news

2022/5/22 経血 『kankai』LP




経血 / kankai
(LP/BTR-122)
2,500円+税
2022年6月29日(水)発売



予約購入はこちら
試聴/デジタル購入はこちら

茨城県で活動する昭和スタイルハードコアパンクバンド"経血"の14曲入りセカンドアルバムがLPとして再リリース! 現在進行形で全ての人に影響を与えている"コロナ禍"と言われる状況の中、制限されたライブ活動の時間を楽曲制作に充当し生み出された全14曲。"生き急ぐ"事をテーマに、コロナ禍で過ぎて行く時間を取り戻す如く、怒涛のハードコアパンクナンバーが中心になっている。特にライヴでも好評の"蒼い彼岸花"はハードコアパンクと歌謡曲要素を合わせた渾身の1曲に仕上がった。ジャケットデザインはCDとは異なるもので、これまた異彩を放つものだ。 限定500枚プレス。前作LPも予約完売状態だった為お早めに。

Side-A
01.obsession
02.ハナアブ
03.戯言
04.モルヒネ
05.self neglect
06.stimulate
07.kill the dog

Side-B
01.タイプA
02.イカレキノコ
03.イアンのバカ
04.normal life
05.コノナ禍
06.蒼い彼岸花
07.論理ness

2022/4/1 BACARA 1st LP Release!!




BACARA / BACARA
(LP/BTR-121)
3,000円(税込)
2022年5月5日発売

レーベル直通販限定100!LPジャケットデザインを落とし込んだ手拭い付きセットも!
LP+手拭いセット 4,000円(税込)
手拭いサイズ : 915mm×315mm

予約購入はこちら
試聴/デジタル購入はこちら

カセットテープでリリースされ、瞬く間に完売となったBACARAの1stアルバムが多くの要望にお応えして、リマスタリングを施し、デザインも一新してLPにて再発売!
シンプルなロックサウンドをベースにしながら、それぞれのバックボーンが端々に垣間見える楽曲の数々。人間音楽であるこの作品は、どんな人の人生にも自然と馴染んでいく事だろう。
限定300枚プレスにつき、お早めに!

Side-A
01.一滴
02.骨まで溶けて
03.衝動
04.転がる果実

Side-B
01.水曜日の雨
02.盲と愛
03.生きてるだけなら
04.解放の唄


2022/3/18 Crunk new CD Release!!




Crunk / Demo 02
(CD/BTR-128)
1,200円+税
2022年4月21日発売

予約購入はこちら
視聴/デジタル購入はこちら

2021年4月に7インチレコードでリリースした"Demo 01"が即時完売。その後CDとして再リリースするも、軒並み完売で3rdプレスまで到達するなど、今最も勢いのあるバンドの一つ、Crunkが満を持して"Demo 02"をリリース!
着実なライブ活動やその評判でも、ただの話題先行でない事は実証済み。海外からの反応もリリースを境に増え、注目度は上がっていくばかりだ。そういった中で経験を積み重ね、現行バンドとしてこれまでのハードコアをしっかりと昇華し、自身の表現に結び付けている。サウンド的には前作同様オールドスクールスタイルが前面に立つが、衝動だけに終始しないような深みも感じられる。Demoと言うには諸々のクオリティが高く、更なる可能性を感じさせるものとなっている。

Crunk's "Demo 02" is now available. One of the most exciting bands today, their 7" "Demo 01" sold out immediately after its release in April 2021. The re-release on CD followed suit, reaching a 3rd press while selling out across the board. The band gained its reputation through a steady stream of live shows, proving positive rumors to be true. With the release of their recordings, their popularity overseas has only increased. Crunk creates a sense of present-day hardcore by leaning into hardcore of the past but combining that with their freedom of expression. Like their previous work, Crunk's old school sound can be heard at the forefront, yet also provides a kind of profoundness. This release surpasses demo quality and teases the potential of future releases.

01.Rebuild
02.How I Feel
03.Greed
04.Participate


Crunk pre.
“Bang Colors vol.2"
4/16(sat)下北沢LIVE HAUS

Open/Start 17:00/17:30
Adv/Door ¥2,000/¥2,500(+1D)
※18歳以下1Dのみ

Crunk
MASSPRESS (会津)
North by Northwest
OOPS (大阪)
PROM

※ご予約はcrunkjp.comか各バンドへ
※Demo 02を先行販売いたします


2022/3/17 PAINTBOX CD 4タイトル同時再発!!!!


日本ハードコア史にその名を深く刻んだPAINTBOX。長く入手困難な状態が続いていた3枚のアルバムとシングルコレクションが、紙ジャケット仕様CDにて一挙再発!
予約購入はこちら




PAINTBOX / Singing Shouting Crying
(紙ジャケットCD/BTR-124)
2,500円+税
2022年4月27日発売

オリジナルは1999年、「情景の見えるハードコア」を目指し結成されたというPAINTBOXがハードコアの新たな1ページを開いた1stアルバム。宗氏の"メロディーを叫ぶ"ボーカルスタイルを抜群に活かす、チェルシー氏のソングライティングに心の底から感服させられる。独特のスピード感で疾走しつつ、バンドの屋台骨を支えるスグル氏のドラムも欠かすことは出来ない。様々な要素が絡み合い、無敵のバンドによる唯一無二の作品の完成と相成った。この1stアルバムのみ最新リマスタリングが施されており、ジャケットはLPバージョンのものに更に手を加えた新装版となる。

Formed with the aim of creating "the landscape of hardcore," the release of PAINTBOX's trailblazing first album in 1999 set the scenery. A true masterpiece of the genre, CHELSEA's songwriting channels MUNE's vocal style of "screaming the melodies" to a chilling harmony. The band's backbone, SUGURU's drums, braces a unique sense of speed that sets the band free to run. These various elements intertwined result in a one-of-kind work by an unrivaled band. Only this first album has undergone the latest remastering and the cover art features a new version of the LP with further alterations.

01.Oneside Surprised
02.刻 -Koku-
03.猿戦 -サルバトル-
04.もう、やってらんねぇよ
05.Sing A Crying Song
06.どうしようもねえ世の中
07.Cry Baby
08.Instant Make Your Dream
09.衝動
10.Running In Step
11.雲行き
12.Brimful Feeling
13.鏡面の世界
14.嘘だらけ
15.未来



PAINTBOX / Earth Ball Sports Tournament
(紙ジャケットCD/BTR-125)
2,500円+税
2022年4月27日発売

1stアルバムから僅か1年でリリースされた2000年作2ndアルバム。多作で知られるチェルシー氏ではあるが、短期間でこのクオリティの楽曲を揃えられると思わず言葉を失ってしまう。前作よりも攻撃的なハードコアを聴かせつつ、全体的な広がりも感じられる。巧みな言葉遊びを取り入れた歌詞にも磨きが掛かり、PAINTBOX流のハードコアがより一層はっきりと確立された作品に仕上がっている。

Just one year after their first album, 2000 marked the release of PAINTBOX's 2nd album. CHELSEA, who is known for his prolific writing, astounds us even more with the quality of these songs in such a short period of time. The lyrics are polished to incorporate clever wordplay and, compared to their last release, is a more aggressive kind of hardcore. Yet overall, this release is also more expansive. PAINTBOX's sound of hardcore is thoroughly established in this work.

01.百糸一繭
02.切迫
03.Round & Roll
04.ケモノ
05.傷跡
06.Ring On
07.大逆
08.W.W.W.W.
09.彩果て
10.Music, Color & Dream
11.Sleepless Going On
12.舵
13.惑惑(マドワク)
14.罰災



PAINTBOX / Trip, Trance & Travelling
(W紙ジャケットCD/BTR-126)
2,800円+税
2022年4月27日発売

製作開始の2001年初頭から紆余曲折を経て8年半。とてつもない時間、労力をかけて制作された大作、2009年作3rdアルバム。制作が完全に停止してしまった期間もあったものの、2007年チェルシー氏の突然の訃報を受けてこの作品を世に残すべく使命感を燃やし、ハードコアの枠を超えたマスターピースを作り上げた。コンセプトアルバムとしての側面を持つ本作、多様なスタイルを自由自在に取り入れているにも関わらず、バンドとしてのブレは一切感じない。寧ろこれこそがPAINTBOXと言えるのではないだろうか。

Eight and a half years of tremendous time and energy produced PAINTBOX's 3rd album. Production on this album began in 2001, but through twists and turns and periods on hold, this great release was completed in 2009. The sudden passing of CHELSEA in 2007 inspired the band with the mission to preserve this work for the world to enjoy. The result is a masterpiece that transcends the boundaries of hardcore. Despite freely incorporating a wide variety of styles, the essence of the band remains crystal clear in this concept album. In fact, this is what PAINTBOX is all about.

01.Fly On The Ship~Cry Of The Sheeps
02.Praying
03.ヤマアラシ
04.Mental Picnic
05.雪解け
06.大地救
07.音頭
08.Big Ant (70km/h version)
09.因果応報
10.月夜野
11.ゲンセキ
12.脳天バップ
13.Expiry
14.Sing A Crying Song
15.空蝉
16.出発



PAINTBOX / Relicts [Single Collection]
(紙ジャケットCD/BTR-127)
2,500円+税
2022年4月27日発売

アルバムからのシングルカットである"ゲンセキ"を除く、98年リリースの1stシングルから、全ての7インチ音源、そして"Tribute To Masami / 汚れなき豚友達へ!!"への提供楽曲を収録したシングル・コレクション。こうして聴くと1stシングルから唯一無二のスタイルを持ち、常軌を逸したレベルのパフォーマンスを披露していた事を再認識出来る。また遊び心を忘れない所もPAINTBOXらしさの一片と言えるだろう。'99年~'02年のライブから宗氏がセレクトした音源を追加した全20曲収録。ジャケットはPRANK RECORDSよりリリースされたLPバージョンのデザインとなっている。

This is a collection that includes PAINTBOX's singles from their first single in 1998, all their 7" recordings, and "Tribute to Masami / 汚れなき豚友達へ!! (To Our Unsullied Pig Friends!!);" all recordings with the exception of "ゲンセキ(Genseki)" which is a single cut from the album. Listing to this collection provides a special perspective on PAINTBOX's unique style that has stood since their first single and beyond throughout their performances and playfulness. This release contains a total of 20 trackings, including additional material selected by MUNE from live shows between 1999 and 2002.

01.炎
02.砂漠
03.The Door
04.Provided Railroad
05.Back Reporter
06.害虫の詩
07.Cry Of The Sheeps
08.Big Ant
09.別未来
10.汚れなき豚友達へ
11.Thorn In My Side (Plastic Pump)
12.Improvisation〜別未来
13.ケモノ
14.猿戦 -サルバトル-
15.刻
16.舵
17.どうしようもねえ世の中
18.Running In Step
19.罰災
20.Cry Baby


2022/1/22 RUIDOSA INMUNDICIA new CD Release!!




RUIDOSA INMUNDICIA / IRA
(CD/BTR-119)
1,800円+税
2021年2月16日発売
予約購入はこちら

二度の来日で既に日本でもお馴染み、現行ヨーロッパ圏HARDCORE最高峰バンドとして名高い、オーストリアのRUIDOSA INMUNDICIAが最新作アルバムをリリース!
日本各地を席巻し、その名を広めた2011年の日本ツアーから早10年。2016年の日本ツアー以降は音沙汰なしだったRUIDOSA INMUNDICIAですが、そろそろ出ると長く噂になっていたフルアルバムが遂に完成!時を経て尚その勢いは少しも衰えず。シンプルなショートカット・ハードコア・ソングを連発するスタイルながら、ボーカルCaloの常軌を逸したテンションによる存在感も相俟って、他に類を見ないオリジナリティを放つ。RUIDOSA INMUNDICIAはまごう事なきライブバンドですが、音源としてのクオリティも素晴らしい。日本のみならず、様々な地での数々のツアーを経て培った、一つのバンドとしての力が現行最高峰バンドたる所以である。

Austria's RUIDOSA INMUNDICIA have released their latest album! RUIDOSA INMUNDICIA toured Japan first in 2011, and then again in 2016. With time, their name rose to prominence, both here and in Europe. Since their last tour, RUIDOSA INMUNDICIA have laid low, but rumors of their long-awaited album have come true! The band consistently produces short cut, hardcore songs. Alongside vocalist Calo's unconventional energy though, the band radiates unparalleled originality. Even after all these years, their momentum has not waned one bit. RUIDOSA INMUNDICIA is unmistakably a live band, but their recordings are also excellent. Through their tours around Japan and everywhere else, RUIDOSA INMUNDICIA have reached heights where they may be called on the of the best bands in the world today.

01.El Final
02.Cobardes
03.Poseidos Por La Idiotez
04.Soy Tu Igual
05.Veneno En Mis Venas
06.Memorias
07.Decepcion
08.De Golpe Has Caido
09.Amanecer
10.Pesadillas
11.Oscuridad
12.Falsedad


2022/1/19 EYESCREAM discography CD Release!!




