRUDE/CASA G☆B
OPEN 18:30 / START 19:00 ADV./DOOR 2,000yen+1D


EU'S ARSE & MUSTANG split 7ep will be ready soon!!
The details later!!

TOTAL INFO
info@breaktherecords.jp

2018/1/26 Kürøishi (Finland) Japan Tour 2018!!!!


Finland Hardcore Legend、Terveet Kadetのメンバーを中心に構成されたスーパーバンド、Kürøishiの初来日ツアーが決定!NO EXCUSE、NoLAも帯同!



Kürøishi (Finland) Japan Tour 2018
with NO EXCUSE and NoLA

4/14(Sat)西荻窪 Pit Bar
w/NO EXCUSE,NoLA,and more

4/15(Sun)名古屋 RED DRAGON
w/NO EXCUSE,and more

4/17(Tue)博多 四次元
w/NoLA,and more

4/18(Wed)姫路 SOUNDSTATION
w/NoLA,and more

4/19(Thu)大阪 HOKAGE
w/NoLA,and more

4/20(Fri)四日市 VORTEX
w/NoLA,and more

4/21(Sat)東高円寺 二万電圧
w/NO EXCUSE,NoLA

その他詳細は後日発表となります。

Kürøishiの音源を事前にチェック↓



Kuroishi / Poverty.Ignorance.Greed.Slavery(CD/BTR-056)
1,500円+税

言わずと知れたハードコア帝国、FINLANDから新星の誕生!新星とは言っても結成が2016年なだけで、Terveet Kädetのメンバーを中心として構成。豊富な経験に裏打ちされた、とんでもないモンスターアルバムを完成させました。伝統的なFINLANDハードコアを想像すると少し違う感じで、暗く重厚で叙情的な、Tragedy、His Hero Is Gone辺りを彷彿とさせるサウンド。ロッキンなギターのアプローチも垣間見え、日本のハードコアの影響も感じられます。日本のハードコア~CRUST~ネオクラストファン辺りのファンに広くアピール出来る事かと思います。ジャケットは世界的ハードコアイラストレーターのSUGI氏描き下ろし!FIGHT RECORDS(FINLAND)、SPHC RECORDS(US)からもレコードがリリースされ、今後の活動が非常に楽しみです!

01.Freedom
02.Gasoline Stains
03.Crosses and Flags
04.Gråa Dagar
05.Minefield
06.Hierarchy
07.Weakness
08.Transmission Stops
09.Bombraid
10.Annettiin Hänen Elää
11.Save Yourself
12.Lakes on Fire

こちらから送料無料通販可!

2018/1/16 NoLA新音源公開




2018年1月17日発売、NoLA:The Donor「DAMNED」から『NoLA / Give me your SHIT』、
ライブ会場限定のNoLA:REDSHEERのスプリット7インチから『NoLA / Filth Face』がフル試聴可能になりました!




NoLA : The Donor / DAMNED
(CD/BTR-071)
1,600円+税 2018年1月17日発売

東京HARDCORE NEW GENERATION“NoLA”と、金沢の重厚EXTREME HARDCORE“The Donor”のスプリット作品。リアルラウドミュージックの新たな雛型になるべき一枚の完成。
自主企画や地元東京でのライブは勿論、日本全国からライブのオファーが殺到しており、各地で話題沸騰状態のNoLA。ここ数年の活発な活動が見事に結実した渾身の4曲を収録。激しくドライブするパートから一気にDOPEな世界へ引きずり込む"NoLA節"にも更に磨きがかかり、凡百のメタル歌謡曲バンドとは確たる違いを見せ付けている。
対するThe Donorは最新のライブ音源を含む全4曲。NoLAとはまた一つ質の違った、重力すら感じられる音塊。確かに叙情性を感じられるパートはあるが、ここまで心動かされるのは、これまでひた向きに音楽と向き合った証なのであると思う。唯一残念なのは今作品が彼らの最後の音源になってしまう可能性がある事だ。ただただ再始動、次なる進化を期待するばかりである。


NoLA
1.Give me your SHIT
2.Last Moment
3.Explode
4.Hearts Still Beating

The Donor
5.Way To Blue ~Intro~
6.Tremble
7.Headless / Heartless
8.Shine (live at Ikebukuro Chop 2017.11.19



2018/1/12 self deconstruction 「WOUNDS」2nd PRESS ver.





self deconstruction / WOUNDS
(CD/BTR-043) 2ndプレス紙ジャケット仕様
1,500円+税 

東京のFREE STYLE GRIND / POWER VIOLENCE バンド、Self Deconstructionの衝撃的2ndアルバム!ベースレスの3ピースで、1曲1分に満たない、激烈なショートカットチューン23連発でノックアウト必至。女性とは思えない絶叫とデスヴォイスを巧みに使い分けるKubine氏のボーカル、テクニカルな面と荒削りな面、両面が見事に光るKuzuha氏のギター、複雑怪奇なビートを怒涛の勢いで叩きまくるJiro氏のドラム。全てが三位一体となって押し寄せる様は新世紀GRIND/HARDCOREの夜明けを感じさせるものである。ライブステージにおいても、ならず者、かぶき者がひしめくアンダーグラウンドシーンの中で一際の異彩を放ち、激しいパフォーマンスも相俟って独自の世界観を見事構築している。数々の来日バンドのサポートをこなし、圧倒的なパフォーマンスを披露しているが、2014年には世界的なエクストリーム・ミュージックの祭典、Obscene Extreme Festival Asia に出演。2015年の同フェスではMERZBOWとのコラボレーションライブを展開し、そのボーダーレスな活動は音楽フリーク達に衝撃を与え続けている。

なんてコメントを書いてから約一年半。地道な活動の果てに1stプレス分が完売し(決して少ない枚数ではないです)、2ndプレスに突入いたしました。お値段据え置きながら、仕様を豪華紙ジャケットに変更しております。バンドとしても2018年に世界的EXTREME MUSIC FESの”OBSCENE EXTREME FESTIVAL”への出演を決め、世界進出を開始。海外からの問い合わせも増え始めていますので、未聴の方は今のうちに是非チェックをお願いいたします。

1.Disaster
2.Ain't it fun
3.Spring's trend
4.Pay up
5.Dog
6.Vulture
7.Our graves
8.Dear weekend
9.Malice
10.Psychowhore
11.Taken for granted
12.Deeper
13.Not for me
14.You deserve
15.Possession
16.It was rain
17.No savior
18.The burden
19.Hazard
20.Virtue
21.Force fed
22.Mess
23.Grace period


2017/12/8 NoLA : The Donor Split CD





NoLA : The Donor / DAMNED
(CD/BTR-071)
1,600円+税 2018年1月17日発売

東京HARDCORE NEW GENERATION“NoLA”と、金沢の重厚EXTREME HARDCORE“The Donor”のスプリット作品。リアルラウドミュージックの新たな雛型になるべき一枚の完成。
自主企画や地元東京でのライブは勿論、日本全国からライブのオファーが殺到しており、各地で話題沸騰状態のNoLA。ここ数年の活発な活動が見事に結実した渾身の4曲を収録。激しくドライブするパートから一気にDOPEな世界へ引きずり込む"NoLA節"にも更に磨きがかかり、凡百のメタル歌謡曲バンドとは確たる違いを見せ付けている。
対するThe Donorは最新のライブ音源を含む全4曲。NoLAとはまた一つ質の違った、重力すら感じられる音塊。確かに叙情性を感じられるパートはあるが、ここまで心動かされるのは、これまでひた向きに音楽と向き合った証なのであると思う。唯一残念なのは今作品が彼らの最後の音源になってしまう可能性がある事だ。ただただ再始動、次なる進化を期待するばかりである。


NoLA
1.Give me your SHIT
2.Last Moment
3.Explode
4.Hearts Still Beating

The Donor
5.Way To Blue ~Intro~
6.Tremble
7.Headless / Heartless
8.Shine (live at Ikebukuro Chop 2017.11.19


The Donor&NoLA split CD
"DAMNED"release GIG
12月24日(日) 中野moonstep

The Donor
NoLA
MELT BANANA
ANEMONE
CYBERNE
DISGUNDER
ungodly
老人の仕事

open 16:30 / start 17:00
adv. 2,000 / door 2,500


2017/12/5 NO EXCUSE 「GRUDGE」から一曲公開




12月13日発売、NO EXCUSE「GRUDGE」から『BLIND』フル試聴可能になりました!

NO EXCUSE / GRUDGE
(CD/BTR-074)
2,000円+税 12月13日発売

「MEANING」のフロントマンHAYATOによる、STRAIGHT AHEAD HARDCORE PUNK、「NO EXCUSE」の2ndアルバムが遂に完成! 2014年に1stアルバム「Uprising」をリリースし、1,500枚販売という、この業界では異例のスマッシュ・ヒットを記録。2015年末には「FIREBIRDGASS」とのスプリットをリリースし、全国ツアーを敢行。元々定評のあった楽曲完成度、そしてバンドとしての表現力の高さに更に磨きをかけてきた。もしかしたらNO EXCUSEはMEANINGのサイドバンド、なんて思っている方もいるのかも知れないが、冗談じゃない。メンバーそれぞれ別のバンド、生活、仕事、様々な事情を抱える中で、足を取られながらも、常に前進を続けていたのだ。それはこの作品を聴いて貰うだけで明らかになる。以前にも増して切れ味鋭い楽曲を取り揃え、この時代にハードコアバンドとしての軌跡を残す。
 前作アルバム時はJAPANESE HARDCOREへのリスペクトからだろうか、日本語詞が中心となっていたが、今作は英語詞を中心に作曲がされている。その結果HAYATOのボーカルはNO EXCUSEの楽曲に、よりマッチしているように感じられる。一番のスキルアップを感じるのはドラムのMATSUOKAだろう。彼らしいドラミングが随所に垣間見られ、ベースのYU-KIとのコンビネーションでバンドの足元は磐石だ。今回殆どの楽曲の作曲をしたという加藤のギターも冴え渡り、敢えて間引いたコーラスワークを補って余りあるサウンドに昇華。
 メインアートワークは世界的ハードコアイラストレーターのSUGI氏書き下ろし。それをVK DESIGNが仕上げるというこの上無い布陣で今作品を完成させた。

01.Raging Is The Power
02.Wasted Again
03.Close Enemy
04.Blind
05.What Have You Done?
06.Make Me High
07.Kill All The Negatives
08.Brain Zapp
09.Depressing Moment
10.Insane View
11.True Voice
12.Never Forget


2017/11/24 SLIGHT SLAPPERS 7インチ発売決定





SLIGHT SLAPPERS / Sweet Power Violence
(7インチレコード+MP3ダウンロードコード/BTR-072)
1,200円+税 12月24日発売

 日本POWER VIOLENCE界のパイオニア、SLIGHT SLAPPERSが超待望の単独作をリリース!その名も"Sweet Power Violence" 彼らだからこそ標榜出来るタイトルを掲げた大名作です!
 2012年にリリースされた単独作「MOONLIGHT」から早5年。SLIGHT SLAPPERSから最新式のPower Violenceが到着いたしました。遊び心が満載、というより全編に渡ってド真面目に、良い意味で彼らが彼ららしく遊び倒している。ここ数年で再評価され、世界的に盛り上がりを見せているPower Violenceですが、SLIGHT SLAPPERSはそのどのバンドも真似が出来ない、カラフルなパラレルワールドを作り出し、7インチの円盤に全てを刻みこんだ訳であります。10曲収録、僅か9分間のメルヘントリップ。本物はごく自然にボーダーラインを越えていく。

Side-A
01.Popstar
02.Skyfish
03.Black or White?I'm Gray
04.The Piss Boy
05.Chat

Side-B
06.Vanilla
07.Computer
08.Smash
09.Only Want To Sleep
10.Human


2017/11/10 "NO EXCUSE" 2ndアルバム、"G-GAS"ディスコグラフィー 発売決定





NO EXCUSE / GRUDGE
(CD/BTR-074)
2,000円+税 12月13日発売

「MEANING」のフロントマンHAYATOによる、STRAIGHT AHEAD HARDCORE PUNK、「NO EXCUSE」の2ndアルバムが遂に完成! 2014年に1stアルバム「Uprising」をリリースし、1,500枚販売という、この業界では異例のスマッシュ・ヒットを記録。2015年末には「FIREBIRDGASS」とのスプリットをリリースし、全国ツアーを敢行。元々定評のあった楽曲完成度、そしてバンドとしての表現力の高さに更に磨きをかけてきた。もしかしたらNO EXCUSEはMEANINGのサイドバンド、なんて思っている方もいるのかも知れないが、冗談じゃない。メンバーそれぞれ別のバンド、生活、仕事、様々な事情を抱える中で、足を取られながらも、常に前進を続けていたのだ。それはこの作品を聴いて貰うだけで明らかになる。以前にも増して切れ味鋭い楽曲を取り揃え、この時代にハードコアバンドとしての軌跡を残す。
 前作アルバム時はJAPANESE HARDCOREへのリスペクトからだろうか、日本語詞が中心となっていたが、今作は英語詞を中心に作曲がされている。その結果HAYATOのボーカルはNO EXCUSEの楽曲に、よりマッチしているように感じられる。一番のスキルアップを感じるのはドラムのMATSUOKAだろう。彼らしいドラミングが随所に垣間見られ、ベースのYU-KIとのコンビネーションでバンドの足元は磐石だ。今回殆どの楽曲の作曲をしたという加藤のギターも冴え渡り、敢えて間引いたコーラスワークを補って余りあるサウンドに昇華。
 メインアートワークは世界的ハードコアイラストレーターのSUGI氏書き下ろし。それをVK DESIGNが仕上げるというこの上無い布陣で今作品を完成させた。