EYESCREAM / THE END -complete discography-
(CD/BTR-115)
2,300円+税
2022年2月16日発売

予約購入はこちら

2018年の結成から2019年のラストライブまで、非常に短い活動期間で大きな注目を集めつつも解散となった仙台の至宝、EYESCREAMのディスコグラフィーCD!
ほぼ無名状態でリリースされた1stカセットテープが口コミレベルから大きく全国、そして世界へと波及。80年代ハードコアのテイストをふんだんに含んだサウンドは、逆にこの時代に鮮烈なインパクトを与えた。強烈なメッセージを剥き出しの感情で叫ぶボーカルも凄まじく、話題性に違わぬ実力を見せ付けたのである。
単独音源としてはカセットテープ2本、そしてNO NO NO、経血との3WAYスプリットをリリースしているが、全て現在は入手困難で高騰状態。今作はそれらの音源全てと、惜しくも解散ライブとなってしまった2019年8月11日、西横浜EL PUENTEでのライブ音源をほぼ全曲収録した、コンプリートディスコグラフィーとなっている。

From their formation in 2018 to their last show in 2019, EYESCREAM, a short-lived but well-received hidden gem of Sendai, have released their complete discography on CD.
When they released their first cassette they were very much an unknown band, but word spread quickly throughout Japan and then the world. Their sound, heavy on the 80's hardcore influence, drew great attention in this era. The vocals, baring emotion onto powerful messages, were just as tremendous as the buzz surrounding them.
So far their releases tally up to 2 independent cassettes and a 3 way split with NO NO NO and 経血 (KEIKETSU)--all of which have skyrocketed in price and rarity. This release is a complete discography containing all of their previous records and a live recording of their regrettably final show on 08/11/2019 at Nishi-yokohama EL PUENTE.

Taken from 「EYESCREAM」(2018)
01.ウジ虫
02.玩具箱
03.金
04.ジ・エンド
05.ブレイクスルー
06.臆病者
07.ダンスマイライフ
08.No Peace

Taken from 「I SCREAM」(2019)
09.依存症
10.寝てんじゃねえよ
11.パラサイト
12.滅亡
13.カリツクセ
14.Liberate
15.ゆびきりげんまん
16.Broken Head

Taken from V.A.「Croon A Lullaby」(2019)
17.漂流者
18.No Peace
19.ステージ
20.ウジ虫

Live at YOKOHAMA EL PUENTE (11th AUG 2019)
21.ステージ
22.玩具箱
23.ダンスマイライフ
24.ゆびきりげんまん
25.漂流者
26.ジ・エンド
27.Broken Head
28.No Peace
29.ウジ虫

2021/11/22 Kürøishi New Album Release!!



Kürøishi / Käärme Sisälläsi, Myrkyttää Maailmani
(CD/BTR-118)
1,500円+税
2021年12月17日発売

フィンランド現行ハードコアバンドの中で最もアグレッシブな動きを見せ、ここ日本でもツアーを行うなど注目を集めているKürøishiが新作アルバムをリリース!
陰鬱とした雰囲気を内包しつつ、ひたすら突き進んでいくハードコアスタイルは健在だが、メロディーを奏でながら絡むギターのフレーズがより印象的に響く。同郷のSELFISHなどと同じく、BURNING SPIRITS HARDCOREの影響が色濃く感じられる。音作りも以前同様素晴らしいもので、現代ハードコアの完成形の一つと言えるのではないだろうか。様式美に終始する事なく、様々な進化が曲中に散りばめられているので、飽きを感じさせる事はない。多作な中でも常にアップデートを続けてきた、正にKürøishiらしいアルバムが完成した。 ジャケは1stアルバムからメイン画を手掛けているSUGI氏。アートワークと音の共鳴も最高潮まで高まっている。

Kürøishi, one of Finland's most aggressive hardcore bands, has released a new album! Since their tour in Japan, Kürøishi have received much attention. This new album is shrouded in an atmosphere of gloom where melodic phrases on guitar echo with expansiveness, while the band's hardcore style is kept in tact. Like their fellow countrymen SELFISH, the influence of BURNING SPIRITS HARDCORE can be strongly felt here. The sound production is as great as ever and various evolutions are sprinkled across the songs with no end to the stylistic beauty of the music.  This album could be called a perfect example of modern hardcore. You will never feel bored. Kürøishi is a band who have constantly updated themselves over their output and this is truly a Kürøishi album. The artwork was made by SUGI, the artist since their 1st album, and resonates precisely with Kürøishi's sound.

01.Naula
02.Deal With It
03.Klaritet
04.Levels of Disgust
05.Givers Turn Into Takers
06.Kuro
07.Thoughts Like Razors
08.The Future Looks Bright
09.Scythe Keeps on Grinding
10.Blank State of Mind
11.Framtids Visioner
12.Käärme Sisälläsi, Myrkyttää Maailmani


2021/9/30 BACARA 1stアルバム 発売延期のお知らせ


10月6日発売のBACARAのカセットテープですが、プレス工程の遅れが発生しております。
大変申し訳ございませんが一旦発売は延期とさせていただき、
入荷の目途が立ち次第再度のお知らせをさせていただきます。
ご迷惑をお掛けしまして大変申し訳ございません。



BACARA / BACARA
(カセットテープ/BTR-114)
1,500円(税込)
発売延期
予約購入はこちら

これまで音源のリリースこそなかったものの、様々なライブに出演し、界隈では既に話題となっているBACARAが1stアルバムをカセットテープでリリース! シンプルなロックサウンドをベースにしながら、それぞれのバックボーンが端々に垣間見える楽曲の数々。骨太な演奏と絞り出すようAKITSUが愛を叫ぶ。どこか"生活"を感じさせるような、初めて聴いてもどこか懐かしいような、正に人間音楽であるこの作品は、どんな人の人生にも自然と馴染んでいく事だろう。 限定300本プレスにつき、お早めに!

Despite not having released any music thus far, BARACA's appearances at shows have been stirring waves in the community. Now, BACARA's 1st album is set to be released on cassette!
At first glance, their sound is simple and based in rock, but they also provide glimpses of each member's distinctive roots. The bold presence of AKITSU's vocals echoes into the heart of the listener. It feels eerily nostalgic in its humanness. It even feels refreshing to hear a sense of "lifestyle" within the sound. This perfect balance will become naturally familiar to anyone.
But heads up! This is limited to 300 copies.

A面
01.一滴
02.骨まで溶けて
03.衝動
04.転がる果実

B面
01.水曜日の雨
02.盲と愛
03.生きてるだけなら
04.解放の唄


限定カセットプレイヤー付セット
(カセットプレイヤー+カセットテープ)
5,000円(税込)
レーベル直販限定販売50セット
予約購入はこちら

動作仕様・規格
⚫︎ トラック方式 (Hi-Fiステレオ)
⚫︎ 再生方式 (オートリバース機能切替付)
⚫︎ 機能 (再生・停止・早送・巻戻・音量)
⚫︎ 出力 (3.5mmステレオミニ端子)
⚫︎ USBフォーマット (FAT, FAT32, exFAT)
⚫︎ USB録音フォーマット (MP3)
⚫︎ 電源 (1.5V単三乾電池2本又はUSB給電)
※ 本製品には充電機能はございません。
⚫︎ 連続再生時間 (約1時間:単三乾電池使用時)
⚫︎ サイズ (112mm x 80mm x 31mm)
⚫︎ ディバイス重量 (186g)


2021/9/16 DEATH SIDE 未発表音源7インチ+DVD



DEATH SIDE / Unreleased Tracks & Video Archives
(7インチ+DVD/BTR-114)
2,500円+税
2021年10月16日発売

JAPANESE HARDCOREの代名詞"DEATH SIDE"がまさかの未発表音源7インチと、貴重な映像をまとめたDVDをリリース!
未発表音源は89年発売のSLICE RECORDS主催名作オムニバスLP、「Game Of Death」のレコーディング時のもので、メンバーそれぞれが1曲ずつボーカルを取っている。4曲中2曲はベネフィットでデジタル販売されたものだが、残り2曲は完全未発表。正に事件と言える内容である。
DVDは80年代後半~90年代に渡る映像に、現在のメンバーへのインタビューを交えた編集。ネット上でも公開されていない映像を多く含む、こちらも非常に貴重なものだ。
ライナーノーツは愚鈍(GUDON)やSYSTEMATIC DEATH、BASTARD、JUDGEMENT、HALF YEARSなどで活躍し、DEATH SIDEと共に日本ハードコアの歴史を築き上げたZIGYAKU氏。
ゲートフォールドジャケット、7インチ収録曲のダウンロードコード付き。

DEATH SIDE, who's legendary status is synonymous with JAPANESE HARDCORE, is here with an unreleased 7" and precious DVD footage.
Two out of the four songs were previously released for digital charity benefits, but the remaining two songs are completely unreleased. These songs were recorded in '89 for SLICE RECORD's compilation Game of Death when each member recorded their own vocals. How these songs remained hidden is truly a mystery.
The DVD contains footage from the late 80's to the 90's complied with current interviews with the members. Much of this footage is also unreleased and has never been uploaded to the internet.
The liner notes are written by ZIGYAKU of GUDON(愚鈍), SYSTEMATIC DEATH, BASTARD, JUDGEMENT, HALF YEARS, etc. who alongside DEATH SIDE, built the history of the hardcore scene in Japan as we know it.
Enveloped in a gatefold cover, the 7" songs come with a download code.

【7inch】
A1.JUST BLIND OUT
A2.CAN YOU SEE ME
B1.DAILY FIGHTING
B2.SUNSHINE BLIND

【DVD】
DEATH SIDE / WASTED DREAM L.P
INKSTICK SHIBAURA 1989/7/16

STICK & HOLE / HANG THE SUCKER VOL.2 V.A
MIKASA PARK 1993/8/30

CUT THE THROAT / WASTED DREAM L.P
INKSTICK SHIBAURA 1989/7/16

DRUNK TOO MUCH / SATISFY THE INSTINCT E.P
INKSTICK SHIBAURA 1989/7/16

LIVE AND LIVE / BET ON THE POSSIBILITY L.P
MIKASA PARK 1993/8/30

MIRROR / WASTED DREAM L.P
EYE OF THE THRASH GUERRILLA V.A
INKSTICK SHIBAURA 1989/7/16

MASS MEDIA'S PETS / EYE OF THE THRASH GUERRILLA V.A
TOSHIMA PUBLIC HALL 1988/7/17

LIFE IS A CHAIN OF GAMES / HANG THE SUCKER VOL.2 V.A
MIKASA PARK 1993/8/30

I LIVE JUST MY LIFE / WASTED DREAM L.P
MIKASA PARK 1993/8/30

ETERNITY FORM / HANG THE SUCKER VOL.2 V.A
NAMIKI JUNCTION GUDON LAST 2DAYS 1990/8/14

MONEY DON'T COME AND GO / SATISFY THE INSTINCT E.P
BLOODY SUMMER TOUR in HIROSHIMA Augsut 1987

THE WILL NEVER DIE / THE WILL NEVER DIE E.P
MIKASA PARK 1993/8/30

THE WILL NEVER DIE / THE WILL NEVER DIE E.P
BURNING SPIRITS ~ DAY WITH CHELSEA 2020/8/17

2021/9/11 F.O.T.K 1st CD




F.O.T.K / FEAR OF THE KNOWN
(CD/BTR-107)
1,800円+税
2021年10月9日発売

ハードコアの超豪華メンバーがオンライン上で奇跡の邂逅。衝撃のデビュー作をリリース!
突如SNS上に音源が公開され、ついにCHAOS U.KのKaosが動いたと世界中で話題となったF.O.T.K。期待せずにはいられないような錚々たるメンバーが揃う中、#STDRUMSのYuji氏が参加しているのも注目のポイント。そしてそのやり取りは全てオンライン上で行われ、この作品を完成させたというのが驚きである。ミャンマーで活動を続ける"Food Not Bombs"のドネーション作品にも参加し、その評判は既に折り紙つき。そして今回ボーナストラックとして収録されたのはCHAOS UKとDISORDERのカバーと、とんでもない作品に仕上がっています。

This dream lineup of international hardcore veterans are now releasing their debut!
Excitement stirred around the world following the unexpected recording that was posted online, along with the announcement from Kaos of CHAOS UK on the newly formed band F.O.T.K. The lineup consisted of several prominent members of hardcore, drawing particular attention to Yuji of #STDRUMS who plays as a part of this band entirely via internet. They have participated in benefit compilations for Food Not Bombs, a project that feeds people in Myanmar, and their reputation is well respected. And as bonus tracks, covers of CHAOS UK and DISORDER are included in this incredible release.

Vo: Kaos (CHAOS U.K)
Gu: Steve Allen (DISORDER)
Gu: Andy Lefton (War//Plague)
Ba: Tom Radio (Frustration)
Dr: Yuji “Rerure” Kawaguchi (#STDRUMS)

01.Artificial Unintelligence
02.Flotsam & Jetsam
03.Military Industrial Complex
04.Desecration
05.That's The Way...(To Do It)
06.Life (DISORDER cover)
07.End is Nigh (CHAOS UK cover)

2021/8/29 BACARA 1stアルバム 限定カセットプレーヤー付



BACARA / BACARA
(カセットテープ/BTR-114)
1,500円(税込)
2021年10月6日発売
予約購入はこちら

これまで音源のリリースこそなかったものの、様々なライブに出演し、界隈では既に話題となっているBACARAが1stアルバムをカセットテープでリリース! シンプルなロックサウンドをベースにしながら、それぞれのバックボーンが端々に垣間見える楽曲の数々。骨太な演奏と絞り出すようAKITSUが愛を叫ぶ。どこか"生活"を感じさせるような、初めて聴いてもどこか懐かしいような、正に人間音楽であるこの作品は、どんな人の人生にも自然と馴染んでいく事だろう。 限定300本プレスにつき、お早めに!

Despite not having released any music thus far, BARACA's appearances at shows have been stirring waves in the community. Now, BACARA's 1st album is set to be released on cassette!
At first glance, their sound is simple and based in rock, but they also provide glimpses of each member's distinctive roots. The bold presence of AKITSU's vocals echoes into the heart of the listener. It feels eerily nostalgic in its humanness. It even feels refreshing to hear a sense of "lifestyle" within the sound. This perfect balance will become naturally familiar to anyone.
But heads up! This is limited to 300 copies.

A面
01.一滴
02.骨まで溶けて
03.衝動
04.転がる果実

B面
01.水曜日の雨
02.盲と愛
03.生きてるだけなら
04.解放の唄


限定カセットプレイヤー付セット
(カセットプレイヤー+カセットテープ)
5,000円(税込)
レーベル直販限定販売50セット
予約購入はこちら

動作仕様・規格
⚫︎ トラック方式 (Hi-Fiステレオ)
⚫︎ 再生方式 (オートリバース機能切替付)
⚫︎ 機能 (再生・停止・早送・巻戻・音量)
⚫︎ 出力 (3.5mmステレオミニ端子)
⚫︎ USBフォーマット (FAT, FAT32, exFAT)
⚫︎ USB録音フォーマット (MP3)
⚫︎ 電源 (1.5V単三乾電池2本又はUSB給電)
※ 本製品には充電機能はございません。
⚫︎ 連続再生時間 (約1時間:単三乾電池使用時)
⚫︎ サイズ (112mm x 80mm x 31mm)
⚫︎ ディバイス重量 (186g)


2021/5/20 HUMAN GAS ディスコグラフィーCD発売



HUMAN GAS / SUPER VIOLENCE
(CD/BTR-112)
2,300円+税
2021年7月3日(土)発売
予約購入はこちら
Reserve yours now (for overseas customer)


1980年代中頃、北海道は本別にて活動をしていた、これぞ正に伝説のハードコアバンド"HUMAN GAS"のスタジオレコーディング作品を一挙に収録したディスコグラフィーCDが発売!
HUMAN GASは今まで稀にカセットテープが市場に出る事はあり、動画配信サイトでも音源を聴く事は出来たが、STALI NISMとのスプリット7インチに関してはとんでもない価格でWANTに挙げられ、その希少性の高さゆえ、本当は存在しないのでは?とまで言われていた。そんな中で2020年にF.O.A.D. RECORDSからの再発がアナウンスされ、衝撃を受けた方も少なくないだろう。今回はその2020年再発BOX SETのLPに収録された、スタジオレコーディング楽曲のCD化である。
初期のシンプルなリフ回しの暴音ハードコアがクローズアップされがちではあるが、ロッキンでドライブ感の増した楽曲や、メタリックなフレーズを取り入れた楽曲にも注目したい。全てが僅か三年程の間に作られたとは思えない程の進化を遂げていく軌跡を、今作でしっかりと噛み締めていただきたい。

This discography compiles the separate studio records of mid-80's hardcore legends HUMAN GAS from Hokkaido.
Once in a while, a limited HUMAN GAS cassette could be found on the market and some of their material was uploaded to streaming sites, but their 7" split with STALI NISM reached mythical rarity status. The imbalance of wishlisting buyers skyrocketed this split's prices to the point where people began to doubt its existence entirely. With that in mind 2020 F.O.A.D. RECORDS announced its reissue in 2020, much to peoples' shock and surprise. This time, the studio recordings of the 2020 BOX SET will be released in CD format.
The simple yet roaring hardcore sound of HUMAN GAS's early work receives most of the attention, but this band developed beyond what most bands are capable of in just three years. Their later work presents an evolution into rocking grooves and even metallic riffs. All of their trajectories can be enjoyed in this release.

01.Question
02.Poison
03.Intro
04.Break
05.Question
06.Crazy
07.Human Gas
08.Blood Rain
09.Ugly
10.Another Person
11.野良猫
12.Human Gas
13.Poison
14.Break
15.Blood Rain
16.Crazy
17.Another Person
18.Question
19.Ugly
20.Desperately
21.Session 3
22.Lackluster
23.Right Mind
24.Long Time A Go
25.冬の沼
26.Session 3

2021/5/14 HALF YEARS ディスコグラフィーCD発売



HALF YEARS / POWER!!!!!!!!
(CD2枚組/BTR-110)
2,500円+税
2021年6月16日(水)発売

愚鈍(GUDON)やSYSTEMATIC DEATH、BASTARD、JUDGEMENTなどJAPANESE HARDCOREを語る上で外す事の出来ない数々のバンドで活躍をしてきた自虐氏と、名作V.A「My Meat's Your Poison」や、唯一の単独作「Keep Our Fire Burning」などで今も高い評価を得ているCHICKEN BOWELSのMOTSU氏が、半年間のみの活動という事で結成したその名もHALF YEARS。あれから30余年の時を経て、その短くも濃密な活動を記録したディスコグラフィーCDが遂にリリースされる。
その音もさることながら、数多くのバンドがオマージュしたジャケットデザインも鮮烈な7インチ「POWER!」と、歴戦の名バンドが名を連ねるオムニバス「HANG THE SUCKER VOL.1」、「HANG THE SUCKER VOL.2」の計3作品に収録された全12曲。マスタリングはMOTSU氏自らが行い、「POWER!」収録曲に関してはオリジナルテープを使用。当時の空気感を保ったまま、新たな息吹をもたらした。
初回盤には自虐氏とMOTSU氏による別プロジェクト、GERMICIDEの楽曲を収録したボーナスCD付。加害妄想 Recordsからリリースされたオムニバスカセットテープ「Sold Out」の参加曲で、HALF YEARSとはまた違ったスタイルを聴く事が出来る非常に貴重なアーカイブである。
フロントにくるジャケットを「POWER!」のオリジナル写真を改変したものと、グラフィック/コラージュアーティストとして活動している河村康輔氏によるコラージュ作で2種用意(どちらのデザインもブックレット内にレイアウトされた同内容となります)。ブックレットにはメンバー自身によるライナーノーツや門外不出の写真も掲載。
脈々と続いてきたハードコア史のブランクを埋める今作を是非手にしていただきたい。


This discography looks back at more than 30 years of history in JAPANESE HARDCORE. HALF YEARS, comprised of ZIGYAKU(自虐), from bands like GUDON (愚鈍), SYSTEMATIC DEATH, BASTARD, JUDGEMENT; and MOTSU, from CHICKEN BOWELS known for their release Keep Our Fire Burning and their feature on the compilation My Meat's Your Poison; played and disbanded in the span of half a year.

12 songs recorded in three releases mastered by MOTSU himself decorate this release. From the vivid 7" POWER!, which many bands still pay homage to, and the hall of fame of HANG THE SUCKER VOL.1 and HANG THE SUCKER VOL.2, needless to say, their sound is solid gold. This release retains the original atmosphere with a breath of fresh air through the original tapes recorded on POWER!.

As a bonus, this discography offers an additional archive of ZIGYAKU and MOTSU. The first edition comes with CD of GERMICIDE, another project of the duo. Their songs on the compilation cassette Sold Out released by Kagai Mousou Records (加害妄想 Records) expresses a divergent style from HALF YEARS.

The artwork on the front cover is features a modified version of the original photo of POWER! and a collage by renown graphic artist Kosuke Kawamura. (Both designs are laid out in the booklet.) The booklet also includes writing from the members as well as photos from the time. May this record of hardcore's history both entertain and educate.

POWER! (1988)
01.EXCITE
02.JOKE
03.POWER
04.BLEEDER
05.BREAK
06.TODAY

HANG THE SUCKER Vol.1 (1988)
07.MEAT
08.BASTARD

HANG THE SUCKER Vol.2 (1989)
09.RAWHEAD
10.MAD HOME
11.BLOODY ROAD TO GLORY
12.MISSING MY MIND(Instrumental Version)

Bonus Disc 【GERMICIDE】
01.Outrage
02.Decoration Of Death

2021/4/1 Crunk DEMO 01 CD化決定!




Crunk / DEMO 01(CD)
(CD/BTR-111)
1,200円+税
2021年5月8日発売
予約購入はこちら
Reserve yours now (for overseas customer)



発売告知後、凄まじい反響で即日予約完売となったCrunkの7インチが早くもCD化決定!
バンド史上三回目のライブとなる西横浜EL PUENTEでの映像がSNSで発信されるや否や凄まじい勢いで拡散され、国内のみならず海外にもその名を轟かせた"Crunk"の初音源。オールドスクールなハードコアを基調としたサウンドに、凄まじい熱量を放つボーカル。それ自体は王道的なスタイルであるが、それでも他との違いを感じさせる"何か"がある。そして今作はデモという事ではあるが、楽曲や音作りの完成度は既に非常に高く、今後への期待をより一層高めるに値するものだ。ジャケットはTOOLATE名義でも活動をしているバンドのボーカリスト、Yuka自身により描かれたもの。

Crunk appeared like comet shooting out of the sky, smashing into the Tokyo-Yokohama hardcore scene. Videos of one of their very early shows at Nishi Yokohama EL PUENTE were quick to buzz on social media gaining traction even outside of Japan. This is their first release. The artwork is drawn by the band's own vocalist, Yuka, who also works under the pen name TOOLATE.
Passionate vocals blaze atop an old-school hardcore foundation, providing a classic sound with a brand new "something." Although this release is labeled a demo, the overall quality and the details in the mix are unmistakably perfected.
Surpassing greater expectations, Crunk is a band to look out for in the future.

1.Paralyze
2.No Uterus
3.C207
4.Poorly


2021/3/29 六根 1stアルバム




六根 / 脈動
(CD/BTR-108)
2,000円+税
2021年5月8日(土)発売
予約購入はこちら
Reserve yours now (for overseas customer)


SYSTEMATIC DEATHのベーシスト、ユズカがスタートした新鋭バンド"六根"が衝撃の1stアルバムをリリース!
繊細に編み上げられた楽曲をエクストリームな音塊に変換した、ギター、ドラムの最小構成人数で織り成す徹頭徹尾の暴音。一様の言葉ではその音の形容は難しく、是非ご自身の耳で体感していただきたい。
そして曲名からでも読み取れるように、一貫した世界観をユズカの言葉で展開。それは時に恐怖心すら感じる程に己を抉り出したものだ。
フロントジャケットはMarino(self deconstruction / BIRTH PLAGUE DEATH)により手掛けられたもの。全ての要素が相互に作用したこの一枚が、日本ハードコア界に新たな楔を打ち込む事だろう。

Founded by the bassist of SYSTEMATIC DEATH, Yuzuka's new band 六根 (ROCCON) are set to release their breathtaking first album!
ROCCON's members make up a minimalist two-piece set, but together they construct a wall of solid sound that is both extreme as it is intricate.
Although mere descriptions fall short of expressing their sound, Yuzuka's song titles open a doorway into her mind. At times these words reach back and drag the listener into the dark. You are encouraged to listen for yourself.
The front cover is designed by Marino of self deconstruction and BIRTH PLAGUE DEATH. This album with all its elements cuts into a new era for Japanese hardcore.

01.甘受を識る
02.矜持を据えろ
03.悪意を求むな
04.娯楽は人
05.名も無い駒に口は無い
06.快楽優先
07.奉仕を積む
08.性(さが)と為す
09.慈悲深い
10.言葉を紡ぐ
11.足枷を断つ

2021/3/9 Crunk DEMO EPリリース




Crunk / DEMO 01
(7インチレコード/BTR-109)
1,200円+税
2021年4月21日発売
予約購入はこちら
Reserve yours now (for overseas customer)


東京/横浜のハードコアシーンに突如として現れた新星"Crunk"の強烈な第一撃目が遂に繰り出される!
バンド史上三回目のライブとなる西横浜EL PUENTEでの映像がSNSで発信されるや否や凄まじい勢いで拡散され、国内のみならず海外にもその名を轟かせた"Crunk"の初音源は、限定300枚の7インチにてリリース。オールドスクールなハードコアを基調としたサウンドに、凄まじい熱量を放つボーカル。それ自体は王道的なスタイルであるが、それでも他との違いを感じさせる"何か"がある。そして今作はデモという事ではあるが、楽曲や音作りの完成度は既に非常に高く、今後への期待をより一層高めるに値するものだ。ジャケットはTOOLATE名義でも活動をしているバンドのボーカリスト、Yuka自身により描かれたもの。

Crunk appeared like comet shooting out of the sky, smashing into the Tokyo-Yokohama hardcore scene. Videos of one of their very early shows at Nishi Yokohama EL PUENTE were quick to buzz on social media gaining traction even outside of Japan. This is their first release, a 7" demo limited to 300 copies. The artwork is drawn by the band's own vocalist, Yuka, who also works under the pen name TOOLATE.
Passionate vocals blaze atop an old-school hardcore foundation, providing a classic sound with a brand new "something." Although this release is labeled a demo, the overall quality and the details in the mix are unmistakably perfected.
Surpassing greater expectations, Crunk is a band to look out for in the future.