01.Raging Is The Power
02.Wasted Again
03.Close Enemy
04.Blind
05.What Have You Done?
06.Make Me High
07.Kill All The Negatives
08.Brain Zapp
09.Depressing Moment
10.Insane View
Insane View 11.True Voice
12.Never Forget







G-GAS / GENERATION GAS
(CD/BTR-070)
1,800円+税 12月13日発売
 
L.S.DやTranquilizerのメンバーが所属していた、札幌の伝説的ハードコアバンド「G-GAS」のディスコグラフィーCDが遂にリリース!
GENERAL SPEECHとNOT VERY NICEの共同名義にて2016年にレコードがリリースされ、その名を知らなかった人にも一気に広まりましたが、今作は新たに発見されたオリジナルマスターを使用して音質が向上した他、大部分をレコードとは別テイクで構成、ライブ音源も追加収録のリマスタリング盤。メンバーの手によってアートワークも一新され、レコードとは違った作品になったと言っても過言ではないでしょう。
80年代日本ハードコアの作品らしい緊張感漂う、ノイジーかつスピーディーなサウンドにノックアウト必至です。

・Studio Tracks 1984
01.0.001
02.Kobayashi Kun No Megane
03.Dual Personality
04.Skin
05.Gas
06.Broken Bed
07.Kubitsuri
08.Masuiyaku
09.Dutch Wife

・Studio Tracks 1983
10.Kobayashi Kun No Megane
11.Masuiyaku
12.Skin
13.Dutch Wife

・Studio Tracks 1983
14.Kubitsuri(G.MITSUZO DEEF)

・Live Tracks 1984.4.22 Bessie
15.0.001
16.Kobayashi Kun No Megane
17.Masuiyaku
18.Dual Personality
19.Skin
20.Gas
21.Kubitsuri
22.Broken Bed
23.Dutch Wife

・Live Tracks 1983 Hot Shot
24.Broken Bed
25.Masuiyaku
26.Kubitsuri
27.Gas
28.Kobayashi Kun No Megane
29.Dutch Wife


2017/11/01 KOHU-63 4曲入CD無料配布決定





九狼吽 & KOHU-63 JAPAN TOURにて「KOHU-63、4曲入りCD」無料配布!
KOHU-63 / FREE SAMPLER 2017
(CD/BTR-075)

1.RIKOTTU KANSANVALTA
2.AJAN VIRTA
3.MAMMONA
4.EI KÄY

絶賛発売中の九狼吽:KOHU-63のスプリットCDとは完全に別内容の新曲。以後販売の予定はありません。 下記ライブにお越しの方に無料配布いたします。各会場で数に限りがありますのでお早めにお越しください。

“九狼吽 / KOHU-63 JAPAN TOUR 2017”
●11/23(木) 新大久保 EARTHDOM
九狼吽 / KOHU-63 / 鉄アレイ / FORWARD
Open 19:00 Start 19:30
Door ¥2,000(+1D)

●11/24(金) 関内 B.B.STREET
九狼吽 / KOHU-63 / SYSTEMATIC DEATH / BAYONETS / PERSONA NON GRATA / SKITKLASS / VVORLD
Open 18:00 Start 18:30
Door ¥2,000(+1D)

●11/25(土) 名古屋 RED DRAGON
九狼吽 / KOHU-63 / REALITY CRISIS / VANISHING
Open 18:30 Start 19:00
Door ¥2,000(+1D)

●11/26(日) 心斎橋 火影
九狼吽 / KOHU-63 / WARHEAD / RIGID / ZYANOSE
Open 18:00 Start 18:30
Door 2,000(+1D)


2017/9/26 THE FANGS、BAUMKUCHEN スプリットリリース!





THE FANGS:BAUMKUCHEN / GRIND PARK
(CD/BTR-067)
PAPER SLEEVE仕様
1,500円+税 10月25日発売
 
 ELECTRIC SUMMER、FUCK YOU HEROES、MATTERなどのメンバーによる「THE FANGS」と、THINK AGAIN、NO EXCUSE、self deconstructionのメンバーによる「BAUMKUCHEN」の激突東京HARDCOREスプリットアルバム!
 THE FANGSは相変わらずのぶっとびUSスタイルHARDCORE。録音環境も非常に良く、楽曲の良さが一層際立っている。7 SECONDS、MINOR THREAT、S.O.A、CIRCLE JERKSなどなど、この手の音が好きであれば間違い無しのツボをしっかり押さえております。更にメロディックな部分が垣間見えるのが彼らの渋い所。
 BAUMKUCHENも一際ソリッドな楽曲と仕上がり。再録音曲なども多いが、WALL、MOON STEP辺りでは知らない者はいない大ヒットチューン「WORLD WIDE」が入っているのでご愛嬌という事で。既知の曲にも新たな試みが垣間見え、現在の彼らを知るにはうってつけと言えるだろう。


■THE FANGS
1.LET'S GO
2.STUPID PRIDE
3.KILLING THE TRUTH
4.WALL
5.#IDENTITY#
6.MONKEY BUSINESS

■BAUMKUCHEN
7.Raging Stream
8.DON'T KICK THE BUCKET
9.Any Number Of Times
10.WORLD WIDE
11.Illuminate the darkness
12.AGAINST
13.未知なる可能性


THE FANGS x BAUMKUCHEN
「GRIND PARK TOUR」

10月28日(土)初台WALL
11月11日(土)大阪KING COBRA SQUAT
11月12日(日)名古屋RED DRAGON
12月17日(日)西横浜EL PUENTE
1月20日(日)中野MOON STEP


2017/9/13 九狼吽、KOHU-63 スプリットリリース&日本ツアー!





九狼吽:KOHU-63 / SPLIT
(CD/BTR-063)
PAPER SLEEVE仕様
1,500円+税 10月18日発売

 日本ハードコア界において、その存在感を大きく示しながらも独自の進化を続ける「九狼吽」と、言わずもがなのフィンランド・ハードコア・レジェンド「KOHU-63」が共闘!2017年11月の両バンドの日本ツアーに先駆けたスプリット作品!
 九狼吽は常に闘いを続けてきた。日本のハードコアへの想いがサウンドスタイルに直結している事自体は否定出来ないが、それに留まる事無く、本当の意味でのボーダーレスを目指して活動を続けている。そのスタイルは海外遠征や、ハードコア以外のバンドとも分け隔てなく活動を共にする機会が多い事にも反映されている。「枠を飛び越えられなければ意味が無い」と公言する彼らは、自らの音楽でそれを示そうとしている。今作品に収録された新曲"STILL CRAZY"と"CHAINS"はバンドとしての新たな可能性を示唆し、既存曲の再録からも強靭な進化を遂げた事を感じる事が出来るだろう。
 パンク、ハードコアが好きだという人であればKOHU-63の名前ぐらいは目にした事があるだろう。TERVEET KADETやKAAOS、Riistetytなどなど、あの素晴らしいフィンランド・ハードコア・シーンを支えてきた生き字引である。ただ今もリアルタイムでKOHU-63の活動を追ってきた、という人はなかなか少ないのではないだろうか。そして当時(この場合は80年代)の音源は好きだけど、今の姿には期待してない、なんていう人もいるのだろうが、そんな人にこそ現在のKOHU-63を体感していただきたい。今回の作品が生まれたのは九狼吽がヨーロッパツアーで彼らのライブを目撃し、とてつもない衝撃を受けた事に起因する。その衝撃が同じく日本全国に伝播する事は間違いないだろう。

■九狼吽
1.STILL CRAZY
2.THE WORLD
3.抑圧豚社会(LIVESTOCK WORLD)
4.CHAINS

■KOHU-63
5.TUNTEMATON SOTILAS
6.HYLÄTTYJEN KAATOPAIKKA
7.SYSTEEMI
8.VIRKAMIES


[九狼吽/KOHU-63 JAPAN TOUR 2017]

11/23(木) 新大久保 EARTHDOM
w/ 鉄アレイ, FORWARD 
Open 19:00 Start 19:30
Door ¥2,000(+1D) 

11/24(金) 関内 B.B.STREET
w/ SYSTEMATIC DEATH, BAYONETS, PERSONA NON GRATA, SKITKLASS, VVORLD
Open 17:30 Start 18:00
Door ¥2,000(+1D)

11/25(土) 名古屋 RED DRAGON
w/ Vanishing, REALITY CRISIS
Open 18:30 Start 19:00
Door ¥2,000(+1D)

11/26(日) 心斎橋 火影
w/ WARHEAD, RIGID, ZYANOSE
Open 18:00 Start 18:30
Door 2,000(+1D)


2017/8/23 THE KNOCKERS 7インチ レーベル在庫終了





多数のお問い合わせをいただいております、THE KNOCKERSの7インチシングルですが、発売を前にしてレーベル在庫終了となりました。ご予約、ご購入希望の方は下記取扱い店舗様へ直接お問い合わせください。
また、THE KNOCKERSのライブ会場での販売分はありますので是非ライブ会場へ!

diskunion(関東/大阪)
record shop BASE(高円寺)
record shop DIG DIG(岡山)
disk shop MISERY(広島)
record KNOX(水戸)
VORTEX(四日市)
record shop ANSWER(名古屋)
TIME BOMB(大阪)
RECORD SHOP ZOO(名古屋)
CRAZY LAUREL(新潟)
涅槃(静岡)
パンク堂(沖縄)
ORION PUNX RECORDS(沖縄)
RECORD SHOP CONQUEST(日立)
BIRDLAND(仙台)
DUMB RECORDS(広島)
BARきばらし(熊本)
BOOGIES(宮崎)
Sick Of Music Records(福岡)
ネオホールディングス(福岡)

---------------------------------------------
THE KNOCKERS / ラムコーク/ネオンライト
(7インチレコード/BTR-066)
1,200円+税 9月2日発売

全国47都道府県ツアーや大名作アルバム『Knockin' Blues』のリリース、その後のタイトなツアー、多岐に渡るイベントの出演などなど、話題に事欠かずに動き続けるTHE KNOCKERSの新たな一手。2017年6月のスリーピースへのシフトチェンジ後、最初の音源は、自身初となる単独7インチシングル。500枚限定リリース。
A面は2ndアルバム『Knockin' Blues』に収録された、古典的なロックンロールへの愛情が伺える、マニア絶賛の名曲「ラムコーク」を再録。それまでのツインギターと分厚いコーラスを取っ払い、ギターもコーラスも重ね無し。よりソリッドになった新しいTHE KNOCKERSの幕開けを予感させる。
B面は日本脳炎の「ネオンライト」のカバー。原曲は80年代日本のロック、特に明太ロック周辺のイメージが強烈に押し出された曲であったが、ここではTHE KNOCKERSの持ち味であるラモーンズ的初期パンクの匂いに調理され、どシンプルかつポップで、8ビートの疾走感倍増のパンクロックチューンに仕上がっている。原曲には無いコーラスパートを加えてくる辺りがTHE KNOCKERSらしい。

side A.ラムコーク
side B.ネオンライト(日本脳炎)


2017/8/14 THE KNOCKERS 7インチ発売決定





THE KNOCKERS / ラムコーク/ネオンライト
(7インチレコード/BTR-066)
1,200円+税 9月2日発売

全国47都道府県ツアーや大名作アルバム『Knockin' Blues』のリリース、その後のタイトなツアー、多岐に渡るイベントの出演などなど、話題に事欠かずに動き続けるTHE KNOCKERSの新たな一手。2017年6月のスリーピースへのシフトチェンジ後、最初の音源は、自身初となる単独7インチシングル。500枚限定リリース。
A面は2ndアルバム『Knockin' Blues』に収録された、古典的なロックンロールへの愛情が伺える、マニア絶賛の名曲「ラムコーク」を再録。それまでのツインギターと分厚いコーラスを取っ払い、ギターもコーラスも重ね無し。よりソリッドになった新しいTHE KNOCKERSの幕開けを予感させる。
B面は日本脳炎の「ネオンライト」のカバー。原曲は80年代日本のロック、特に明太ロック周辺のイメージが強烈に押し出された曲であったが、ここではTHE KNOCKERSの持ち味であるラモーンズ的初期パンクの匂いに調理され、どシンプルかつポップで、8ビートの疾走感倍増のパンクロックチューンに仕上がっている。原曲には無いコーラスパートを加えてくる辺りがTHE KNOCKERSらしい。

side A.ラムコーク
side B.ネオンライト(日本脳炎)


2017/8/4 夏男ORIONが新曲を無料公開開始





ORION / ORION6(DIGITAL DOWNLOAD/BTR-069)
無料

2014年に結成10周年1stアルバム「Party Knights」をリリースした、北浦和のツインボーカル・パーティー・ハードコア・バンド"ORION"が久しぶりに新曲をリリース!相変わらずのスタイルで夏の夜を盛り上げる渾身の二曲をBANDCAMPに公開中です!ダウンロードも可能ですので好きに楽しんじゃってくださいませ。

01.自戒のうた
02.The CLASSICS


こちらからどうぞ!
bandcamp

ダウンロード方法↓
Buy Nowをクリック
金額に0円を入力
download to your computer.をクリック
DOWNLOAD NOWをクリック


2017/7/12 BREAK THE RECORDS企画





BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.6」

8月12日東高円寺二万電圧

九狼吽
FORWARD
FRIENDSHIP
super structure
STRANGE FACTORY
self deconstruction

OPEN 17:00 / START 17:30
ADV.2,000- / DOOR.2,500- (+1D)

チケット予約↓名前/枚数/電話番号を記入してください
レーベルメール予約 info@breaktherecords.jp


2017/7/5 DEATH SIDE 2タイトル同時再発!





DEATH SIDE / WASTED DREAM(CD/BTR-064)
紙ジャケット仕様CD
2,500円+税 8月23日発売

JAPANESE HARDCOREの代名詞、DEATH SIDEが残した伝説の名作が最新リマスター、豪華紙ジャケット仕様にて再発! オリジナル盤は1989年にリリースされ、今も尚HARDCORE史に燦然と煌めく大名盤1stアルバム!楽曲の完成度の高さは元より、レコーディングクオリティーも他とは一線を画し、緊迫感すら感じる名演がずらっと並ぶ全18曲。

01.Death Side
02.Mirror
03.Cut The Throat
04.Warning
05.Give And Take
06.Circulate Pain
07.Nothing For Others Pride
08.Laugh Til You Die
09.Wall
10.I Live Just My Life
11.Wasted Dream
12.Evil Dreaming
13.Devil In The Hell
14.Never Say Die
15.Political Power
16.Life In Box
17.The Lowest
18.It's Not Only Joke








DEATH SIDE / BET ON THE POSSIBILITY(CD/BTR-065)
紙ジャケット仕様CD
2,500円+税 8月23日発売

JAPANESE HARDCOREの代名詞、DEATH SIDEが残した伝説の名作が最新リマスター、豪華紙ジャケット仕様にて再発! 歴史のその名を残すきっかけとなった1stアルバムから、より深化させ、更に緻密に構成された2ndアルバム。オリジナル盤発表の1991年、既にこの境地に到達していたという事実に震えるのみ。

01.Intro ~ Meaning
02.Live And Live
03.Loosing Time
04.The Sight Made Our Hair Stand On End
05.To The End
06.水の扉
07.Burning Spirit
08.Life Is Only Once
09.Flowting Blood
10.Fight Your Way
11.No Laughing Matter
12.Catch The Sunshine
13.To Get Free
14.Arms Control
15.Crossfire



上記2タイトル、8月17日新宿LOFT「BURNING SPIRITS~チェルシーの日~」にて数量限定先行販売

2017/5/2 FUK(UK)、DIRTY WOMBS(GREECE)2タイトル同時発売!





FUK / THE RETURN OF TOMMY TROUBLE(CD/BTR-061,MA/CD-14)
1,800円+税 5月31日発売

2015年にCHAOS U.Kが来日し日本のパンクスを狂喜乱舞させた事も記憶に新しいですが、その際にGABBAが放った「次はFUKで」との言葉が遂に実現いたしました。 2017年6月、FUKと鉄アレイのツアーが大決定!そしてツアーに合わせてFUKの3rdアルバムがリリース!ドラマーが CHAOS U.KのメンバーでもあるSCOTTからSEPR(著名なグラフィックアーティスト!)に代わりましたが、完成された音源は相も変らぬ、猪突猛進に突き進 むハードコアに一味独特のフックが加わった、紛うことなきFUKサウンド!間髪無く繰り出されるサイダー・パンク・ソングの数々、心して堪能されるべし。


1. REPULSION
2. DISCONNECTED
3. FRESH NEW HELL
4. FAKE PROBLEMS
5. SEX CULT
6. DEATH CAMP BIG TOP
7. VANITY ROCK
8. LONG LEASH BLUES
9. PROBLEM ADDICT
10. VORTEX
11. BAD DRUG COMPETITION
12. GRIEF ON THE LINE
13. INTERNET SNITCH
14. SNIDE TIMES
15. PATIENCE TEST
16. BUM BUM FACE



■FUK & 鉄アレイ
「MONSTERS OF 9 HOUR TIME DIFFERENCE TOUR 2017」

6月10日(土)東京earthdom
w/SLIP HEAD BUTT、CASBAH
ADV¥2,500/DOOR¥3,000(+1D) OPEN 18:30 START 19:00

6月11日(日)津山 K2
w/1981(FINLAND)、VASTUSTA(FINLAND)、abducted、DEATH DUST EXTRACTOR、SKIZOPHRENIA、LAST

6月12日(月)広島 MUGEN 2F
"NO U TURNS & HOWLING COMMUNICATION"
adv2,000yen door2,500yen OPEN 19:00 START 19:30
w/1981(Finland)、NEVER AGAIN、モンキービジネス、XIDENTITY、
DJ:TETTA

6月14日(水)大阪KING COBRA+KING COBRA SQUAT
『FUK"MONSTERS OF 9 HOUR TIME DIFFERENCE TOUR"+1981 JAPAN TOUR "THE NIGHTMARE NEVER ENDS"』
w/1981 (FINLAND)、VASTUSTA (FINLAND)、どろろ、WARHEAD、CENTIPEDE、ZYANOSE
DJ SIGACHANG / TANAKA / MINAMI
ADV¥3,000/DOOR¥3,500(+1D) OPEN 18:30 START 19:00

6月15日(木)四日市VORTEX
w/ROCKET
DJ:GORI(CONTRAST ATTITUDE/Zay)
TICKET ¥2,000 OPEN/START 19:30

6月16日(金)名古屋RED DRAGON
w/TURTLE ISLAND
ADV¥3,000/DOOR¥3,500(+1D) OPEN 19:00 START 19:30

6月17日(土)東京earthdom
w/BACARA、THE TRASH、鐵槌、FORWARD
ADV¥2,500/DOOR¥3,000(+1D) OPEN 18:00 START 18:30

6月18日(日)静岡G-SIDE
「PLEASURE SUMMIT~ MONSTERS OF 9 HOUR TIME DIFFERENCE TOUR~」
w/SCAMP、東京ホームランセンター、ガンフロンティア、SYSTEM FUCKER、ZONE
BEYOND HATE、BOUND、DILDOS
-TATTOO-
U-JIRO(SHIMOKITA INK)、WE-YAN(SHIMOKITA INK)、天竜一門竜伸、彫哲(DIY-TATTOO)
-DJ-
KATSUBONDAGE、MAI、MASA68、TOYOTA CIDER
TICKET:2,500yen+1D(500yen)or 3D(1000yen) OPEN 12:30 START 13:00






DIRTY WOMBS / BLAZING RITUALS 2011-2016 DISCOGRAPHY(CD/BTR-044)
1,500円+税 5月31日発売

遠くギリシャの地のバーニング・スピリッツ・ハードコア・バンド、“DIRTY WOMBS”のディスコグラフィーCD!!
世界的に高い評価を受けている日本のパンク、ハードコアではありますが、一際世界に影響を与え続けているのが所謂「バーニング・スピリッツ・ハードコア」でしょう。しかしまさかギリシャにてその血が受け継がれているとは。ドラマティックに展開していく楽曲、叙情的なギターフレーズに暑苦しいまでのボーカルとコーラス。DIRTY WOMBSはその正統後継者と言えるのではないでしょうか。兎に角聴いていただければ1曲目のイントロからビシバシ伝わってくるはず。そして今作の最後に収録されているのはなんとDEATH SIDEのギリシャ語カバー!敢えてどの曲のカバーかは伏せさせていただきますが、しっかりメンバーに許諾も取った完全オフィシャル収録!全23曲収録の特大ボリュームです!


01.Crimson Waves
02.Exceed & Blaze
03.Wrecked Youth
04.Land Of Setting Sun
05.Injustice Echoes
06.Derail
07.A Deep Last Breath
08.Follow The Opposite Flow
09.Farewell Hearts
10.The Spirit's Alive – In Darkness We March Along
11.Warriors Of Life
12.Welcome The Pain
13.History Repeats Itself
14.Shrouds
15.Night fever
16.Obsession
17.In The Burrows
18.Eternity Shore
19.Dirty Wombs
20.Ora Miden
21.No Bending Over
22.Doomed To Laugh Doomed To Cry
23.Polema Me Ton Tropo Sou(Death Side cover)


2017/3/06 BREAK THE RECORDS 4タイトル同時リリース




MK-ULTRA / Patriotic Fuckology(CD/BTR-059)
2,000円+税 4月8日発売

80年代に隆盛を極めたUSハードコアは、90年代を待たずして殆どのバンドが消えていくか、大きく姿を変えた。しかしその時の熱は密かに飛火し、90年代以降のCHICAGOハードコアシーンは燃えに燃えた。その代表バンドはLOS CRUDOSであり、CHARLES BRONSONであり、このMK-ULTRAである。彼らは93年に結成され、狂気を感じるまでのテンションでポリティカルなメッセージを乗せた楽曲を演奏し、90's HARDCOREの中心バンドとして歴史にその名を残した。LOS CRUDOSやCHARLES BRONSONなどと同様のとにかく短く速い楽曲の連発で、それだけで最高ではあるが、彼らの持ち味はカバーソングにもある。B.G.KやVOID、D.Y.S.など、最初の時点で振り切れた楽曲を遥かに上回るスピード感で演奏。さらにはSHAMPOOのカバーなんていう変り種もあり。そんな所も含めて彼らが残した楽曲計53曲にリマスターを施し、まるっと収録。メンバー自身によって新たにデザインされたアートワークにも注目です。

01.Nameless In Life,Faceless In Death
02.Credit Is The Opium Of The Masses
03.I Won't Let The Assholes Win
04.Nation In Mourning
05.U-locked By The Neck To The Clinic Door
06.Prayer Breakfast
07.I'm About To Climb A Bell Tower With A Fucking Sniper Rifle
08.Teen Angst
09.Pray For Peace, Kill For Christ (B.G.K)
10.Face To Face (FAITH)
11.Burn Warehouse,Burn (FEEDERZ)
12.It's Not In Your Heart (LIFE'S BLOOD)
13.Most Likely To Succeed
14.Lleno De Gusto
15.Where Were You In '92?
16.Husky
17.Chew Your Leg Off
18.Worker Vs. Parasite(aka CIHAKS STOMP)
19.Fuck Decaf
20.Good Cop,Bad Cop
21.80's Teen Sex Flick
22.At War With Management
23.Christian Hardcore Is An Oxymoron
24.Forgotten
25.Brotherhood(D.Y.S.)
26.Suburban Sprawl
27.Bouffant Headbutt(SHAMPOO)
28.52 Fluid Ounces
29.Whalers,Jets,Nordiques
30.Clay Into Sparrows
31.Good Cop,Bad Cop
32.Melt
33.Bring Me The Head Of Tony Victory
34.Hooray For The Unabomber
35.Voyeur At A Car Wreck
36.The Schlitz Malt Liquor Ball
37.Once You're Down
38.Over The Counter Culture
39.Universal Product Code
40.Swept Under The Rug
41.My Rules(VOID)
42.Killing For College Money
43.This Town Is Killing Me
44.Mississippi Freedom Summer Project
45.Stick Figure
46.Let's Feed The Christians To The Lions
47.Drone
48.Apple Pie
49.Patriotic Fuck
50.That Adult Crash
51.Police Story(BLACK FLAG)
52.What Have You Got?
53.Ulcer




TORSO / Sono Pronta a Morire(CD/BTR-054)
1,500円+税 4月8日発売

日本でも有名なPUNCHのメンバー在籍、USはCaliforniaのVEGAN STRAIGHT EDGEハードコアバンド、TORSOの1stアルバム!一部パンクレコードショップにはアナログ盤が入荷しており、現行バンドにアンテナの高いファンからは既に絶大な支持を集めていた為、CDでのリリースを待っていた方も多いのではないでしょうか。TORSOはD-BEATを基本にした温故知新なハードコアサウンドですが、楽曲の良さとテンションの高さが他とは群を抜いて素晴らしい!なんだかんだ言ってアメリカの現行バンドの層の厚さには驚かされるばかりです。そして強烈な個性の女性ボーカルもさる事ながら、ブリブリにブチかましているベースもなんと女性。爆発力のあるレイジングハードコアサウンドに全ハードコアフリークノックアウト必至です!