Side A
1.Paralyze
2.No Uterus

Side B
1.C207
2.Poorly

2021/2/9 MUSTANG 編集盤CDリリース




MUSTANG / MIND WANDERING
(CD/BTR-106)
2,300円+税
2021年3月17日発売
予約購入はこちら
Reserve yours now (for overseas customer)




北国北海道は函館が生んだハードコア日本代表"MUSTANG"の久方ぶりとなる単独作CDが遂にリリース!
2019年にBREAK THE RECORDSとイタリアのF.O.A.D. RECORDSの共同リリースの形で発売され、即時完売となったLP、"MIND WANDERING"に、EU'S ARSEとのスプリット7インチ音源、そしてフィンランドのKAMASET LEVYTから発売された7インチの音源も追加収録。全11曲、もはやフルアルバムと言っても過言ではない濃密な内容となっている。
徹頭徹尾、魂を震わせる熱いハードコアの連発はまさに圧巻。世界に名高いHAKODATE CITY HARDCOREの最前線が今ここに。

MUSTANG, cherished representatives of HAKODATE CITY HARDCORE, are set to release their solo CD. This LP is rich enough with material that it could be called a full album. From 2019's "MIND WANDERING"--a joint release between Italy's F.O.A.D. RECORDS and BREAK THE RECORDS that sold out like lightning, a 7" split with EU's ARSE, and tracks from a 7" released by Finland's KAMASET LEVYT clock in a total of 11 tracks. From Japan's northernmost land to heights of world-recognition, start to finish MUSTANG's fervent hardcore will grip your pulsating soul.

01.Day of the Days
02.Thrust Down
03.Crime Committed
04.March of Hell
05.Burning Soul
06.MIND WANDERING
07.Life Under Rubble
08.From Sacrifice To The Possibility
09.Tsunami
10.Poison
11.Blood Rain

2020/12/14 CRUDE:WARFARE SPLIT 7inch




CRUDE:WARFARE / Split
(7inch/BTR-105)
1,200円+税
2021年1月20日発売

予約購入はこちら
Reserve yours now (for overseas customer)

ジャパニーズ・ハードコアの最高峰「CRUDE」と、イタリアン・ハードコア・レジェンド「WARFARE」が驚愕のスプリット7インチをリリース!!
北国北海道の函館から世界へ、極上のハードコアを発信し続ける"CRUDE"は、CazU-23(TURTLE ISLAND/paradise23/HI-REZO/mata-tabi/SU-89)を迎えて2020年に制作された最高傑作「HARDCORE DRILL」から、一際アグレッシブな演奏を聴かせる「STONED AGAIN」を収録。
UPSET NOISEとのスプリットでもお馴染み、イタリアの伝説的ハードコアバンド、"WARFARE"はなんと新曲を3曲収録。80年代当時の空気感を纏いながらも、それに終始しないスタイル。緩急をつけつつ、パワフルに駆け抜ける渾身の作。

CRUDE, the pinnacle of Japanese hardcore and WARFARE, top-tier Italian hardcore have come together on this legendary 7" split.
From Hakodate City, Hokkaido, Japan to the rest of the world, "STONED AGAIN" from CRUDE's 2020 release of HARDCORE DRILL with CazU-23(TURTLE ISLAND/paradise23/HI-REZO/mata-tabi/SU-89) embodies pure aggression. With their roots in the 80's and releases with other Italian hardcore legends likes UPSET NOISE, WARFARE remains authentic and timeless with three new tracks.
In this split, moments of vigor are tied with ease, building to a throughly powerful body of music.

CRUDE side
01.STONED AGAIN

WARFARE side
01.NON FACCIO PARTE DI QUANTO NON SENTO
02.RIFIUTA LA MASCHERA
03.IN NOMINE EURO


2020/11/10 FIVE NO RISK:THE KNOCKERS SPLIT 7inch




FIVE NO RISK:THE KNOCKERS / SERENDIPITY
(7インチレコード/BTR-102)
1,200円+税
2020年12月16日リリース

FIVE NO RISK x THE KNOCKERS!!異色の組み合わせと感じる方も多いでしょうが、そのご指摘はお門違い。本気でふざける事が出来る"馬鹿"と"阿呆"が今の我々には必要だ。

大阪が生んだ奇才"FIVE NO RISK"は先日まさかのフルアルバムを二枚同時にリリースした直後ながら、その製作意欲は全く衰えず、楽曲タイトルからして気になり過ぎる天才的な2曲を提示。彼らをパンクやハードコアの目線で語る事はもはや馬鹿らしく思える事でしょう。型破りを売りにしたバンドは数多かれど、FIVE NO RISKは本当の意味で突き抜けられる稀有な存在です。
"THE KNOCKERS"は"ノッカーズあつし単品"名義でアコースティック弾き語りのアルバムリリースと全国ツアー敢行後、今度はバンドサウンドでの楽曲リリースとなりました。今更彼らの魅力を言葉で語る事は野暮かと思いますが、今作も飛び切りのTHE KNOCKERSサウンドを聴かせてくれていると保証させていただきます。そして7インチフォーマットがしっくりくる、そんな愛おしい楽曲です。


This split between FIVE NO RISK and THE KNOCKERS feels like two paths merging at a crossroads. Should we choose one road and move straight forward, or stay and treat this point as the destination? We are free to choose, free to feel without thinking, or to get stupid because we are, you know, free.

On one side, Osaka’s FIVE NO RISK presents two ingenious songs that will grab your attention with titles alone. This band is unconforming and unstoppable. They shred the box of what constitutes punk or hardcore, like other unconventional bands, but they remain unique to themselves. They cut right back to what hits home—pure drive and inspiration, having just released two full-length albums at once.

On the other side, THE KNOCKERS extends their presence as a band. Under the name THE KNOCKERS’ ATSUSHI, Atsushi, who sings and plays the guitar, released a solo acoustic album and toured the nation. Now here as a band, THE KNOCKERS are fully themselves and their sound. It almost feels unnatural to pick apart the collective.

When two opposites cross, they converge into one 7” split like this.


Side:Aho (FIVE NO RISK)
01.泥仕合マイスター
02.戦国ライトニング

Side:Baka (THE KNOCKERS)
01.OH OH OH
02.OUR DIRECTION


2020/11/04 GOUKA ディスコグラフィーCDリリース




GOUKA / 業火 1993-2007 全音源集
(2CD/BTR-103)
2,500円+税
2020年11月30日リリース

DEADLY NOISE BLAST HARDCORE PUNK!盛岡が生んだ至宝、現在のRappaまで繋がる歴史の起源である"GOUKA"の全音源集が遂にリリースされる。
ストレートに轟音で鳴らすハードコアだが、GOUKAのサウンドは一口に説明する事が難しい。独特のテンポ感で跳ねるように疾走するリズム。ノイジーながらただのノイズではなく、迫力を帯びたままの勢いで暴れまわるギターとベース。唯一無二の語感と歌詞のチョイスで吐き出されるボーカルは、決してバンドサウンドに飲み込まれる事なくフロントに立ち続ける。D-BEATが根幹にある事は否定出来ないが、一聴すれば"それ"とは違う異質な何かを感じる事が出来るだろう。敢えて言葉で括るなんてくだらない事なんだと、GOUKAは当時から体現していたのだ。
今も名盤として語り継がれる12インチ"PROGRAM"から貴重なカセットテープ音源まで、リマスターを施し、余す事なく収録したCD2枚組、全50曲収録。


Unbeknown to the quiet city of Morioka, GOUKA’s DEADLY NOISE BLASTING HARDCORE PUNK rests like a chest full of treasure. The members have moved on to play in a band called Rappa, but the full discography of the original “GOUKA" will be released here.
Put simply, they play hardcore that roars, yet simplifying their sound would be a lie to their actual sound. Tempos sprint and bounce with an untamed ferocity. The guitars and bass rampage through a scenery saturated with intentional noise. Vocals rage at the frontline, spitting out fingerprinted lyrics, never to be swallowed by the instrumentals. The music is undeniably rooted in D-BEAT, but it has flowered into something with a hint of “something else.” That something’s name remains unknown, as though naming it would be foolish—something GOUKA knew when creating their music.
All 50 songs of GOUKA’s discography ranging from their appraised 12 inch “Program” to their preciously hidden cassettes, have been remastered and recorded onto this set of 2 CDs.

●DISC1
1.OTHER
2.FROM NEGATIVITY
3.底無し
4.WINTER
5.PROGRAM
6.UP IN THE DRUNK
7.共存
8.SENSE OF SUPERIORITY
9.SEEM ENDLESS
10.SIX
11.UP IN THE SMOKE
12.SNESE OF SUPERIORITY
13.UP IN THE SMOKE
14.PLEASURE
15.共存
16.SIX
17.FOOLISH
18.DESTROY
19.THE WANTING GATHER
20.底無し
21.FUCK OFF ALL
22.OTHER
23.LIFE IN THE MASSMEDIA
24.IT'S IN DEEP
25.STICK AT
26.I CAN SAY

●DISC2
1.INTRO
2.ANSWER
3.NO!
4.NO TITLE
5.ANSWER IN ONESELF
6.TO BE CONTINUED
7.DISINFECT YOUR BRAIN
8.WAY OF THE MONEY
9,BLUE SKY
10.INHUMAN VIOLENCE
11.FILTHY MOBS POWER
12.FASHION:MASSMEDIA'S GAME
13.LIFE IN THE MASSMEDIA
14.FASHION:MASSMEDIA'S GAME
15.GOD'S SLAVE
16.LIFE IN THE MASSMEDIA
17.ENDLESS HUMAN ERROR
18.COPS
19.FILTHY MOBS POWER
20.ENDLESS HUMAN ERROR
21.INHUMAN VIOLENCE
22.1945
23.MEANINGLESS
24.VAIN DEATH


2020/9/24 etæ ディスコグラフィーCDリリース




etæ / All Possibilities Will Come From There
(CD/BTR-104)
2,000円+税
2020年10月21日リリース

日本のハードコアシーンにおいて、独自かつ強靭な進化を遂げてきた函館を、CRUDE、MUSTANGと共に根底から支えてきた、etæのディスコグラフィーCDが遂にリリースされる。
制御不能なまでに暴れまわるリズム隊に、メロディックなギターリフが絡みつく。己が魂を歌い上げるその咆哮には心が揺さ振られる事だろう。不器用なまでに真っすぐに突き進んで行く。これぞHAKODATE CITY HARDCOREだ。
7インチ2枚に加えコンピレーション参加曲も余すことなく収録した全13曲。編集盤とは言え、スタイルが一貫している為、一つのアルバムとして聴く事が出来る。北の大地で生まれた魂の叫びが長く愛されていく事を願ってやまない。

In the northernmost prefecture of Japan lies the legendary hardcore scene of Hakodate city. This city rooted bands like CRUDE and MUSTANG to grow into the giants they have become, while etæ evolved Hakodate. etæ’s discography is now available on CD.
Each song roars with untamed rhythms entwined by melodic riffs, shaking our hearts due north. Yet on this journey though their music, we curiously stumble on the roots of the soul. Put simply: This is HAKODATE CITY HARDCORE.
The discography clocks in a total of 13 songs on two 7”s. Although it compiles many releases, the consistency of etæ’s style creates something of an album of its own. Long live the music and the love of the northern land.

01.Rotten To The Core
02.Patience
03.Carve The End
04.Again
05.Don't Throw Away The "Possible", Pursue A Fight
06.Mind Sight
07.Defy
08.Protect Oneself
09.絶望の時 (Desperate Time)
10.Proof Of True, Proof Of Power
11.悲劇 (Tragedy)
12.Go Ahead
13.時代を超えて (Over The Times)


2020/6/4 NEVER AGAIN 7inchリリース




NEVER AGAIN / walk by myself
(7inch+ダウンロードコード/BTR-002)
1,200円+税
2020年7月8日リリース

広島アンダーグラウンドシーンを長きにわたって支え続ける"NEVER AGAIN"の7インチシングル!!
ここ数年早いペースでリリースを続けているNEVER AGAINだが、7インチでのリリースは久方ぶりのものである。フォーマットを意識して作られた楽曲はいつにも増して彩り豊かな仕上がりとなった。ハードコアやパンクの気骨を芯に据えてはいるが、それに留まらない様々なアプローチの方法を提示している。
そして多方面からの支持を集める最たる要因は飾らず、嘘のない言葉にあるのではないだろうか。まっすぐな言葉はどんなビートやメロディーにも素直に乗り、三位一体となって皆の心と身体を躍らせるに違いない。

Side-A
tabun kitto

Side-B
2020


2020/5/26 DEATH SIDE ライブ・ハウス・ベネフィット DVD+CD




DEATH SIDE / SAVE THE LIVE HOUSE BENEFIT
(DVD+CD/BTR-101)
2,000円+税
2020年6月中旬リリース予定

昨今のコロナウイルスの影響の苦しむライブハウス支援の為に、DEATH SIDEが近年ライブを収めたDVDとCDをリリース!
新メンバーとしてORI(PILE DRIVER)とBENKEI(CRUDE/MUSTANG)を迎え奇跡の復活を果たしたDEATH SIDE。少ない本数ながら日本、そして海外でもライブを敢行し、熱狂を生み出してきたが、まさか現体制に作品がリリースされる事になるとは嬉しい誤算である。イタリアのVENEZIA HARDCORE FESTでのライブ映像と、チェコのOBSCENE EXTREME FESTIVALでのライブ音源という二枚組仕様。ハードコア史に残すべき貴重なアーカイヴとしても非常に意義のあるリリースである。

※今作品の売り上げから経費を差し引いた収益の全てを、コロナウィルスの影響により経営が悪化したライブハウスに寄付させていただきます。

■DVD / VENEZIA HARDCORE FEST 2019
01. I LIVE JUST MY LIFE
02. DRUNK TOO MUCH
03. WARNING
04. CRY FOR THE TRUTH
05. WASTED DREAM
06. THE LOWEST
07. WHY AM I HERE?
08. FIGHT YOUR WAY
09. LIFE IS ONLY ONCE
10. MIRROR
11. THE WILL NEVER DIE

■CD / OBSCENE EXTREME FESTIVAL 2016
01. INTRO ~ MIRROR
02. DRUNK TOO MUCH
03. LIVE AND LIVE
04. CRY FOR THE TRUTH
05. WARNING
06. LIFE IS A CHAIN OF GAMES
07. WHY AM I HERE?
08. WASTED DREAM
09. PROFOUND FREEDOM
10. LIFE IS ONLY ONCE
11. FIGHT YOUR WAY
12. THE WILL NEVER DIE

2020/5/14 THE SAVAGES 新作7インチシングル




THE SAVAGES / 灯火を携えて
(7inch RECORD/BTR-007)
1,200円+税
2020年6月17日発売

東京PUNK ROCK、THE SAVAGESが2018年フルアルバム以来の音源を7インチレコードでリリース!
今作品のリードチューンであるA面"VOICE"はメロディアスに疾走するギターリフから幕を開ける。緩急を生かしたドラマチックな楽曲を伸びやかに歌い上げ、これぞ正にTHE SAVAGESの本懐と言えるだろう。そして彼らが元々持っていた激しさが垣間見える"LIE"に、フルアルバムにも収録され人気の高い"Fade Away"を再録音。
メンバーのKENTAが自ら手掛けるアートワークもTHE SAVAGESの作品になくてはならない。メインデザインはシニカルでありながら鮮やかな色彩で、独自の世界観がしっかりと表現されたもの。トータルとして7インチレコードというフォーマット、パッケージを存分に堪能できる作品に仕上がっている。


Tokyo punk rockers, THE SAVAGES have bloomed out of the ashes with a fresh 7" release, their first since their full album in 2018.
The curtains open on the A side with a melodic scurry of guitar riffs on "VOICE." Dramatic fluctuations between speed and slow beat with the heart of THE SAVAGES. It's a definite hit, it sings right to our hearts with ease. On top of that, this release includes a re-recording "Fade Away," a well-known hit that gives us a glimpse into their native intensity.
The artwork is also a key into the worldview of THE SAVAGES's sound. Band member KENTA's cynical yet vivid artwork defines the origin of their vision. This 7" release is made to be enjoyed in its details as well as the sum of its parts.


Side-A
01.VOICE

Side-b
01.LIE
02.Fade Away


2020/4/20 FORWARD ライブ・ハウス・ベネフィットCD




FORWARD / LIVE HOUSE BENEFIT
ペーパースリーブ仕様
(CD/BTR-003:BSR-127)
1,800円+税
2020年5月中旬頃発売予定

BURNING SPIRITS HARDCORE の中心バンド "FORWARD"がレアトラック、未発表曲を詰め込んだライブ・ハウス・ベネフィットCDをBLOODSUCKERとBREAK THE RECORDSとの共同にてリリース!!500枚限定プレス!!

2020年現在、世界はコロナウィルスの蔓延で混沌としている。多くの人から普段の生活が奪われ、いまだ光明の見えない状況に今後の不安は膨らんでいくばかりである。そんな中FORWARDが"大切な場所"を守る為に立ち上がった。今一度みんなが安心してライブハウスに集まる事が出来るその時まで、"場所"を守る必要があるからである。
収録される内容は、2017年にリリースされ即完売となった「ANOTHER DIMENSION ep」、2014年のワンマンライブにて配布され、FORWARDライブ会場でのみ販売された「限定ソノシート」、そして未発表となっていた2曲を追加した全8曲である。既に過去作品に収録されている楽曲が主とはなるが、現メンバーとしてのレコーディングで生まれ変わった宝珠の名曲の数々を、改めて噛み締めていただきたい。

※今作品の売り上げから経費を差し引いた収益の全てを、コロナウィルスの影響により経営が悪化したライブハウスに寄付させていただきます。
----
BLOOD SUCKER x BREAK THE RECORDS x FORWARD
ライブハウスベネフィットCD緊急発売決定!!!

ワシらはハードコア云々の前に
バンドマンじゃけん
サラリーマンのひとらが
会社が必要なように
ライブハウスが必要なんじゃ

それがなかったら
ワシらは
どこでなにをするんじゃ?
籠もって
レコーディングだけするんか?

いまはそのほうがええのじゃろう?

けど
状況が落ち着いたあとに
わしらの遊び場がなくなっとるのは
イヤじゃ

そう思うとる(FORWARD, BREAK THE RECORDS, BLOODSUCKER) がはなしおうて
この編集版を企画したんじゃよ

みんなの心を捉える作品を出すつもりじゃけん
限定じゃけんね!
予約必至よ!

ガイ(BLOOSUCKER RECORDS)
---
1.CHANGE THE DIMENSIONS
2.I HATE ALONE
3.DEATH OR GLORY (Forever LEMMY KILMISTER)
4.CHOICE
5.WHAT?
6.GO TO DIVE
7.FAILURE
8.ABSOLUTELY

2020/4/6  WARHEAD new recording for FREE!!




■Message from WARHEAD■
今世界中で起こっているコロナウイルスによる事態が、一刻も早く終息する事を心から願ってます。
その時は皆で乾杯しましょう
ネバラダイ

From the heart, we stongly hope that this COVID-19 situation happening all over the world ends up as soon as possible.

When the time has come let's Kampai!

NEVER-LA-DIE! (NEVER DIE)!!!!!!!!!!!!!!!!!


2020/4/2  BTR企画 延期




昨今の状況を鑑みて、残念ながらライブ自体の延期を決断いたしました。
皆様のご無事を心よりお祈り申し上げます。
また必ずライブハウスにて。


2020/3/24  BTR企画 詳細変更




DOOM(UK)はキャンセルとなりました。内容の変更に伴い、既にご予約いただいている方も一旦キャンセル扱いとさせていただきます。誠に勝手ではございますが、何卒ご了承くださいませ。
BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.24」

2020年4月19日(SUN)
新大久保earthdom

REALITY CRISIS
LIFE
SYSTEMATIC DEATH

OPEN 18:00 / START 18:30
DOOR only 2,000yen +1 Drink order


2020/3/19 Seth 2ndアルバムからMVを公開





Seth wish to all of the MURDER WEAPONS will be gone in the FUTURE and wish the WORLD to be CALM
/弱者の行進
(CD/BTR-004)
2,300円+税
2020年4月8日発売

MEANINGのカワグチ、mynameis...のシンゴ、ex-反好旗のミュウによる、エモーショナル・ロック・バンド "Seth wish to all of the MURDER WEAPONS will be gone in the FUTURE and wish the WORLD to be CALM"(以下:Seth)待望の2ndアルバム。
ギタリストが脱退後、メインの旋律をピアノが担い、静と動に対比による叙情性の表現がぐっと引き締まった。軸はぶれずともその点は明らかに楽曲へと反映されている。今回3名のゲストアーティストが参加しているが、それぞれこのフューチャリングありきで作曲されたのではないかと思う程にマッチしている。
そしてSethの大きな武器である“言葉”について、彼らは敢えて残酷な言葉を選ぶ事があるのだが、今回はそれが顕著だ。現実は全てが綺麗なものではないし、その澱みが日々増していっているからに他ならないだろう。しかしそれを理解した上で、その混沌の中で、あくまでも一筋の光を追い求めていく。それが"弱者の行進"という、Sethが紡ぎだした物語である。

Comprised of members from MEANING, mynameis..., and the former 反好旗 (HANKOUKI), emotional rock band "Seth wish to all of the MURDER WEAPONS will be gone in the FUTURE and wish the WORLD to be CALM" (aka Seth) release their long-awaited 2nd album.
Following the departure of their guitarist, the pianos came to the forefront of the melody, poetically intertwining stillness and motion. While the new instrumentation reflects changes, Seth remain true to who they are. 3 featured artists even appear on this record, yet each guest is matched so perfectly, it's as if these songs were composed with this other compatibility in mind.
Seth's lyrics tread on piercing topics like a story written about "the march through vulnerability." We cannot lie and tell ourselves everything is beautiful. The longer we look away, the stagnation clouds and darkens our reality. At times it's a story that is cruel, but on this record, each word seems to pinpoint the tiny cracks where rays of light may shine through our fragility.


1.エゴイズム
2.FOOL
3.情景
4.惡の華
5.クロユリ feat. rik from HOTVOX
6.滅亡の光 feat. トモヤ from DETOX
7.青の青はブルーの青
8.ハコの中のトリ feat. 宗一郎 from QUESTRAKT
9.今僕が手にしているモノ
10.重力
11.親愛なる絶望へ

2020/3/9  BTR企画 DOOM(UK)来日ツアーファイナル詳細変更




メンバー都合によりG.A.T.E.Sはキャンセルとなり、SYSTEMATIC DEATHの出演が決定いたしました。
BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.24」
DOOM Japan Tour 2020 FINAL

2020年4月19日(SUN)
新大久保earthdom

DOOM (UK)
REALITY CRISIS
LIFE
SYSTEMATIC DEATH

OPEN 17:30 / START 18:00
ADV. 3,000yen / DOOR 3,500yen +1 Drink order

-TICKET RESERVE-
info@breaktherecords.jp (日程/カタカナフルネーム/枚数/電話番号を記載)
e-mail ⇒ (Date / Name / Qty / Phone number)


2020/3/9 SKITKLASS : ARTIFICIAL JOY スプリット7インチ




SKITKLASS : ARTIFICIAL JOY / SPLIT
(7インチ/BTR-006)
1,200円+税
2020年5月1日発売

日本における現代ハードコアの新たな形を提唱しているSKITKLASS、そしてLAにて活動をスタートさせた現行ハードコア大注目株のARTIFICIAL JOYによるスプリット7インチ。
活動開始以降常に注目を集め、多作なリリースの大部分が入手困難、2019年リリースの1stアルバムも型破りな内容で全世界を驚嘆させたSKITKLASS。2020年のManic Relapse Festへの出演決定を含め手綱を緩めず、またもや新作をリリースです。今作は既存曲の再録という形ではありますが、全てを日本語詞に変更。言語が変わった分の細かいメロディーや語感の違いが面白く、実験味が溢れるアプローチに彼らの気概をしっかりと感じる事が出来る内容です。
対するARTIFICIAL JOYですが、SKITKLASSのSKITKATT氏がデモテープリリース時から推薦していたのを見ていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。2020年初頭に初ライブを決行したばかりではありますがそのクオリティーの高さはデモテープでも証明済み。更に今回はそのデモテープから一段飛び抜けた仕上がりで、今後のハードコア界のキーバンドとして成長していくであろう事を確信いただけるはずです。

Trailblazers of a new shape of modern Japanese hardcore, SKITKLASS, and LA's hot new ARTIFICIAL JOY unite on this 7" split recording.
SKITKLASS have attracted attention ever since emerging onto the scene, many of their releases quickly becoming difficult to obtain. In 2019, they released their box-defying 1st album which stunned the world into wonder. Now, SKITKLASS are slated to perform at Manic Relapse Fest 2020, yet they are already up and ready with a new release. Songs on this split are re-recordings of existing songs, but the lyrics have been re-written in Japanese. This unique approach saturates subtle nuances in the melody and rhythm. Ultimately, in the music of it all, we can feel the experimental-yet-unflinching spirit of SKITKLASS.
We also have ARTIFICIAL JOY. Despite having just performed their first gigs in 2020, ARTIFICIAL JOY's demo tape's surprising quality far exceeds their status as newcomers. Some people may even remember how SKITKATT of SKITKLASS personally recommended ARTIFICIAL JOY since this early demo. This split between them takes ARTIFICIAL JOY's demo one step up. Keep an eye out for this band, they may very likely be a key band in the making of hardcore scenes to come.