01.Reflections on a Damaged Life
02.Eating Scraps
03.Pigeonholed
04.No Commonality
05.You Stay on that High Horse
06.Ascension
07.No Turning Back
08.Accepted Forms of Mutilation
09.Will You Float?
10.Everyone Is Sick
11.Solutions According to the Opulent




Kuroishi / Poverty.Ignorance.Greed.Slavery(CD/BTR-056)
1,500円+税 4月8日発売

言わずと知れたハードコア帝国、FINLANDから新星の誕生!新星とは言っても結成が2016年なだけで、Terveet Kädetのメンバーを中心として構成。豊富な経験に裏打ちされた、とんでもないモンスターアルバムを完成させました。伝統的なFINLANDハードコアを想像すると少し違う感じで、暗く重厚で叙情的な、Tragedy、His Hero Is Gone辺りを彷彿とさせるサウンド。ロッキンなギターのアプローチも垣間見え、日本のハードコアの影響も感じられます。日本のハードコア~CRUST~ネオクラストファン辺りのファンに広くアピール出来る事かと思います。ジャケットは世界的ハードコアイラストレーターのSUGI氏描き下ろし!FIGHT RECORDS(FINLAND)、SPHC RECORDS(US)からもレコードがリリースされ、今後の活動が非常に楽しみです!

01.Freedom
02.Gasoline Stains
03.Crosses and Flags
04.Gråa Dagar
05.Minefield
06.Hierarchy
07.Weakness
08.Transmission Stops
09.Bombraid
10.Annettiin Hänen Elää
11.Save Yourself
12.Lakes on Fire




TOTAL JERKS / Life Is Hate(CD/BTR-046)
1,200円+税 4月8日発売

インドネシアはジャカルタのオールドスクールハードコア、TOTAL JERKS日本デビュー音源リリース! TOTAL JERKSと聴いてこのバンドがパッと浮かぶ方は日本でほぼ皆無かと思いますが、TOTAL FURYとCIRCLE JERKSが浮かんだ貴方、正解です。音を聴いていただければバンド名の由来は言わずもがなでしょう。一切歪んでいないチャッキチャキのギターと吐き捨てるようなボーカルスタイルで演奏されるハードコア。この辺りが好きな方って結構いるのではないでしょうか。そしてバンドロゴはBLACK FLAGのフォントスタイルで、あれ?ちょっと7SECONDSも入ってない?自分は好きな事全部まぜこぜやっちゃうこの感じ、嫌いじゃないです笑。10曲入ってるけど10分で終わっちゃう辺りもCIRCLE JERKSの大名盤1stを彷彿とさせてナイス!

01.Intro
02.Panic Room
03.Jump The Fence
04.Fuck You
05.Let Me Go
06.Penjilat
07.Stabbed In The Back
08.Get Out
09.Full Of Shit
10.Life Is Hate



2017/2/06 Hi-Gi新作アルバムからMV公開






Hi-Gi / CLASSICS (CD/BTR-057)
2,000円+税 2月8日発売

「音楽をやっていて、音楽を観ていて、私が最もロマンを感じたバンド。初めて観た時から全ての可能性があるって感じたんだ。 例えばこの先自分がどうなろうと、私は死ぬまでHi-Giに憧れ続ける。」
-SUPER BEAVER 渋谷 龍太-

横浜のロックバンド「Hi-Gi」が2000年の結成以来、自主制作のシングルやアルバム、同郷A.O.Wとのスプリットなどなど紆余曲折を経て、渾身のアルバムを遂に完成!昔からHi-Giを知る人は収録曲をご覧頂ければ分かるかと思うが、これは彼らの全てを結集した、現メンバーによる最新録音ベストアルバムである。

Hi-Giを「日本語ロック」と一言に言ってしまえば簡単ではあるが、彼らは常に他とは違う土壌で活動を続けてきた。スプリットを出した盟友のA.O.Wのようなノイジーなハードコアバンドとも同じ目線で活動を共にし、ステージの大小問わず、常に自分をさらけ出す事で対等に渡り合ってきた。気持ちの良いリズム隊と小気味の良いギター、そして伸び伸びと歌うボーカル。そんなシンプルな形で自らの人生全てを表現しようとする様は、なんとも健気で、すっと聴く者の生活にも入り込んでくるのだろう。ふとした時に、偶然でも必然でも、この作品を手にした全ての人が共感出来る「何か」が、このアルバムには詰まっている。

01.wild sing
02.秋味
03.水色廻る
04.ありがとう
05.横濱レトロ
06.オイカゼ
07.愛を唄えば
08.ボンクラ(boys don't cry)
09.希望
10.12月16日
11.命のありか


2017/2/5 BREAK THE RECORDS主催「WAR FOR PEACE vol.4」「WAR FOR PEACE vol.5」二ヶ月連続開催決定




2017年3月25日
新宿ANTIKNOCK

BREAK THE RECORDS pre,
「WAR FOR PEACE vol.5」
KUGURIDO、DIEAUDEスプリットCD「叫鬥」レコ発
open 17:00 /start 17:30
adv.2,000- /door2,500-

KUGURIDO(1st GIG)
DIEAUDE
COFFINS
TERROR SQUAD
NoLA
NO EXCUSE

チケット予約↓
レーベルメール予約 info@breaktherecords.jp
ANTIKNOCK店頭受付 03-3350-5670






2017年4月14日
新代田FEVER

BREAK THE RECORDS pre,
「WAR FOR PEACE vol.4」
open 18:00 /start 18:30
adv.3,000- /door3,500-

DOOM (UK)
FORWARD
OLEDICKFOGGY
ROCKY & The SWEDEN
SYSTEM FUCKER


チケット予約↓
レーベルメール予約 info@breaktherecords.jp
FEVER店頭受付 03-6304-7899

e+でも発売中

2017/2/1 FORWARD新作7インチシングル







FORWARD / Another Dimension(7inch/BTR-052)
1,000円+税 3月8日発売

1996年結成、日本ハードコア界の生きる伝説「FORWARD」が結成20周年の年にレコーディングした、4曲収録7インチシングル!
パンク、ハードコアが好きだと公言する人の中にその名を知らぬ者はいないでしょう。東京から世界を股にかけて活動を続け、バーニング・スピリッツ・ハードコアを一つの音楽ジャンルにまで引き上げた立役者、FORWARD。今作は彼らが活動初期に制作した楽曲を現メンバーで再録音した、20周年の記念碑的シングルとなります。勿論ただの再録音だなんて訳はなく、バンドと共に歳を重ねてきた、楽曲の成長を感じられる仕上がり。「FORWARD」というバンド名に背く事無く、「前進」を続けてきたからこそ生まれた作品であると言えるでしょう。先行してPVが公開されている「Change The Dimensions」は、ライブでも頻繁に演奏されている「Just Go Forward To Death」の歌詞を丸ごと変更した、今のFORWARDを体現した最新楽曲と言えるのではないでしょうか。更にFORWARDメンバーが心底リスペクトをしている「あのバンド」のカバーも収録。2017年で結成21年目を迎えた、現在進行形のFORWARDを是非ともご体感ください。


SIDE-A
1.Change The Dimensions
2.I Hate Alone
SIDE-B
3.Death or Glory
4.Choice


2017/2/1 SLIP HEAD BUTT 2ndアルバム「インサート」







SLIP HEAD BUTT / インサート (CD/BTR-058)
2,300円+税 3月8日発売

2006年の衝撃的1stアルバムから早11年、SLIP HEAD BUTTが遂に2ndアルバムをリリース!

言わずと知れた日本R&R史にその名を残すVID-SEXの大岩が籍を置き、サイドを固めるメンバーもDEATH SIDE、CHICHEKN BOWELS、JUDGEMENT、SAMURAI、THE SHITBABIES、DELTA PUREE、東京ホームランセンター、などなどの遍歴を持つスーパーバンド「SLIP HEAD BUTT」。前作から11年の年月を経てリリースされる、更にロックにロールしまくる2ndアルバム。
既にライブではプレイされている曲も、こうして聴くと繊細に構築された楽曲クオリティーの高さに驚かされるばかり。左右にきっちり振られたKAN、SHAMのギターはそれぞれの個性を激しくぶつけ合い、紅一点のベーシストYUMIRRIN、ドラムのMUKACHINが濃密に絡みあうリズムを織り成す。ボーカル大岩の魅力と言えばやはり「エロくて」格好良いという事でしょう。経過した年月に比例して、その妖艶さは増していくばかり。そして今作のミックス、マスタリングはアンダーグランド界でサウンドメイクに定評のある、STUDIO ZENの岡崎氏の手によって行われ、それぞれの要素が絶妙に混ざり合い、とんでもないロックンロール・モンスター・アルバムの完成と相成りました。
アートワークですが、メインのイラストは大岩自らで筆を取った描き下ろし作で、全体をthe slowmotionsのキイチ氏がディレクション。今回の作品にこれ以上無い彩りを添え、それを豪華紙ジャケット仕様に落とし込んだ、完璧な作品に仕上がっております。

1.しゃぶっておくれ
2.Take You Down
3.呪いのジャングル
4.ブロイラー
5.カモンプッシーブルース
6.イレルコスルダス
7.病院刑務所ロックンロール
8.ナイトクルー


■ライブ情報■
3月18日(土曜日)KAPPUNK
at LOFT or ACB

4月1日(土曜日)SLIP HEAD BUTT「インサート」CD発売記念
at EARTHDOM


2017/1/13 BREAK THE RECORDS主催「WAR FOR PEACE vol.4」開催決定




2017年4月14日
新代田FEVER

BREAK THE RECORDS pre,
「WAR FOR PEACE vol.4」
open 18:00 /start 18:30
adv.3,000- /door3,500-

DOOM (UK)
FORWARD
OLEDICKFOGGY
ROCKY & The SWEDEN
SYSTEM FUCKER


チケット予約↓
レーベルメール予約 info@breaktherecords.jp
FEVER店頭受付 03-6304-7899

後日e+でも受付開始予定

2017/1/07 KUGURIDO:DIEAUDE split CD、Hi-Gi新作アルバムが2月8日同時発売




KUGURIDO:DIEAUDE / 叫鬥 (CD/BTR-055)
1,500円+税 2月8日発売

2016年に惜しくも解散した、姫路ハードコア、sekienのJyoji氏による新バンド「KUGURIDO」と、愛知県岡崎を中心に活動を続ける「DIEAUDE」による衝撃的ハードコアスプリット作品が完成!

2010年の結成以来姫路を中心に積極的なライブ活動を続け、2016年に1stアルバムを3LAからリリース。各地に衝撃を残し、日本ネオクラストの代表格バンドにまで登り詰めるも、人気絶頂の中で解散を発表したsekien。その中心メンバーであったJyoji氏が新たにスタートさせたバンドがこの「KUGURIDO」である。一部に配布されたDEMO CD-Rが既に話題となっていましたが、今作が初のスタジオ録音正式音源。前バンドより更に深化を遂げた、全世界ハードコア・フリークへの挨拶代わりの4曲収録。
対するDIEAUDEは日本ハードコアの名産地、岡崎にて結成され、2014年に1stアルバムを男道からリリース。岡崎のハードコアの血を色濃く継承しつつ、叙情的なパートを織り交ぜながらも、ひたすらに疾走しまくるハードコアチューンを放ち続けてきた。今作も彼らの全身全霊ハードコアをしっかりと感じられる仕上がりで、熱過ぎるまでのコーラスパートに拳を振り上げる事必至。この作品の最後を飾る「岐路」では、印象的なアルペジオから一気に加速する、彼らの新境地を垣間見る事が出来るはずである。

KUGURIDO
01.夜
02.セキレイ
03.瀑声
04.奴僕

DIEAUDE
05.悪しき情
06.濁流
07.THE BEATING IS VAIN
08.岐路





Hi-Gi / CLASSICS (CD/BTR-057)
2,000円+税 2月8日発売

「音楽をやっていて、音楽を観ていて、私が最もロマンを感じたバンド。初めて観た時から全ての可能性があるって感じたんだ。 例えばこの先自分がどうなろうと、私は死ぬまでHi-Giに憧れ続ける。」
-SUPER BEAVER 渋谷 龍太-

横浜のロックバンド「Hi-Gi」が2000年の結成以来、自主制作のシングルやアルバム、同郷A.O.Wとのスプリットなどなど紆余曲折を経て、渾身のアルバムを遂に完成!昔からHi-Giを知る人は収録曲をご覧頂ければ分かるかと思うが、これは彼らの全てを結集した、現メンバーによる最新録音ベストアルバムである。

Hi-Giを「日本語ロック」と一言に言ってしまえば簡単ではあるが、彼らは常に他とは違う土壌で活動を続けてきた。スプリットを出した盟友のA.O.Wのようなノイジーなハードコアバンドとも同じ目線で活動を共にし、ステージの大小問わず、常に自分をさらけ出す事で対等に渡り合ってきた。気持ちの良いリズム隊と小気味の良いギター、そして伸び伸びと歌うボーカル。そんなシンプルな形で自らの人生全てを表現しようとする様は、なんとも健気で、すっと聴く者の生活にも入り込んでくるのだろう。ふとした時に、偶然でも必然でも、この作品を手にした全ての人が共感出来る「何か」が、このアルバムには詰まっている。

01.wild sing
02.秋味
03.水色廻る
04.ありがとう
05.横濱レトロ
06.オイカゼ
07.愛を唄えば
08.ボンクラ(boys don't cry)
09.希望
10.12月16日
11.命のありか


2017/1/1 FIREBIRDGASS 1stアルバムからMV公開



FIREBIRDGASS「パンクスは豚小屋で産まれた」MV


FIREBIRDGASS
THIS IS FIREBIRDGASS
(CD/BTR-050)
2017.1.25 ON SALE
2,000円+TAX

高円寺パンク・ロック「FIREBIRDGASS」が結成15周年にして1stアルバムをリリース!新曲は勿論の事、既にライブの定番として永く愛されている楽曲も多く収録された、今のFIREBIRDGASSの全てが詰まった作品である。既発曲に関しても現体制としてのアレンジが施されており、曲間SEも凝りに凝った、一つの作品としての完成度が抜群の仕上がり。MEANING、NO EXCUSE、REDNECKS、GRIND SHAFT、SYSTEMATIC DEATH、Hi-Gi、THE DIGITAL CITY JUNKIESなど、幅広いジャンルのバンドメンバーがゲスト参加。FIREBIRDGASSの活動の集大成に彩りを添えている。

【FIREBIRDGASS】
東京のパンクタウン高円寺。この街の仄暗い地下室でFIREBIRDGASSは生まれた。古き良き"パンク・ロック"をベースとし、ハードコアのエッセンスをふんだんに投入した“バースト・パンク”サウンドを体現。地に足を付けた活動を続け、東京のパンク・バンドとしての存在感を少しづつ確立する。火事の被害を受け閉店へと追い込まれてしまった伝説のライブハウス“高円寺20000V”を根城にし、自主企画では毎回3桁の動員を記録するなど、順調なステップを踏んでいった。
だが現代における“パンク”を表現する為に纏った炎は彼ら自身の身までを焦がした。相次ぐメンバーチェンジにより、歩みを止めなければならない状況が続いた。その度に一からの再スタート。歯がゆく過ぎていく時も多かった事だろう。
しかしようやく唯一の不動のメンバーであるISHIが一人で持つしかなかった“FIREBIRDGASSのプライド”を共有する事が出来るメンバーが揃った。Yossy(Drums/ex-A.O.W)が持っていた人脈は新しいドアを開け、バンド全体に大きな刺激をもたらした。手に入れた新しい感覚を持って完成させたNO EXCUSEとのスプリット“光炎万丈”は古くからのファンもフェイバリットに挙げる作品となり、それに伴う全国ツアーで彼らは「FIREBIRDGASS史上最強」の態勢を確信する。
そして2017年1月に待望の一枚を世に放つ。結成から数えて15年。彼らはようやくこの言葉を使う事が出来た。
「THIS IS FIREBIRDGASS」

01.FIRE STARTER
02.SUNDIAL
03.パンクスは豚小屋で産まれた
04.ドッペルゲンガー
05.人間牧場
06.Little Boy
07.ENOLA GAY
08.ANTI
09.愛鈍脳
10.限界突破2017
11.YOU ONLY LIVE ONCE
12.ONE FOR THE ROAD


2016/12/24 FIREBIRDGASS 1stアルバム 






FIREBIRDGASS
THIS IS FIREBIRDGASS
(CD/BTR-050)
2017.1.25 ON SALE
2,000円+TAX

高円寺パンク・ロック「FIREBIRDGASS」が結成15周年にして1stアルバムをリリース!新曲は勿論の事、既にライブの定番として永く愛されている楽曲も多く収録された、今のFIREBIRDGASSの全てが詰まった作品である。既発曲に関しても現体制としてのアレンジが施されており、曲間SEも凝りに凝った、一つの作品としての完成度が抜群の仕上がり。MEANING、NO EXCUSE、REDNECKS、GRIND SHAFT、SYSTEMATIC DEATH、Hi-Gi、THE DIGITAL CITY JUNKIESなど、幅広いジャンルのバンドメンバーがゲスト参加。FIREBIRDGASSの活動の集大成に彩りを添えている。

【FIREBIRDGASS】
東京のパンクタウン高円寺。この街の仄暗い地下室でFIREBIRDGASSは生まれた。古き良き"パンク・ロック"をベースとし、ハードコアのエッセンスをふんだんに投入した“バースト・パンク”サウンドを体現。地に足を付けた活動を続け、東京のパンク・バンドとしての存在感を少しづつ確立する。火事の被害を受け閉店へと追い込まれてしまった伝説のライブハウス“高円寺20000V”を根城にし、自主企画では毎回3桁の動員を記録するなど、順調なステップを踏んでいった。
だが現代における“パンク”を表現する為に纏った炎は彼ら自身の身までを焦がした。相次ぐメンバーチェンジにより、歩みを止めなければならない状況が続いた。その度に一からの再スタート。歯がゆく過ぎていく時も多かった事だろう。
しかしようやく唯一の不動のメンバーであるISHIが一人で持つしかなかった“FIREBIRDGASSのプライド”を共有する事が出来るメンバーが揃った。Yossy(Drums/ex-A.O.W)が持っていた人脈は新しいドアを開け、バンド全体に大きな刺激をもたらした。手に入れた新しい感覚を持って完成させたNO EXCUSEとのスプリット“光炎万丈”は古くからのファンもフェイバリットに挙げる作品となり、それに伴う全国ツアーで彼らは「FIREBIRDGASS史上最強」の態勢を確信する。
そして2017年1月に待望の一枚を世に放つ。結成から数えて15年。彼らはようやくこの言葉を使う事が出来た。
「THIS IS FIREBIRDGASS」

01.FIRE STARTER
02.SUNDIAL
03.パンクスは豚小屋で産まれた
04.ドッペルゲンガー
05.人間牧場
06.Little Boy
07.ENOLA GAY
08.ANTI
09.愛鈍脳
10.限界突破2017
11.YOU ONLY LIVE ONCE
12.ONE FOR THE ROAD


2016/11/07 NoLA:REDSHEER split EP“GRAY MATTER”ジャケット公開




NoLA:REDSHEER
GRAY MATTER
(7inch EP+ DOWNLOAD CODE/BTR-049)
2016.12.11 ON SALE
1,500円+TAX

東京超激核音楽SPLITが実現。
若手ながらボーダーレスな活動で頭角を現してきているNoLA。重く、速く、そして時には緩急をつけつつも、超攻撃的サウンドで攻めまくる。若さ=青さではなく、若さを上手く活かし、小さくまとまる事のない、新しいハードコアの形を提示している。
対するREDSHEERは今作、渾身の1曲を収録。実験的なパートを織り交ぜつつも流石のクオリティで、聴く者を帰る事の出来ない深遠な世界へと誘う。DOPEな楽曲に絡みあう絶叫ボーカルは中毒性すら感じさせ、気付いた時には深い闇の中。そのサウンドを言葉一つでは形容出来ない事が、彼らのオリジナリティをはっきりと証拠付けている。
今作は2016年12月11日、東高円寺二万電圧にて開催される2マンライブでの販売用に限定数量にて制作している為、その後の販売については未定となります。一般販売するにしても極一部の店舗様のみ、もしくは当レーベルのWEB通販サイト限定となるかと思います。確実に購入されたい方は12月11日の二万電圧のライブに足をお運び下さい。


NoLA side
1. Filth Face
2. Ashes
REDSHEER side
1. Fall Into Oblivion




2016/10/26 NoLA:REDSHEER split EP、ENDLESS CHAOS CD ほぼ同時リリース 




NoLA:REDSHEER
GRAY MATTER
(7inch EP+ DOWNLOAD CODE/BTR-049)
2016.12.11 ON SALE
1,500円+TAX

東京超激核音楽SPLITが実現。
若手ながらボーダーレスな活動で頭角を現してきているNoLA。重く、速く、そして時には緩急をつけつつも、超攻撃的サウンドで攻めまくる。若さ=青さではなく、若さを上手く活かし、小さくまとまる事のない、新しいハードコアの形を提示している。
対するREDSHEERは今作、渾身の1曲を収録。実験的なパートを織り交ぜつつも流石のクオリティで、聴く者を帰る事の出来ない深遠な世界へと誘う。DOPEな楽曲に絡みあう絶叫ボーカルは中毒性すら感じさせ、気付いた時には深い闇の中。そのサウンドを言葉一つでは形容出来ない事が、彼らのオリジナリティをはっきりと証拠付けている。
今作は2016年12月11日、東高円寺二万電圧にて開催される2マンライブでの販売用に限定数量にて制作している為、その後の販売については未定となります。一般販売するにしても極一部の店舗様のみ、もしくは当レーベルのWEB通販サイト限定となるかと思います。確実に購入されたい方は12月11日の二万電圧のライブに足をお運び下さい。


NoLA side
1. Filth Face
2. Ashes
REDSHEER side
1. Fall Into Oblivion




ENDLESS CHAOS
ENDLESS CHAOS
(CD/BTR-048)
2016.12.10 ON SALE
1,200円+TAX

宮崎県は都城市を中心に活動を続けてきたハードコアバンド、ENDLESS CHAOS。以前各地のパンクショップにてDEMO CD-Rが販売されており、気になっていた方も多いのではないでしょうか。そんな彼らがフランスのKICK ROCKからリリースしたEPが遂にCDとして再発!伝統的なJAPANESE HARDCOREサウンドをしっかりと踏襲した、猪突猛進ストレート・アヘッド・ハードコアにノックアウト必至。シンプルながら力強い日本語でしっかりとしたメッセージを乗せ、伝統ある日本のハードコアシーンに新たな1ページを刻む。

1. 哀歌
2. 月影
3. 覚醒
4. 烈火
5. ----


2016/10/12 DISGUNDER:SWARRRM split EP、BUTCHER(USA)CD 同時リリース 




DISGUNDER:SWARRRM
SKYLAB HURRICANE
(7inch EP+ DOWNLOAD CODE/BTR-048)
2016.11.9 ON SALE
1,200円+TAX

東西GRIND頂上対決スプリット作品!
GRIND/THRASH/HARDCORE/METALなどなど、あらゆるエクストリームなジャンルの壁を越え、衝撃的なライブパフォーマンスでも注目を集めている、Tokyo Darkness Possessed Grinder「DISGUNDER」。今作も猪突猛進のGRIND ATTACKで会心の2曲を収録。
対する日本が誇るCHAOTIC GRIND GOD「SWARRRM」。近年作で聴かせている独特なボーカルラインを乗せた、こちらも超攻撃的な楽曲を収録。言葉選びひとつ取っても一味違ったセンスを感じられ、最前線にいる王者の風格を醸し出している。
共に"GRIND"という共通項はあれど、表現の仕方、熱の発し方など、似て非なる精神を感じ取る事が出来る。作品タイトルから若干の遊び心こそ感じられるものの、楽曲に関しては両者一歩も譲らず。現代エクストリーム・ミュージックの一つの終着点を見事に体現した作品であると断言致します。
MP3ダウンロードコード付、数量限定500枚プレス。