SHITTY side
1.不可能世界
2.閉鎖的社会
3.森の蛾

ARTIFICIAL side
1.Sick O Fun
2.Dress Code


2020/3/4 待望の2ndアルバムリリース




Seth wish to all of the MURDER WEAPONS will be gone in the FUTURE and wish the WORLD to be CALM
/弱者の行進
(CD/BTR-004)
2,300円+税
2020年4月8日発売

MEANINGのカワグチ、mynameis...のシンゴ、ex-反好旗のミュウによる、エモーショナル・ロック・バンド "Seth wish to all of the MURDER WEAPONS will be gone in the FUTURE and wish the WORLD to be CALM"(以下:Seth)待望の2ndアルバム。
ギタリストが脱退後、メインの旋律をピアノが担い、静と動に対比による叙情性の表現がぐっと引き締まった。軸はぶれずともその点は明らかに楽曲へと反映されている。今回3名のゲストアーティストが参加しているが、それぞれこのフューチャリングありきで作曲されたのではないかと思う程にマッチしている。
そしてSethの大きな武器である“言葉”について、彼らは敢えて残酷な言葉を選ぶ事があるのだが、今回はそれが顕著だ。現実は全てが綺麗なものではないし、その澱みが日々増していっているからに他ならないだろう。しかしそれを理解した上で、その混沌の中で、あくまでも一筋の光を追い求めていく。それが"弱者の行進"という、Sethが紡ぎだした物語である。

Comprised of members from MEANING, mynameis..., and the former 反好旗 (HANKOUKI), emotional rock band "Seth wish to all of the MURDER WEAPONS will be gone in the FUTURE and wish the WORLD to be CALM" (aka Seth) release their long-awaited 2nd album.
Following the departure of their guitarist, the pianos came to the forefront of the melody, poetically intertwining stillness and motion. While the new instrumentation reflects changes, Seth remain true to who they are. 3 featured artists even appear on this record, yet each guest is matched so perfectly, it's as if these songs were composed with this other compatibility in mind.
Seth's lyrics tread on piercing topics like a story written about "the march through vulnerability." We cannot lie and tell ourselves everything is beautiful. The longer we look away, the stagnation clouds and darkens our reality. At times it's a story that is cruel, but on this record, each word seems to pinpoint the tiny cracks where rays of light may shine through our fragility.


1.エゴイズム
2.FOOL
3.情景
4.惡の華
5.クロユリ feat. rik from HOTVOX
6.滅亡の光 feat. トモヤ from DETOX
7.青の青はブルーの青
8.ハコの中のトリ feat. 宗一郎 from QUESTRAKT
9.今僕が手にしているモノ
10.重力
11.親愛なる絶望へ

2020/2/25 THE ICONOCLAST DISCOGRAPHY CD




THE ICONOCLAST / Domination Or Destruction
(CD/BTR-005)
2,500円+税
2020年3月25日発売

言わずと知れた80年代USのアナーコ・ハードコア、そしてピース・パンク・シーンの代表バンド、THE ICONOCLASTのディスコグラフィーCDが遂にリリース。
性急で緊張感溢れる演奏や、妖艶な雰囲気のアルペジオパートなどで織り成される音楽的な素晴らしさは勿論の事ながら、パンク、ハードコアの音楽を通じてアニマルライツや反核、反権力などの運動に積極的に取り組む姿勢は大きく評価を受け、絶大なる影響力を示してきました。その影響力とは裏腹に、彼らの活動の軌跡の全てを追うのは現代においてなかなか難しく、2019年にUK/LONDONのSEALED RECORDSよりリリースされたディスコグラフィーLPに狂喜乱舞した方も多い事でしょう。今作はそのCD版になります。
自主リリースのカセットテープ音源、唯一の7インチシングルにコンピ提供曲を含めた全12曲収録で、リマスタリングによって音質が見違える程に向上。ダンボール素材のボックス仕様ジャケットに12ページのブックレット付という超豪華仕様です。


With no need for introductions, the discography of THE ICONOCLAST, who represent the 80's US peace punk and anarcho-hardcore scene, is now available here on CD.
THE ICONOCLAST were activists engaged in animal rights, anti-nuclear, and anti-authority movements through their rendition of punk and hardcore which caught the eye of many with empowering influence. Not to mention their music, which wove arpeggios into raw performance, leaving us listeners tingling with chills.
Tracking down their releases in this day, contrary to the band's influence, used to be detective work until in 2019, London's SEALED RECORDS released the complete discography on vinyl. Many, many fans happy danced on that day. The CD version will be released here on BREAK THE RECORDS.
Boxed in a luxurious cardboard sleeve accompanied by a 12-page booklet, all 13 songs from THE ICONOCLAST's self-released cassette and 7" have been vividly remastered for this new release.

1.After The Massacre
2.The End
3.Death Race
4.Bodies, Bones And Skulls
5.Battlefields
6.Things Of Beauty
7.Not Me
8.Domination Or Destruction
9.Prisoners Of Existence
10.Battlefields / Things Of Beauty
11.In These Times...
12.Battlefields (Nightmare)

2020/1/22  BTR企画 DOOM(UK)来日ツアーファイナル




BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.24」
DOOM Japan Tour 2020 FINAL

2020年4月19日(SUN)
新大久保earthdom

DOOM (UK)
REALITY CRISIS
G.A.T.E.S
LIFE

OPEN 17:30 / START 18:00
ADV. 3,000yen / DOOR 3,500yen +1 Drink order

-TICKET RESERVE-
info@breaktherecords.jp (日程/カタカナフルネーム/枚数/電話番号を記載)
e-mail ⇒ (Date / Name / Qty / Phone number)


2020/1/22 2ndプレスのご案内


お陰様で在庫終了となりました、SKITKLASSとROCKY & THE SWEDENの2ndプレスのご案内になります。




■SKITKLASS / PRIMITIV KÄNSLA
(CD/BTR-099)
2,300円+税

紙ジャケット+ソノシート購入抽選券封入仕様から、ダンボールピザ箱+缶バッジ封入(6種の中からランダムで1つ)仕様へ変更となります。ソノシート購入抽選券は封入されませんので注意ください。


■ROCKY & THE SWEDEN / CITY BABY ATTACKED BY BUDS
(CD/BTR-420)
2,500円+税

デジパック仕様から、プラケース仕様へ変更となります。

2020/1/14 self deconstruction 幻の1stアルバム再発





self deconstruction / superficial
(CD/BTR-009)
1,600円+税
2020年2月19日発売

2010年代のGRIND、HARDCOREのシーンの中でも最も注目を集めたバンドの一つに数えられる"self deconstruction"の2012年作1stアルバムが、MIXのやり直し、楽曲の追加、デザインの刷新をして遂に再発!豪華紙ジャケ仕様!
オリジナル盤の制作枚数はなんと200枚。現在のself deconstructionの状況を考えれば当然の事ではあるが、今では中古市場において高額で取引され、世界中からWANTの声が上がっていた一枚。当時は男女ツインボーカルではあったが、スタイルは今と変わらず、常軌を逸したまでの勢いで繰り出されるショートカットチューンの応酬。勿論現在でもライブでプレイされる楽曲も含まれている。さらに今作は当時レコーディングされながら収録されなかった楽曲2曲が追加され、オリジナルメンバーであるKuzuha氏がその手で全てのミックスをやり直した、完全補完盤となっている。

Among the most notable works of the 2010's GRIND and HARDCORE scenes, self deconstruction's first album "self deconstruction" ranks as a top pick. Their self-titled album from 2012 is now available renewed and remade, with additional songs and a new design. Oh, and let's not forget the fancy paper!
Only 200 copies were originally produced, which is understandable considering the band's situation then, but now these limited pressings are selling at high prices in used markets. Now, people are screaming "WANT" all over the world. At the time, the band had dual vocalists but their current solo vocalist style stays true to their songs' unpredictable momentum and force. Naturally, songs from this album are still played live today. In addition to the originals, this release contains 2 songs that were recorded but not included in the first release. All tracks have been reconstructed and perfected by founding member Kuzuha.

1.Self Deconstruction
2.Human Hater
3.Merry Go Round
4.Slight
5.Delusion, Confusion, and...
6.Last Dance
7.Band Of The Night
8.Superficial
9.The Dog
10.He Is Gone
11.The Anger Which I Wait For
12.In The Circle
13.Present
14.Hypocrite
15.Dirge For My Death

2020/1/8 Hi-Gi 配信限定シングル公開




Hi-Gi / FUTARI DANCE HALL
(DIGITAL DOWNLOAD/BTR-008)
2020年1月8日公開

横浜ROCKバンド、Hi-Giが2017年2月リリース以来、約三年振りとなる新作音源を公開。ここへ来て楽曲レベルが見違えるほど向上したと感じさせる珠玉の2曲。DIYレコーディングに特化した事もプラスに働き、楽曲と音像のバランスも完璧だ。

Japanese Rock Band "Hi-Gi" release 2 new songs for the first time in 3 years. They have got new good style. Their high quality song writing and clear sounds will amaze you definitely.

1.FUTARI DANCE HALL
2.踏み切るイメージ


2019/12/18 KKG 2nd ALBUM!!!




KKG / No.0
(CD/BTR-012)
2020年1月22日発売
2,000円+税

洗練"されない"ハードコアの正統継承者、札幌未来原人"KKG"が積年の想いを結集した2ndアルバムをリリース。
2011年に1stフルアルバム、2014年には同郷のCOSMOSとスプリットをリリースするなど、マイペースながら地元札幌を根城に歩みを進めてきたKKG。前作アルバムから9年の時を経てリリースされる今回の2ndアルバムだが、彼らの貫きたかったもの、守りたかったものが最前に出た仕上がりとなった。80年代から脈々と受け継がれていく中で多種多様に枝分かれした日本のハードコアのスタイルの中でも、KKGは愚直なまでにど真ん中を突き進む。叩き付けるような演奏、不器用ながら自分の想いを大声でがなるボーカルに、しつこいまでのコーラスワーク。我々が求めていたものは昔からずっと"これ"だったのかもしれない。

Hailing from Sapporo, KKG are successors of a branch of hardcore that refuses to be refined. Their 2nd album will soon be released.
KKG released their 1st full album in 2011 and three years later, they released a split with fellow Sapporo locals, COSMOS, in 2014. Their 2nd album closes a 9 year interval between albums, emphasizing their self-determining pace toward releases and how they've walked a winding road through their hometown scene. This release is imbued with what KKG has wanted to convey and what they've wanted to protect.
Despite how hardcore has branched out into various styles ever since the 80's in Japan, KKG has trudged unwaveringly forward. The performance, the message roared through the microphone, backing vocals and backing vocals until we want no more... What if what we have been looking for has always been "this."

1.Intro
2.No.0
3.666
4.Gross
5.Alteration
6.Dual Heads
7.What Future
8.Short Hope
9.GODZILLA
10.Meaning
11.Garbage Dump
12.Frustration


2019/11/7 経血 1stアルバム LP化





経血 / Scapegoat
(LP/BTR-011)
2,500yen + TAX
2019年12月11日発売

2017年に経血メンバーによる悲観レーベルから発売され、現在はソールドアウト。もはやプレミア化している経血の1stアルバムが限定500枚プレスでLP化!
2019年8月にリリースされた"経血"、"NO NO NO"、"EYESCREAM"によるスプリットCDを即時完売させ、その後矢継ぎ早にリリースした7インチシングル"double bind"でもその存在感を存分にアピールした経血。彼らの作品をチェックしている方はご存知かと思うが、そのバックボーンは実は単純なものではなく、情報過多で食傷気味なこの時代のパンク、ハードコアバンドだからこそ出せる面白味を大いにはらんでいる。この"Scapegoat"に関して言えば、現在の彼らに至るまでの過程をしっかりと感じ取る事が出来る作品と言えるだろう。迷いや抑圧などはないが、ある種の葛藤が、えも言えぬ緊張感を生んでるようだ。
日本語歌詞の世界観は非常に"人間らしい"もので、ぶっ飛んでいるようでも、どこかリアリティーを感じてしまう。人間の陰を白日の下にさらし、目をそらしていた現実に直面させる。母国語のパンク、ハードコアを聴く醍醐味とは正にこんな部分にあるのではないだろうか。


■経血(KEIKETSU) / Scapegoat

Currently sold out and even resold at premium prices, KEIKETSU's 1st album Scapegoat, released in 2017 by the member's own Hikan Label, will be repressed in LP format in a limited edition of 500! KEIKETSU made their presence known, immediately selling out their 3-way split between NO NO NO and EYESCREAM and then releasing their 7" single Double Bind in rapid succession. Fans who've checked their releases should know that the backbone of KEIKETSU is far from simple. In this age when we are overfed information on punk and hardcore, bands can develop a taste for something unique to intrigue us. Speaking of Scapegoat, this work displays a feel for the course of change KEIKETSU experienced to become the band they are now. It radiates a tension that is neither hesitant or repressing but stems from a deep conflict. Although sometimes damn near crazy, lyrics in their native Japanese shed light on a certain "humanness" and a worldview with a glimpse of true reality. Like shadows shaped under a bright sun, we must confront what is exposed to us--but the hidden charm of listening to our native language is exactly this.

A1.ワタシハワルクナイ
A2.Ope
A3.Disりたい
A4.マンホールに捨てた
A5.悪夢
A6.思考停止
A7.経血
A8.窒息
B1.機能不全家族
B2.股から血
B3.哀歌
B4.ラフレーズ
B5.Nai
B6.死んで詫びろ!!
B7.裏切りの街
B8.Piercing


試聴サイト
https://keiketsu.bandcamp.com


2019/11/5 SKITKLASS teaser PURCHASE LOTTERY TICKET FOR SKITKLASS FLEXI



SKITKLASS / PRIMITIV KÄNSLAに封入される"ソノシート購入権獲得抽選券"の抽選会予告動画です。
本発表は12月7日町田NUTTY'SでのSKITKLASSワンマンライブにて。



SKITKLASS / PRIMITIV KÄNSLA
(CD/BTR-099)
2,300yen + TAX
2019年11月15日発売

初回限定紙ジャケット仕様CD。SKITKLASS / グチャグチャ(ソノシート/BTR-001:POGO-109)購入抽選券封入。
LP盤はPOGO77 RECORDSより同時発売(POGO-105/2,800yen + TAX)

SKITKLASS / PRIMITIV KÄNSLAはLPがPOGO77から、CDがBREAK THE RECORDS からのリリース!フロントジャケットはあの宮西計三先生によるこの為の描き下ろしアート!
2019年12月7日に発売するSKITKLASS / グチャグチャ(日本語歌唱盤ソノシート/BTR-001:POGO-109)購入抽選券も封入。三ヶ国語対訳。
LPはポスター入り、CDはゲートフォールドで裏ジャケ違い。
レコ発ワンマンGIG決定で、当日会場のみ宮西計三先生オフィシャル・シルクスクリーン限定100枚ナンバリング入り販売!
Tシャツも発売します。
プリミティブ・ハードコアパンクよ死してなお踊れ!

2018年初頭頃より突如頭角を表し、その異様なマスク姿により素性が一切謎ながらリリース戦略、ステージ共に人々を混乱と衝動の渦に巻き込んだグループ、SKITKLASSが遂に世に放つ2019年1stフルアルバム!その屈折した存在感とは裏腹の、これ程までに80年代初頭に発生したハードコアパンクという音楽ジャンルの否定と反逆、そして破壊の哲学がかくにも純然たるかたちで提示された作品が今の時代にあって良いのだろうか?答えはNOだ!原始的で生々しい攻撃性に満ちたA面と形而上的カオスを叩き付けるB面の全16曲はジャケット・アートワークの驚嘆すべきインパクトと相まってこんな時代に投下されるにはあまりに不条理だ。だから気をつけろ、奴らはもうそこまで迫っている!
(邪奇異/FRAMTID.REVENGE RECORDS)

目玉ヒン剥いてよく見ろ!耳の穴かっポジってよく聴け!『SKITKLASS』は俺の最高のロック・イラストレーションさ!自信をもってtrashを超えたと言えるね。勿論中身も超ウルトラ'B'KLASS!!
(宮西計三)

立て続けにスマッシュヒットを連発するSKITKLASSが、セカンドアルバムを出す。マスター音源を聴きチビリましたが、ジャケットデザインはなんと・・・THE STALIN - trashを描いた宮西計三先生!もうこれは音源を聴きながらジャケットを拝むしかない。そして音源にはソノシート購入抽選チケットが封入とのことで、これまた泣くに泣けないマスク仮面達。さぁ12月7日 ワンマンライブもあるようだし、今年はSKITKLASSで締めくくりましょうかね
(今村紀康/POGO77 RECORDS)

制作に取り掛かった当初、収録される半分は"STUDIOテイク"、もう半分は"異次元LIVE"との事だったが、これにはすっかり騙された。CD用に渡されたマスター音源の収録曲数は9曲。"異次元LIVE"はこの9曲目の事を指すのだが、皆さんの思い浮かべるであろう"LIVE"とは違うのだ。SKITKLASSは"生活"や"生きる"という意味でこの言葉を選んだのではないだろうか。ある意味ネタバレのような事になってしまうので詳しい収録内容についての言及は避けるが、この1トラックに収められた音には情景が付随してくる。そうか、そういう意味でも"LIVE"なのかも知れない。PRIMITIV KÄNSLA、原始的感覚。目を閉じてこそ、見える景色がある。(安藤竜/BREAK THE RECORDS)

01.DEN OMÖJLIGA VÄRLDEN
02.DJURSPÖKE
03.PRIMITIV KÄNSLA
04.EXEMPLAR
05.STÄNGT SAMHÄLLE
06.DRAGKEDJEMASKENS HEMLIGHET
07.MALEN I SKOGEN
08.ASSIMILERING AV MAKT
09.BERÄTTELSESPÅR: ”MÖJLIGT HJÄRTA, OMÖJLIG VÄRLD”

----------

SKITKLASS / グチャグチャ
(ソノシート/BTR-001:POGO-109)
1,000yen + TAX
2019年12月7日発売

01.アニマルゴースト
02.原始的感覚

限定250枚プレス。
SKITKLASS / PRIMITIV KÄNSLAのCD(BTR-099)、LP(POGO-105)に封入されている抽選券の当選者のみ購入可能。

発表方法:2019年12月7日(土)町田Nutty'sでの"SKITKLASSワンマンライブ"にて発表。ライブ観覧者で当選された方は当日の物販スペースにてご購入いただけます。12月8日正午よりWEBページ(http://www.pogo77.com/skitklass/)へ当選番号を掲載。

応募方法:当選しましたソノシート購入抽選券の連絡先欄に記入の上、POGO77まで郵送してください。POGO77より追ってご連絡致します。

〒194-0203
東京都町田市図師町2951-15
POGO77 RECORDS宛 SKITKLASSソノシート係

--------

SKITKLASS "PRIMITIV KÄNSLA" 発売記念ワンマンGIG
「MALEN I SKOGEN」
町田Nutty's
2019年12月7日(土)
OPEN 19:00 / START 20:00

通常前売チケット ADV:2500円 / DAY:3000円
ライブ限定T-SHIRTS付チケット ADV:4500円 / DAY:5000円

出演:SKITKLASS

ソノシート購入抽選イベント / SKITKISSEとのチェキタイム / 宮西計三先生描シルクスクリーンポスター・T-SHIRTS会場限定発売


2019/10/30 11月30日同時リリース!Firewalker、 Libérate 




Firewalker / Firewalker
(CD/BTR-010)
1,800yen + TAX
2019年11月30日発売

試聴サイト
https://firewalkerboston.bandcamp.com/album/firewalker


ボストンを中心に活動を続け、今や世界中のハードコアフリークから熱い視線が注がれる"Firewalker"の18曲収録編集盤CD!
------
数年前から現在でも女性をフロントとするハードコアパンクバンドの台頭は近年非常に強いインパクトを放っている、それはどこかの場所に限った事ではなく、世界的なムーブメントとして今も現在進行形で大きな渦を為しているように感じられるのは熱心なハードコアパンクファンであれば誰もが感じているはず。 そうなった経緯として先日の来日公演も記憶に新しいニューヨークのKRIMEWATCHの存在は必要不可欠である。
そんなKRIMEWATCHと共に絶対に欠かす事が出来ない存在であり、そのKRIMEWATCHの1st SHOWをオーガナイズしたのがこのムーブメントを最先端で牽引し続けているUSボストンを拠点とする4人組ガールズハードコアバンド、FIREWALKERである。
彼女達の地元ボストンを代表するLIVING LEGEND、SLAPSHOTの90年作EPタイトルよりその名を拝借している事からもわかる通りクラシックな80s USHCからの影響を根底に置きつつ、SHEER TERROR/SICK OF IT ALL/AGNOSTIC FRONT/MADBALL等といった80s NYHCからの影響も強い、その上でTRAPPED UNDER ICE、TURNSTILE、FURY等といった生で体感してきた現行USHCからの影響もしっかり血肉としつつ、それらを現代ならではな感覚でブレンドミックスされた楽曲はクラシックでいながら凄まじくフレッシュな質感を持つハイブリッドな輝きを放っている。
そしてVo.Sophieのその端麗な容姿からは全く想像の出来ないドスの効きまくったEVILなデスボイスによる強烈な咆哮、そのクールさと無邪気さを兼ね備えた絶妙な佇まい、存在感は彼女達を更にオリジナルな存在へと際立たせていると思う。こんなバンド出て来たらそりゃ〜ブチ上がらざるを得ない訳です!
自主リリースされた二本のデモは噂が噂を呼び即完売、その後Pop Wigよりリリースされた1st full album『FIREWALKER』(2017)に、限定生産のカセットでリリースされるもこちらも即完売となったEP『ALIVE』(2018)、そしてつい先日リリースされたばかりの最新作『ROLL CALL』(2019)の3作品を収録した全18曲、リリースはBREAK THE RECORDSより。
YouTubeやWEB上の媒体を通して確認出来る彼女達のライブ、そのフロアでは活動初期から屈強な男達に混じり腕をぶん回し大股のストンプをかましながら縦横無尽に駆け巡る女性達の姿が多く確認出来る。その人数は月日を追う毎に今もなお増していくばかりである。
text:FIGHT FIRE WITH FIRE


In recent years, the rise of hardcore punk fronted by women has made great waves of influence not limited to any particular place. This worldwide movement is progressing even now like a powerful whirlpool, something that can be felt by any passionate hardcore punk fan.

New York's KRIMEWATCH, who's tour through Japan is still fresh in our memory, is an indispensable to how we view this movement.

But a band indispensable to KRIMEWATCH is FIREWALKER, the band who organized KRIMEWATCH's 1st show. FIREWALKER, a 4-piece girls band* based in Boston, pulls this movement from the forefront.

Their band name is derived from fellow Boston living legend SLAPSHOT's 1990 EP FIREWALKER. While classic 80's USHC grounds their foundation, 80's NYHC bands like SHEER TERROR, SICK OF IT ALL, AGNOSTIC FRONT, MADBALL etc. also exert comparable influence. Additionally, more recent USHC hands such as TRAPPED UNDER ICE, TURNSTILE, FURY etc. have also had a substantial impact on their identity and sound. This hybrid blend of both classic and fresh music shines through with a unique quality, perhaps a quality only found in this age.

The band's exquisite appearance that combines both coolness and indifference further shape their sense of originality. From her graceful looks, who could imagine the thick, evil-conjuring roar of vocalist Sophie. Honestly, who wouldn't get apeshit excited over a band like FIREWALKER!

Their two self-released demos and limited edition cassettes of EP ALIVE (2018) sold out immediately fueled by rumors of their popularity. A total of 18 songs spanning three works, their 1st album FIREWALKER (2017) released by Pop Wig, EP Alive (2018), and their latest work ROLL CALL (2019), will be released by BREAK THE RECORDS

FIREWALKER's shows are up on YouTube and over the web. Even in their early years, many women in their audience can be seen thrashing their arms and moshing ferociously, oblivious to the dudes around them. And as time goes by, more will surely join them.