DISGUNDER side
1. UNREASONABLE EXECUTION
2. GHOST SYSTEM
SWARRRM side
1. かりそめ
2. 首輪しゃぶってな




BUTCHER
HOLDING BACK THE NIGHT
(CD/BTR-047)
2016.11.9 ON SALE
1,500円+TAX

元WORLD BURNS TO DEATHのJACK CONTROLが在籍するハードコアバン ド、BUTCHERの1st LPが遂にCD化!2016年には鉄アレイとのUSツアーも敢行し、日本でもその名を知る人が増えてきているのではないでしょうか。サウンドの方はWORLD BURNS TO DEATHが好きな方は間違い無いのは言わずもがな、更にドラマチックに、更に激しく進化を遂げております。古き良きUSハードコアスタイルに日本のハードコアのエッセンスを存分に加え、全HARDCOREファンの琴線に触れる事間違い無しの仕上がり。また、JACK CONTROLはUSのEnormous Doorでエンジニアとしても活躍しており、日本ではFORWARDが全幅の信頼を置いている他、全世界から彼の手でのマスタリングを望む声が絶えない程の腕前で、今作品の音作りも超一級品。ゲストギターとしてFORWARDのギタリスト、SOUICHI氏も参加しており、ジャケットデザインはLIPCREAMのDVDシリーズでもお馴染みのTOMOHIRO MATSUDA氏。正に言う事無しの作品です。

1. HOLDING BACK THE NIGHT
2. SMASH THE REFLECTION
3. IN THE MIDST OF A STORM
4. DAWN BREAKS
5. A BREATH OF WIND
6. THE TOP OF THE MOUNTAIN
7. DOUBT ABOUT IT
8. IGHTNING STRIKE
9. SUSPICIOUS MIND
10. ER GRASSES


2016/8/27 DISGUNDER:SWARRRM split EP 




DISGUNDER:SWARRRM
SKYLAB HURRICANE
7inch EP


詳細後日

2016/8/11 VERTRAFT初となるスタジオ音源CDリリース




VERTRAFT(ベルトラフト)
BSSJHC Conf.01 (ビーエスエスジェイエイチシー カンフ.01)(BTR-042)
CD 1,200円+税
2016年9月14日発売


ENSLAVE、noy、even today(EVNTDY)のメンバーにより、2014年に結成した東京発カオティックHCバンド、VERTRAFT(ベルトラフト)が初の正式スタジオ音源となるE.Pをリリース。
"BLACK SIDE SOLUTION JAPANESE HARDCORE"を標榜し、ヨーロッパのネオクラストの影響を取り入れつつ、現代の日本流ハードコアを鳴らしている。
ジャケットはすべてDIYの手作りでシルクスクリーンで製作された、完全数量限定生産。
Vo:Ryo Tajima、Gt:Syouhei Okane、Ba:Shingo Naka、Dr:Yuichi Satoの正式メンバーに加え、スピリチュアル・ディレクターとしてCLEAVEのTomo Kamataがヘルプ参加している。


1.OO
2.Drizzle
3.BLANKS
4.minutes
5.Daydream
6.Extension


bandcamp

HP

2016/6/9  Self Deconstruction フルアルバム、ZERO(USA)ディスコグラフィーCD




Self Deconstruction
WOUNDS(BTR-043)
CD 1,500円+税
2016年7月13日発売


東京のFREE STYLE GRIND / POWER VIOLENCE バンド、Self Deconstructionの衝撃的2ndアルバム!ベースレスの3ピースで、1曲1分に満たない、激烈なショートカットチューン23連発でノックアウト必至。女性とは思えない絶叫とデスヴォイスを巧みに使い分けるKubine氏のボーカル、テクニカルな面と荒削りな面、両面が見事に光るKuzuha氏のギター、複雑怪奇なビートを怒涛の勢いで叩きまくるJiro氏のドラム。全てが三位一体となって押し寄せる様は新世紀GRIND/HARDCOREの夜明けを感じさせるものである。ライブステージにおいても、ならず者、かぶき者がひしめくアンダーグラウンドシーンの中で一際の異彩を放ち、激しいパフォーマンスも相俟って独自の世界観を見事構築している。数々の来日バンドのサポートをこなし、圧倒的なパフォーマンスを披露しているが、2014年には世界的なエクストリーム・ミュージックの祭典、Obscene Extreme Festival Asia に出演。2015年の同フェスではMERZBOWとのコラボレーションライブを展開し、そのボーダーレスな活動は音楽フリーク達に衝撃を与え続けている。

1.Disaster
2.Ain't it fun
3.Spring's trend
4.Pay up
5.Dog
6.Vulture
7.Our graves
8.Dear weekend
9.Malice
10.Psychowhore
11.Taken for granted
12.Deeper
13.Not for me
14.You deserve
15.Possession
16.It was rain
17.No savior
18.The burden
19.Hazard
20.Virtue
21.Force fed
22.Mess
23.Grace period




ZERO
ZERO(BTR-043)
CD 1,500円+税
2016年7月13日発売


アメリカ、ミネアポリスのBURNING SPIRITS HARDCORE、"ZERO"の1st LP、1st EP、2nd EPをぶち込んだ、現時点でのディスコグラフィーCD!日本のハードコア、特にDEATH SIDEからの影響を強く感じさせる、熱く、ドラマチックに展開されていくハードコアサウンド。MELLOWかつDRIVIN'、そして熱いコーラスが随所に散りばめられており、正にその手の直系ながら、このバンドは頭一つ抜きん出ているセンスを感じる。音作りは勿論、世界観がしっかりしているからだろうか、聴けば聴くほどのめり込む事が出来る。DEATH SIDEやFORWARD、鉄アレイなどが作り上げた"BURNING SPIRITS HARDCORE"はもう日本だけの物ではなく、遠いアメリカでもしっかりと根を張った存在となっているのである。 FORWARDも全幅の信頼を置き、全世界のHARDCOREバンドのサウンドを作ってきたENORMOUS DOORによるマスタリング、そしてジャケットはSUGI氏入魂の作。現行HARDCOREの一つの進化の形、是非とも体感して頂きたいと思います。

1. The Grimace Below
2. Whispers
3. Real Me Watching Me
4. Dark Streets
5. Zero
6. At War With The World
7. Under The Mask
8. Endless Fight
9. Life's A Maze
10. The Mirror
11. Love Ends
12. All Seeing Eyes
13. Paradox


2016/6/1  WARHEAD 1st EP 25周年記念再発!




WARHEAD
CRY OF TRUTH(BTR-037)
7inch RECORD 1,000円+税
2016年6月23日発売


狂都HARDCORE!説明不要、世界のWARHEADの1stシングル、大名作「CRY OF TRUTH」がリリース25周年を記念して正規再発!ノイジーに爆発するサウンドに、喉が引き裂けんばかりの咆哮。今も走り続けるWARHEADの原点がここに。オリジナルを忠実に再現したポスタースリーブ、インサート付仕様。さらに今回は通常の黒盤に加えて赤、黄色、白のカラー盤も有。限定プレス、国内流通分は合計300枚。

1. Cry Of Truth
2. Suicide
3. Fight Without Fear
4. You In Corruption
5. Your Own Crime




WARHEAD
CRY OF TRUTH Tシャツ
2,500円+税
2016年6月23日発売


※こちらの商品は当WEBショップ限定の受注生産商品となります。
※ご希望の方は6月14日までにこちらからオーダーをお願い致します。

WARHEADの名作1st EP、「CRY OF TRUTH」発売記念!
その昔、極少枚数のみ作ったという1st Tシャツも限定再発!

COLOR: BLACK BODY x WHITE PRINT
BODY:PRINTSTAR 085-CVT
SIZE:S/M/L/XL


オーダーはこちらから ⇒ http://btrshop.thebase.in/

2016/5/22  仙台HARDCORE、ESSENCE 1stアルバム





ESSENCE
SLUM MOMENTS(BTR-039)
CD 1,800円+税
2016年5月25日発売


仙台HARDCOREの雄、ESSENCEが待望の1stアルバムをリリース!!
東北ローカルシーンの中心地、仙台に籍を置き、地に足が着いた活動を続けてきたESSENCE。 国内アーティストは勿論、多数の海外アーティスト公演のサポートも行い、その熱いライブで実力は実証済み。 エモーショナルなパーツを散りばめた激速ショートカットチューンの応酬で今作も渾身の16曲収録。 3ピースの最少人数ながらフックの効いたリフと演奏力の高さが最大限の効果を生み出している。 今作品を引っさげて全国を回るツアーも決定しており、今後の動向にも注目したい。

1. DECISION
2. IN BLACK
3. GO!
4. JOKER
5. HUMANIST BOMB TERROR
6. VOICE
7. BOLT HEAD
8. NO
9. YOU AND ME
10. 戯言
11. CONFUSION TO CORE
12. LOW POWER
13. 尊
14. FAST US IT...
15. 弱き自分の強き心
16. SLUM MOMENT


2016/3/19   鉄アレイワンマン、新作CD「LAST NIGHT」、「Ⅳ」のLP発売決定




鉄アレイワンマン
2016年5月8日(日)@新宿ANTIKNOCK
OPEN 19:00 / START 20:00
前売 2,000円 / 当日 2,500円

チケット取り扱い
ぴあ (P-code:293-790)
e+ (http://eplus.jp/)
ANTIKNOCK店頭




鉄アレイ
LAST NIGHT(BTR-040)
CD 2,000円+税
2016年5月11日発売

“ROCKET/CORE”
1,ROCKET
2,CORE
3,WELCOME TO ANALOG VIOLENCE(未発表)

“14ALL”
4,HIGHER
5,CHAIN-SMOKER
6,FOOL RIDER
7,FUCKER

“FORCE”
8,生きてる自分を誰が知っている
9,最初に足を引っ張るのは自分
10,STARTING OVER
11,FORCE




鉄アレイ
Ⅳ(BTR-028LP)
LP 2,500円+税
2016年5月11日発売

“A”
1. PRIDUSTAR
2. fool's
3. ACCELERATION -加速-
4. HOWLING
5. NEW CLEAR WATER
6. CLOUD
“AA”
1. JET ROLLER COASTER
2. CHOCOLATE
3. KISS FOR NEW GENERATION
4. LOUD
5. ADAVANA
  -SEED-


「LAST NIGHT」と「Ⅳ(LP)」は5月8日のワンマンで先行販売致します。

2016/3/2   ANSTALT(Austria)ディスコグラフィーCD




ANSTALT
Outpunking the Punks(BTR-038)
CD
1,500円+税
2016年3月2日発売


モーターヘッド型HARDCORE PUNKサウンドで全世界で人気を博したGENOCIDE SSのメンバーも所属する、オーストリアの現行HARDCORE PUNKバンド、ANSTALT! 2015年にFAREWELL RECORDSからリリースされたディスコグラフィーLPがCD化!GENOCIDE SS同様に土埃まき散らしながら爆走するR&R HARDCORE PUNKが最高にカッコイイ!熱いコーラスや若干メロディックなフックもありで、ただの金太郎飴状態にならないセンスも抜群!21曲収録で30分ちょっとのタイム感も堪らなく良いです!

1. Carbonized
2. Return of the Rat (Wipers Cover)
3. Postwar Deathcamp Blues
4. Deathwish Gogo
5. Austrian Wino
6. Westboro BC
7. My Pride is my Ignorance
8. Vodka Civil War
9. Get out of my Pocket (Chaos Cover)
10. Machete Machete
11. Wars of Tomorrow
12. Stand Back
13. Warrior
14. Another Way
15. Revenge
16. Silence
17. Honolulucaust
18. Gods rest today
19. Total Hate
20. Borderline
21. Much too old to die young


2015/12/26   NO EXCUSE : FIREBIRDGASS 光炎万丈ツアー対バン2月分まで発表




NO EXCUSE : FIREBIRDGASS
光炎万丈~Lightning Flames~(BTR-035)
発売中
1,500円+TAX

アンダーグラウンドシーンで頭角を現している2バンドのスプリットCDがリリース!
昨年リリースした1stアルバム、それに伴うツアーで全国的に知名度を飛躍的に上昇させた、東京HARDCORE新世代バンド、『NO EXCUSE』。その経験を今作では更に多彩な切り口でのハードコアとして昇華した。技術力はハードコアを計る物差しにはなり得ないが、技術力に裏打ちされた楽曲完成度、表現力の高さはNO EXCUSEの最大の武器であろう。その武器を存分に活かしながら、一際エッジの効いた楽曲で、しっかりとその存在感を示している。
そして幾多のメンバーチェンジを乗り越え、その火を絶やす事無く燃やし続ける、東京爆裂PUNK ROCK、『FIREBIRDGASS』。ドラムにYossy(ex A.O.W)を迎え、ベースには初期メンバーのKENZI氏が復帰。現メンバーによる挨拶代りにとリリースされたEPも好評を得ており、メンバー自身も過去最強のFIREBIRDGASS体制を公言。今作はパンク黎明期を彷彿とさせる、メロディーを大切にしつつもヒリヒリした感触のあるサウンドで、日本語でパンクをする醍醐味を最大限に詰め込んだ楽曲に仕上がっている。
ジャケットは世界的に有名なハードコア・イラストレーターSUGI氏による入魂の作。

NO EXCUSE
1.Never Forget
2.Don't Fuck With Me
3.Living Words

FIREBIRDGASS
4.イカレタ夢ノ Imitation World
5.プライド
6.You Only Live Once

--------
-NO EXCUSE x FIREBIRDGASS 光炎万丈TOUR-


1/17(sun) DISK UNION渋谷パンク・ヘヴィメタル館
DISK UNION pre "NO EXCUSE x FIREBIRDGASS Split CD 光炎万丈-Lightning
Flames-release instore gig "
w/ NO EXCUSE / FIREBIRDGASS (2band only!!)


1/31(sun) 名古屋RED DRAGON
"NO EXCUSE x FIREBIRDGASS 光炎万丈TOUR"
w/ NO EXCUSE / FIREBIRDGASS / REALITY CRISIS / Rotaly Beginners


2/20(sat) 博多kieth flack
"NO EXCUSE x FIREBIRDGASS 光炎万丈TOUR"
w/ NO EXCUSE / FIREBIRDGASS / STEP LIGHTLY / ALL FUCK / U span D / MxFxF


2/27(sat) 大阪新神楽
"NO EXCUSE x FIREBIRDGASS 光炎万丈TOUR"
w/ NO EXCUSE / FIREBIRDGASS / BURL / DRADNATS / 東狂アルゴリズム


more info coming soon...

2015/11/1   NO EXCUSE : FIREBIRDGASSスプリットCDジャケット公開&レコ発初日




NO EXCUSE : FIREBIRDGASS
光炎万丈~Lightning Flames~(BTR-035)
12月9日発売
1,500円+TAX

アンダーグラウンドシーンで頭角を現している2バンドのスプリットCDがリリース!
昨年リリースした1stアルバム、それに伴うツアーで全国的に知名度を飛躍的に上昇させた、東京HARDCORE新世代バンド、『NO EXCUSE』。その経験を今作では更に多彩な切り口でのハードコアとして昇華した。技術力はハードコアを計る物差しにはなり得ないが、技術力に裏打ちされた楽曲完成度、表現力の高さはNO EXCUSEの最大の武器であろう。その武器を存分に活かしながら、一際エッジの効いた楽曲で、しっかりとその存在感を示している。
そして幾多のメンバーチェンジを乗り越え、その火を絶やす事無く燃やし続ける、東京爆裂PUNK ROCK、『FIREBIRDGASS』。ドラムにYossy(ex A.O.W)を迎え、ベースには初期メンバーのKENZI氏が復帰。現メンバーによる挨拶代りにとリリースされたEPも好評を得ており、メンバー自身も過去最強のFIREBIRDGASS体制を公言。今作はパンク黎明期を彷彿とさせる、メロディーを大切にしつつもヒリヒリした感触のあるサウンドで、日本語でパンクをする醍醐味を最大限に詰め込んだ楽曲に仕上がっている。
ジャケットは世界的に有名なハードコア・イラストレーターSUGI氏による入魂の作。

NO EXCUSE
1.Never Forget
2.Don't Fuck With Me
3.Living Words

FIREBIRDGASS
4.イカレタ夢ノ Imitation World
5.プライド
6.You Only Live Once

--------
★レコ発初日★
ディスクユニオンインストア2マン!

2016年1月17日(日)
@ディスクユニオン渋谷パンク・ヘヴィメタル館
http://diskunion.net/shop/ct/shibuya_punk

ディスクユニオンにて限定のソノシート付セットをご購入のお客様をレコ発初日、インストアライブにご招待。
入場チケットはソノシート付セットをご購入のお客様に先着で差し上げる予定です。
近日予約受付開始
詳細は追って発表させて頂きます。



ディスクユニオン&ライブ会場限定ソノシート付セット(LTD.200)
2,300円+TAX

■収録内容
FIREBIRDGASS
1.STOP JAP(cover of THE STALIN)

NO EXCUSE
2.SEARCH AND DESTROY(cover of THE STOOGES)


2015/10/26   TERROR SQUAD、SWARRRM スプリット7インチリリース




TERROR SQUAD : SWARRRM
The Fierce Trinity(BTR-031)
7インチレコード+MP3ダウンロードクーポン
1,200円+税
2015年12月9日発売

収録曲:
TERROR SQUAD side
1,Born Defector

SWARRRM side
1,影
2,絆


神戸CHAOTIC GRIND帝王SWARRRM、東京METAL ANARCHY, TERROR SQUADによるSplit EP "The Fierce Trinity" 遂に完成!リリースは国内ハードコア重要作を次々と世に送り出し勢いに乗る最注目レーベルBREAK THE RECORDSより!TERROR SQUADはヒリヒリするような焦燥感を以て孤独の中を疾駆する待望の新曲"Born Defector"。対するSWARRRMは阿鼻叫喚Grind地獄絵図の中に人間の闇を描き出す"影" "絆"。両バンド計三曲を収録。Hardcore, Thrash, Grind, Metal, プログレ、全てを呑み込み孤高の領域に到達した両バンドが牙を剝き襲いかかる獰猛なる三位一体の壮絶音塊!ダウンロードコード付き!

レコ初も決定



TERROR SQUAD pre.「POSER PATROL vol.12」
The Fierece Trinity レコ初GIG

2016年1月30日
新大久保earthdom

TERROR SQUAD
SWARRRM(神戸)
ENDON
NEPENTHES
SILVER BACK(札幌)

OPEN 18:00 / START 18:30
adv. 1,800 / day 2,300
TICKET→ poserpatrol4649@yahoo.co.jp

2015/10/24   CHAOS U.K. ツアーに合わせて新作リリース決定




CHAOS U.K. / DIGITAL FILTH (BTR-036)
紙ジャケット仕様CD
1,600円(without tax)
2015年11月25日(水)発売

収録曲:
01.SICK AND BLIND
02.FULL RETREAT
03.JUST MERE SLAVES
04.EIGHTIES
05.THE LESS I SEE
06.PRESSURE
07.VOID(80's Casio re-mix)

あのCHAOS U.Kが帰って来た!ブリストルが生んだHARDCORE界のビッグジャイアントが、2015年冬の奇跡の来日に合わせ、遂に新作をリリース!JUST MERE SLAVESの再録音が収録されている時点で勘のいい方はピンと来るかと思いますが、今作は80年代当時の雰囲気と勢いを多分に含んだ、スピード・ノイジー・ハードコアの応酬となっております。サウンドクオリティは当時よりも勿論格段に上がっておりますので、新しいHARDCOREファンの方にもしっかりとアピール出来る内容に仕上がっています。何より「CHAOS U.K.の新作が2015年に聴ける」という事が最大の事件なのでは無いでしょうか。
アートワークはお馴染みのGABBA(CHAOS U.K./FUK)によるもの。また今作は特別なJAPAN EDITIONで、別途リリースされる予定の海外盤レコードとは収録内容違いの全7曲収録。限定プレスとなりますのでお早目に!



CHAOS U.K. JAPAN TOUR 2015
12月1日(火)名古屋RED DRAGON
CHAOS U.K. / 九狼吽 / opening act:SYSTEM FUCKER
DOOR ONLY 3,000円+1D OPEN18:00 START19:00

12月3日(木)広島BORDER
CHAOS U.K. / ORIGIN OF [M] / NEVER AGAIN / ESPERANZA / ASPHALT
[DJ]鉄太 / Mi-Yan
adv.3,000円+1D OPEN19:00 START19:30

12月4日(金)大阪KING COBRA
CHAOS U.K. / S∴H∵I / WARHEAD
[DJ] SHIGA-CHANG / MIKE FOSTER(MCR UK) / MINAMI(POIKKEUS / L.A.R.V.A)
adv.3,000円+1D OPEN19:00 START19:30

12月5日(土)渋谷eggman
CHAOS U.K / DEATH SIDE / 鉄アレイ
DOOR ONLY 3,500円+1D OPEN18:00 START19:00

total info
http://breaktherecords.main.jp/
info@breaktherecords.jp

2015/10/15   NO EXCUSE、FIREBIRDGASS スプリット音源リリース決定




NO EXCUSE : FIREBIRDGASS
光炎万丈~Lightning Flames~(BTR-035)
12月9日発売
1,500円+TAX

NO EXCUSE
1.Never Forget
2.Don't Fuck With Me
3.Living Words

FIREBIRDGASS
4.イカレタ夢ノ Imitation World
5.プライド
6.You Only Live Once


ディスクユニオン&ライブ会場限定ソノシート付セット(LTD.200)
2,300円+TAX

FIREBIRDGASS
1.STOP JAP(cover of THE STALIN)

NO EXCUSE
2.SEARCH AND DESTROY(cover of THE STOOGES)



2015/9/3   静岡HARDCOREスプリット!カマラーダ & Roys!!




カマラーダ:Roys / SPLIT CD(BTR-033)
2015年9月19日発売
1,500円+TAX

収録曲:
■カマラーダ
1. フレア
2. 偽善の声
3.FLOG ME
4.檻

■Roys
5. Fettar
6. Violence
7. LIAR
8.Fed Up

SHIZUOKA CITY HARDCOREスプリット!
ex-SUGARのメンバーらによる、ストレートに熱く突き進むJAPANESE HARDCOREサウンドを聴かせる「カマラーダ」と、暴走ドライブ感MAXのHARDCOREサウンドの「Roys」のガチンコ対決! 両バンド共に、MENTAL、INNOCENTS、RUSTLER、SO WHAT、DEADLESS MUSS、ZONEなどに代表される ひたすらに熱い、SHIZUOKA CITY HARDCOREサウンドを見事継承しており、この手の音が好きな方には堪らない好内容に仕上がっております。 4曲づつ収録で計8曲。for ALL JAPANESE HARDCORE MANIAC!!!



2015/9/3 CHAOS U.K. JAPAN TOUR 2015




CHAOS U.K.待望のJAPAN TOURが決定!

12月1日(火)名古屋RED DRAGON
12月3日(木)広島BORDER
12月4日(金)大阪KING COBRA
12月5日(土)渋谷eggman




CHAOS U.K. JAPAN TOUR 2015 FINAL
BREAK THE RECORDS pre.「WAR FOR PEACE vol.2」
2015年12月5日(土)渋谷eggman

CHAOS U.K.
DEATH SIDE
鉄アレイ

OPEN 17:00 / START 18:00
TICKET 3,500円+1D



2015/7/16 鉄アレイ&WARHEAD、「鉄弾頭 SUMMER TOUR 2015」Tシャツ先行販売




■鉄アレイ / WARHEAD
鉄弾頭2015 ソエデザイン

2,500円

BODY:delawear 5555-01 (6.2oz)
黒BODY × 白プリント
SIZE: S / M / L / XL




■鉄アレイ / WARHEAD
鉄弾頭2015 ロゴデザイン

2,500円

BODY:delawear 5555-01 (6.2oz)
黒BODY × 白プリント
SIZE: S / M / L / XL

上記2点を期間限定にて受注販売させて頂きます。
ツアーに足を運ぶ事が出来ない方、確実に手に入れたい方など
是非この機会にお買い求め下さい。

お支払方法:銀行振り込み(振り込み手数料はお客様負担となります)
発送方法:レターパック
送料:350円
※おひとり様で3枚以上ご注文の場合、送料に変更がある場合がございます。
その際にはご注文メールへの返信にてその旨をお知らせさせて頂きます。
受注期間:7月23日まで

■ご注文方法
下記フォーマットにて
info@breaktherecords.jp
までメールをお願い致します。
------------------------
件名:鉄弾頭Tシャツ注文の件

本文:
●ご注文内容 
鉄弾頭2015 ソエデザイン SIZE:
鉄弾頭2015 ロゴデザイン SIZE:
●お名前:
●ご住所:
●お電話番号:
------------------------
ご注文メールに振込先、合計金額を返信させて頂きます。
※info@breaktherecords.jpからのメールを受信できるように設定をお願い申し上げます
お振込み確認後、7月中に発送を完了させて頂く予定で御座います。
何か御座いましたらお気軽にお問合せ下さいませ。

2015/7/10


鉄アレイ、WARHEAD衝撃のスプリット作品リリース!


鉄アレイ / WARHEAD
鉄弾頭2015(BTR-032)
2015年8月1日(土)発売
1,000円+TAX

収録曲
1. 鉄アレイ-月下(WARHEADカバー)
2. 鉄アレイ-THE LOST SELF AND BEATING HEART(WARHEADカバー)
3. WARHEAD-KISS FOR NEW GENERATION(鉄アレイカバー)
4. WARHEAD-終わるまで(鉄アレイカバー)

日本ハードコア界の重要バンド、鉄アレイとWARHEADが手を組んだ!2015年8月に行われる「鉄弾頭 2015 SUMMER TOUR」を記念し、お互いの曲をカバーしたコンセプト作品をリリース! 鉄アレイとWARHEADの2バンドでこの選曲。この時点でニヤリとしちゃう方も多いのでは無いでしょうか。勿論仲良しスプリットの域を軽く越え、本気でぶつかり合う互いの魂が、一つの作品を生み出したという訳です。そしてソングライティングのクオリティーの高さ、それを表現するバンドの力を改めて認識させられる作品となりました。ジャケットはドイツでタトゥーアーティストとして活躍するソエ氏入魂の作!限定プレスになりますのでお早目に!






2015/4/5


2タイトルリリース決定!!


R.A.G.S / La Verdad (BTR-029)
2015年5月8日(金)発売
1,800円+TAX

収録曲
1.PUBLIC MIND 2.GET OUT 3.NUMBER Y 4.ナニソレ 5.DON'T GIVE ME NONSENSE 6.VACANT 7,NO PEACE WHY 8.豚の貯金箱 9.ANAR-K

沖縄ハードコア、“ROTTEN ASIAN GENERATES”こと“R.A.G.S”が遂に1stアルバムをリリース!愚直なまでに真っ直ぐに、暴走しまくるTHRASH HARDCOREサウンドをこれでもかと叩き付けまくる!そして沖縄に住む者として発信すべき、リアルな叫びが乗る。そのメッセージに今こそ耳を傾けるべきでは無いだろうか。兎にも角にも全てがリアル。パンク、ハードコアが好きだと言うのであればこの作品を通らない手は無いと断言致します。ジャケットアートワークはHARDCOREイラストレーターとして名高いyossie氏が手掛け、作品全体に膨らみを持たせている。
「俺達は抵抗する。全ての人々が尊厳ある道を歩む為に」



LAST / BETTER THAN TO DO NOTHING (BTR-030)
2015年6月9日(水)発売
1,700円+TAX

収録曲
1.BETTER THAN 2.HOPE EXIST 3.RISE AND FALL 4.AHEAD ONE STEP 5.BROKEN WORLD 6.CHANGE 7,WE MUST FIGHT 8.LIVING DEAD 9.NO WAY 10.WASTED

SKIZOPHRENIA!やDEATH DUST EXTRACTORなどと共に岡山の津山という土地を世界的なパンクCITYにのし上げた立役者、爆裂ハードコアパンク“LAST”の1stアルバム!今までデモやコンピレーションしか音源が無く、正式音源を待望する声が絶えなかっただけに、待っていた方も本当に多いのでは無いのでしょうか。期待を一切裏切らない、音の塊を投げつけられるが如くの血液逆流ハードコアアタック10連射に仕上がっております。古き良きJAPANESE HARDCOREのスタイルを継承しつつ、ツボを押さえたフックをしっかりと効かせてくる辺りのセンスは流石の一言。完全にPLAY LOUD or DIEな一枚です。
「壊す為ではなく守る為に希望は存在し続ける」

2015/4/1



鉄アレイ31周年記念ワンマンライブ開催
2015年5月30日(土)新大久保earthdom

その他詳細は後日アップ予定
入場者プレゼント、当日限定販売グッズもあるかも?

チケット予約はearthdomまで
新大久保earthdom



2015/2/10


FORWARD / AGAINST THEIR INSANITY
1st PRESS CD+DVD仕様は完売しました。有難う御座いました。
2nd press盤は2CD仕様となります!宜しくお願い致します!

FORWARD / AGAINST THEIR INSANITY BTR-027(2nd PRESS)
  2,500円(without tax)

収録曲:
戦争の放棄
IGNORANT ASSHOLE
SACRIFICE
PALESTINE
IMAGINE
MURDERED
COWARD
WHAT WOULD YOU DO?
REBEL AND PROGRESS
覚悟

ボーナスCD収録曲
DEVIL'S CRADLE
WHAT THE MEANING OF LOVE?

説明不要、現在日本HARDCOREにおける最重要バンド、FORWARDの2014年作フルアルバム。今作は2014年USA TOUR用に制作された最新録音音源6曲に加え、TEARGASとのスプリット、LONG KNIFEとのスプリット音源を再録音した合計10曲収録した日本限定仕様盤。 PALESTINE、戦争の放棄、MURDEREDなど、曲名を見るだけでも分かるようにFORWARDは変わらずに混沌とした現代を歌う。以前に比べ短いスパンでのリリースになったが、それ程警鐘を鳴らすべき時代になってしまったという事であろう。 この作品は結成から15年以上が過ぎても前線に立ち続けるFORWARDが示す、現代世界の“狂気への抵抗”なのである。

2ndプレスはDVDではなく、2012年のUS TOURに際して制作され、540 RECORDSからリリースされた“DEVIL'S CRADLE ep”をCD化した、ボーナスCD付きの2枚組仕様となります。

またジャケットの色味をマイナーチェンジし、1stプレスには無かった帯も付いた仕様となります。


2015/1/22


鉄アレイ / Ⅳ 発売中!
2,300円+TAX

1984年の結成以来常に最前線を走り続け、世界中に“JAPANESE HARDCORE”(本人達はそうは思っていないが...)を伝染させ続けてきておりましたが、16年ぶりのフルアルバムリリースという事で、首を長くして待っていた方も多いでしょう。
幾重の年を重ね(逮捕3回)、メンバーチェンジもありましたが、これぞ“鉄アレイ”であると断言できる大作となりました。
既にライブでは何度も披露され、音源化を待望されていたPRIDUSTARやKISS FOR NEW GENERATIONなどの曲も勿論収録!
R&Rでありながら純度100%のHARDCOREを鳴らせるのは鉄アレイならではなのではないでしょうか?
兎に角期待は絶対裏切らない入魂の全11曲!
ジャケは見てお分かり頂けるかと思いますが、荒野真司氏!

2015/1/22


反好旗 / neverfade (BTR-026)

2,000円+TAX
1. 警笛を鳴らせ
2. fight or flight
3. 幸せの末路
4. グッドメロディ
5. 自由
6. 999
7. リバースシンボル
8. 見えてない
9. 八死生
10. 過去への清算
11. one step forward
12. 移ろい行く世界の中で


DESIGN:hAkuchi

2014/10/6

PV公開!

■反好旗 / 見えてない

2014/10/05


FORWARD / AGAINST THEIR INSANITY
2014年10月29日発売 初回限定生産盤CD+DVD仕様 2,500円

今作は2014年USA TOUR用に制作された最新録音音源6曲に加え、TEARGASとのスプリット、LONG KNIFEとのスプリット音源を再録音した合計10曲収録した日本限定仕様盤。
PALESTINE、戦争の放棄、MURDEREDなど、曲名を見るだけでも分かるようにFORWARDは変わらずに混沌とした現代を歌う。
結成から15年以上が過ぎても前線に立ち続けるFORWARDが示す、現代世界の狂気への抵抗。
初回プレス分はDVD付。オーストラリアツアー時のライブ映像、オフショットなどを収録。

FORWARDワンマンライブも決定!


10月25日(土)新大久保earthdom
『BURNING SPIRITS ~FORWARD NEW CD発売記念ワンマンGIG~』
出演:FORWARD
OPEN 19:00 START 20:00  ADV.2,000- DOOR2,300-

入場者全員にソノシートプレゼント!CD先行販売あり!

---------------------

反好旗、COSMOS、KKGレコ発ギグ@札幌!

11/1(土)@KLUB COUNTER ACTION

SKIZOPHRENIA 津山
ESPERANZA 広島
反好旗 横浜
KKG
COSMOS
THE KNOCKERS
THE DRUNK BOi!S
SLANG

op19:00/st19:30
前売1500円+1D

2014/08/21


反好旗 / neverfade  (BTR-026)
2014.10.08 リリース 2,000円+税

1.警笛を鳴らせ
2.fight or flight
3.幸せの末路
4.グッドメロディ
5.自由
6.999
7.リバースシンボル
8.見えてない
9.八死生
10.過去への清算
11.one step forward
12.移ろい行く世界の中で

初めて反好旗を知ったのは何年前かな?随分前だよね。
その頃僕が渋谷のLUSHを使って3ヶ月に1回位の頻度でブッキングをやっていて。そこにちょこちょこ出てもらってて。

コウスケが選ぶ日本語がすげー真っ直ぐだったりするからライブ中もその世界に入りやすくて。 彼らは一見HATEな感じなんだけど、なんつーかしっかりLOVEもあって。 HATEを撒き散らして終わるタイプが苦手だったりするからそうじゃない反好旗は僕にとってストライクで。 あとコウスケと話していると表しかないからこっちも腹割って話せる。だからお互いの気持ちが交わらなかった時期もあったりでね(笑)。

で、少し時間が空いて久々にFEVERで見たときにメンバーが笑いながらやってて。 なんかすげー嬉しかったんだよね。以前にも増してライブ中もより自然体に近い形で自分たちを表現出来てるみたいで。 うんうん。あの瞬間をまだ全然覚えてる。結局人間臭いバンドが好きだからね。

そんな彼らがようやくアルバムを作りました。おめでとう。 内容を語るのは人それぞれだからやめとくけど、とにかく「素直」な1枚に仕上がってると感じました。

コウスケがこれを聴かせてくれるときに「すげー良いの出来たんです!」って嬉しそうに言ってきたのが全てかと。 何の迷いも無いバンドはある意味無敵状態だから。この期を逃さずにこの作品を掲げて自分達の思うがままにガンガン突き進んでくださいね。

RYOSUKE(FxYxHx,HCFC,STEP UP RECORDS)

後日PV1本目発表


レコ初も決定!!

10.19 at 横浜GALAXY

反好旗pre 抉別vol.6
反好旗 ”neverfade” & Orion ”Party Knights” release show

反好旗
Orion
Deepcount
RIDDLE
ENDZWECK
WORLD
NO EXCUSE

...and more!

2014/08/10


COSMOS:KKG / split CD “ILLEGAL (BTR-023)
COSMOS / DEMO TRACKS (BTR-024)
!!!!!!!NOW ON SALE!!!!!!!!

一先ず先にKKGのOFFICIAL VIDEO公開!COSMOS分も現在敏腕ディレクターが鋭意編集中!
『KKG / Deep in a Dream』

ORION / Party Knights (BTR-022) 
!!!!!!!NOW ON SALE!!!!!!  
 
CD製作費の3倍の費用を投じたOFFICIAL VIDEOも公開中! 
『ORION / パーセントterorrist』

2014/06/20


KKG:COSMOS / split CD “ILLEGAL” (BTR-023)
2014.08.06 ON SALE!!!  1,500円(+税)
SAPPORO CITY HARDCORE!独自の世界観を持つバンドが、細分化されたジャンルなど関係無くひしめき合い、
しのぎを削る中で構成された現在の札幌PUNK/HARDCOREシーン。
その中でも一際黒く光るKKGとCOSMOSの両雄が遂に並び立つ!札幌から世界へ、非合法なまでに暴力的な轟音が響き渡る。



COSMOS / DEMO TRACKS(BTR-024)
2014.08.06 ON SALE!!!  1,200円(+税)
結成より制作した全てのデモ音源をリマスタリング、そして新曲を2曲追加した音源集!
新たな彩りで、今再び反骨ノ華を咲かす!

2014/06/01


BREAK THE RECORDS NEW RELEASE!
Orion 1st ALBUM『Party Knights』(BTR-022) \1,500+(TAX) 8tracks inc
2014.07.16 ON SALE

2014/02/20

■NO EXCUSE / 光の射す方へ  MV配信中!監督は眞山 広樹氏!


■NO EXCUSE / CODE 先行試聴配信中!


2014/01/18


BREAK THE RECORDS NEW RELEASE!!
NO EXCUSE / Uprising (BTR-021)
2,000円(+TAX)
2014年2月26日リリース