1. Loaded Dice
2. Barking Up The Wrong Tree
3. Fire Walk
4. Change
5. Darken My Door
6. Something in the Air
7. Nothing Left
8. Sicker than You
9. This City
10. Don't Cross Me
11. Scorcher
12. Role Model
13. Out of Time
14. Cyanide
15. The Roll Call
16. I'm So Free
17. The Mystery
18. Spirits Roam




Libérate / Discografía
(CD/BTR-016)
1,800yen + TAX
2019年11月30日発売

試聴サイト
https://liberate-ca.bandcamp.com/


ACxDCのVo.SergioがACxDCの一時休止中の2006〜2011年の間に活動していたLA産、激猛烈RAGING FASTCORE、¡Libérate!のFULL DISCOGRAPHYがBREAK THE RECORDよりリリース。
メンバー達が青春時代の多感な時期に擦り切れるほどにレコードを聴き、足繁く通ったハードコアショウで生で体感してきたと思われる90〜00s FASTCOREからの影響をダイレクトに叩き出した微塵の迷いも無い激テンション&激ファストに暴れ狂う超絶PUREなFASTCOREスタイルはある人にとってはとても懐かしく心温まり、ある人にとってはめちゃくちゃ新鮮かつ純粋に胸を熱くしてくれる。そしてそのバンド名が表す通り全編に渡りスペイン語を用いた巻き舌の語幹による独特な危なさと人懐っこさを兼ね備えているあたりは完全にLOS CRUDOSを彷彿とさせる。LOS CRUDOSもまた初期〜後期に移り変わるに連れてマーチン先生のヴォーカルスタイルはどんどんブチギレた絶叫スタイルへと変化していってましたがまさしくこの¡Libérate!も一緒で、初期作品でのSergioはストレートに感情を吐き出すドスの効いた咆哮ヴォーカルを披露、そして後期に移るに連れてACxDCでも聴かせる感極まりまくる鬼の絶叫スタイルへと変化していくのですが、これがまたどちらの時期もめちゃくちゃ熱い!
オフィシャルリリースとして存在している2008年リリースの1st EP「Amor Y Pasion」とSPLIT(w/Intifada)EP、VA「Short, Fast + Loud」参加音源はもちろん。ほぼ地元くらいでしか出回っていないであろう1st DEMO、録音したにも関わらず世に出る事のなかった膨大な未発表曲達、そして最後にはバンドの1st SHOWを丸々と収録した全49曲のコンプリートディスコグラフィー。
完全にFASTCORE化したLOS CRUDOSの如き存在、完全にFOR FANS OF SPEEDFREAKS、この言葉に何かピンと来る方は確実に手に取って頂いて間違い無いでしょう。

HAIL FASTCORE!!!!!!!

text : Sanitarium


The FULL DISCOGRAPHY of Los Angeles-born, ferocious and raging fastcore ¡LIBÉRATE!, fronted by vocalist Sergio from ACxDC's while ACxDC was on hold between 2006-2011, is now available through BREAK THE RECORDS.
Their style of pure fastcore, tense, fast, and transcendent; must have been a direct product of the 90's-00's fastcore from a time in their youth. It echoes the impressions of worn-down records played on repeat and of local shows that shaped their own memories--a sound nostalgic to some, but fresh and invigorating to others. As the band name suggests, all songs are in Spanish. The rolled Rs excite a unique mix of danger and welcoming, reminiscent of LOS CRUDOS. And like the way vocalist Martin of LOS CRUDOS progressively developed his style, Sergio in ¡LIBÉRATE! also evolved from heartful and straightforward shouting in their earlier work, to the demonic shrieking also evoked in ACxDC. Needless to say, both the early and later eras are fucking awesome in their own right.
This complete discography of 49 songs includes the official 2008 releases of their 1st EP Amor Y Pasion, split with Intifada, and songs on the compilation Short, Fast + Loud, along with very underground releases that could only be found at local shows like their 1st Demo, which was kept unreleased despite recording a great number of songs, and a full recording of their first show.
For speedfreaks and anyone who gets excited over the words "fastcore" and "LOS CRUDOS" put together, this release is unmistakably made for you.

HAIL FASTCORE!!!!!!!


1.¡Libérate!
2.El Golpe
3.Obreros Unidos
4.Dame Mis Derechos O Te Dare La Muerte
5.¿Hispano? ¡No!
6.Esta Escena
7.Traidor
8.Amigo Imaginario
9.No Vales La Pena
10.Me Vas A Tener Que Matar
11.¿Escuela O Guerra?
12.San Salvador Atenco
13.España 36
14.Venganza
15.Muy Macho
16.Hasta Que Me Aguante El Cuerpo
17.Llora La Tierra
18.Fraticidad
19.Trabajar Para Vivir
20.El Proceso
21.Viejos Pateticos
22.Todos Somos Complice
23.El Amor Entre Hombres
24.Gringo Ilegal
25.El Sueño Se Convirtió En Pesadilla
26.Me Lo Paso Por El Culo (Los Crudos cover)
27.Quanto Mais Ignore Mais Aparente Fica (Discarga cover)
28.Fantasia (Life's Halt cover)
29.¿Escuela O Guerra?
30.El Golpe
31.Dame Mis Derechos O Te Dare La Muerte
32.El Sueño Se Convirtió En Pesadilla
33.España 36
34.Gringo Ilegal
35.Llora La Tierra
36.Me Lo Paso Por El Culo (Los Crudos cover)
37.Me Vas A Tener Que Matar
38.Muy Macho
39.Traidor
40.Venganza
41.Obreros Unidos
42.Me Vas A Tener Que Matar
43.Llora La Tierra
44.¿Hispano? ¡No!
45.Gringo Illegal
46.España 36
47.¿Escuela O Guerra?
48.Dame Mis Derechos O Te Dare La Muerte
49.First Show(Entire Set)


2019/10/1 SKITKLASS 1stアルバム




SKITKLASS / PRIMITIV KÄNSLA
(CD/BTR-099)
2,300yen + TAX
2019年11月15日発売

初回限定紙ジャケット仕様CD。SKITKLASS / グチャグチャ(ソノシート/BTR-001:POGO-109)購入抽選券封入。
LP盤はPOGO77 RECORDSより同時発売(POGO-105/2,800yen + TAX)

SKITKLASS / PRIMITIV KÄNSLAはLPがPOGO77から、CDがBREAK THE RECORDS からのリリース!フロントジャケットはあの宮西計三先生によるこの為の描き下ろしアート!
2019年12月7日に発売するSKITKLASS / グチャグチャ(日本語歌唱盤ソノシート/BTR-001:POGO-109)購入抽選券も封入。三ヶ国語対訳。
LPはポスター入り、CDはゲートフォールドで裏ジャケ違い。
レコ発ワンマンGIG決定で、当日会場のみ宮西計三先生オフィシャル・シルクスクリーン限定100枚ナンバリング入り販売!
Tシャツも発売します。
プリミティブ・ハードコアパンクよ死してなお踊れ!

2018年初頭頃より突如頭角を表し、その異様なマスク姿により素性が一切謎ながらリリース戦略、ステージ共に人々を混乱と衝動の渦に巻き込んだグループ、SKITKLASSが遂に世に放つ2019年1stフルアルバム!その屈折した存在感とは裏腹の、これ程までに80年代初頭に発生したハードコアパンクという音楽ジャンルの否定と反逆、そして破壊の哲学がかくにも純然たるかたちで提示された作品が今の時代にあって良いのだろうか?答えはNOだ!原始的で生々しい攻撃性に満ちたA面と形而上的カオスを叩き付けるB面の全16曲はジャケット・アートワークの驚嘆すべきインパクトと相まってこんな時代に投下されるにはあまりに不条理だ。だから気をつけろ、奴らはもうそこまで迫っている!
(邪奇異/FRAMTID.REVENGE RECORDS)

目玉ヒン剥いてよく見ろ!耳の穴かっポジってよく聴け!『SKITKLASS』は俺の最高のロック・イラストレーションさ!自信をもってtrashを超えたと言えるね。勿論中身も超ウルトラ'B'KLASS!!
(宮西計三)

立て続けにスマッシュヒットを連発するSKITKLASSが、セカンドアルバムを出す。マスター音源を聴きチビリましたが、ジャケットデザインはなんと・・・THE STALIN - trashを描いた宮西計三先生!もうこれは音源を聴きながらジャケットを拝むしかない。そして音源にはソノシート購入抽選チケットが封入とのことで、これまた泣くに泣けないマスク仮面達。さぁ12月7日 ワンマンライブもあるようだし、今年はSKITKLASSで締めくくりましょうかね
(今村紀康/POGO77 RECORDS)

制作に取り掛かった当初、収録される半分は"STUDIOテイク"、もう半分は"異次元LIVE"との事だったが、これにはすっかり騙された。CD用に渡されたマスター音源の収録曲数は9曲。"異次元LIVE"はこの9曲目の事を指すのだが、皆さんの思い浮かべるであろう"LIVE"とは違うのだ。SKITKLASSは"生活"や"生きる"という意味でこの言葉を選んだのではないだろうか。ある意味ネタバレのような事になってしまうので詳しい収録内容についての言及は避けるが、この1トラックに収められた音には情景が付随してくる。そうか、そういう意味でも"LIVE"なのかも知れない。PRIMITIV KÄNSLA、原始的感覚。目を閉じてこそ、見える景色がある。(安藤竜/BREAK THE RECORDS)

01.DEN OMÖJLIGA VÄRLDEN
02.DJURSPÖKE
03.PRIMITIV KÄNSLA
04.EXEMPLAR
05.STÄNGT SAMHÄLLE
06.DRAGKEDJEMASKENS HEMLIGHET
07.MALEN I SKOGEN
08.ASSIMILERING AV MAKT
09.BERÄTTELSESPÅR: ”MÖJLIGT HJÄRTA, OMÖJLIG VÄRLD”

----------

SKITKLASS / グチャグチャ
(ソノシート/BTR-001:POGO-109)
1,000yen + TAX
2019年12月7日発売

01.アニマルゴースト
02.原始的感覚

限定250枚プレス。
SKITKLASS / PRIMITIV KÄNSLAのCD(BTR-099)、LP(POGO-105)に封入されている抽選券の当選者のみ購入可能。

発表方法:2019年12月7日(土)町田Nutty'sでの"SKITKLASSワンマンライブ"にて発表。ライブ観覧者で当選された方は当日の物販スペースにてご購入いただけます。12月8日正午よりWEBページ(http://www.pogo77.com/skitklass/)へ当選番号を掲載。

応募方法:当選しましたソノシート購入抽選券の連絡先欄に記入の上、POGO77まで郵送してください。POGO77より追ってご連絡致します。

〒194-0203
東京都町田市図師町2951-15
POGO77 RECORDS宛 SKITKLASSソノシート係

--------

SKITKLASS "PRIMITIV KÄNSLA" 発売記念ワンマンGIG
「MALEN I SKOGEN」
町田Nutty's
2019年12月7日(土)
OPEN 19:00 / START 20:00

通常前売チケット ADV:2500円 / DAY:3000円
ライブ限定T-SHIRTS付チケット ADV:4500円 / DAY:5000円

出演:SKITKLASS

ソノシート購入抽選イベント / SKITKISSEとのチェキタイム / 宮西計三先生描シルクスクリーンポスター・T-SHIRTS会場限定発売


2019/9/19 ROCKY & The SWEDEN teaser公開



ROCKY & The SWEDEN / CITY BABY ATTACKED BY BUDS
(CD/BTR-420)
10月24日(木)発売
2,500円+税

2019年8月8日にリリースされた7インチを即日完売させ、完全復活の狼煙を上げたROCKY & The SWEDENが、19年振りとなるフルアルバムをついにリリース!!
ご存知HARDCORE GRASS HOPPERSこと、ROCKY & The SWEDEN。彼らの残した「TOTAL HARD CORE」、「GOD SAVE THE GREEN」は共に、ハードコア界における重要作品として数えられ、未だに日本海外問わずフェイバリットに挙げられる事も少なくない。そんなROCKY & The SWEDENの最新作がリリースされるというのだから、感謝、享受する以外に選択肢はないだろう。
まずアルバムを通して、皆様が期待しているだろう"ロッキーらしさ"に関してはど真ん中に鎮座している。そこから派生する新しい要素として、新メンバーKAZUKI SWEDENのギターワークは特筆しておくべきだろう。2曲目に収録されている"VOICE"のド頭イントロで飛び出すハーモニーに衝撃を覚えるに違いない。また、今作の布石としてリリースされた7インチに収録された"GREEN RIOT"、"WEED WEED WEED"も収録されているが、若干のマイナーチェンジがされているので是非聴き比べてみていただきたい。そして本アルバムの最後を飾る"UNITE & WIN"ではCAPTAIN"KOBA"SWEDENの熱唱で大円団。年月を経て新しく得たもの、それでも変わらないもの、その両面をしっかり噛み締める事が出来るラインナップのアルバムに仕上がっている。
一際目を引くジャケット画像はNY在住、新進気鋭のアーティストOKANO MASATO氏によるもの。また7インチ同様、アルバムタイトルのオマージュにも注目したい。兎にも角にも彼らの全てを詰め込んだ、まさに「Total Hard Core」な一枚がここに完成した。


Hardcore Grass Hoppers, ROCKY & The Sweden release full length album in 19 years!!
Their another two albums "TOTAL HARD CORE" & "GOD SAVE THE GREEN" are well known as world's hardcore classics for a long time. These are still listed as favorite by punk & hardcore heads all over the world.
Yes, this album is right that you expect. But you can feel change a bit from some songs. It's because of new member, KAZUKI SWEDEN(ex-VIVISICK). You will be blasted by his thrilling guitar play.
Eye-catching front cover painting is by Okano Masato in NYC. And you can find R&S's respect to hardcore originators from album title. Anyway, here's their "Total Hard Core" album coming!!

releases October 24, 2019

01. GREEN RIOT
02. VOICE
03. PEOPLE VS GOVERNMENT
04. SAVE
05. マリーに首ったけ
06. SURVIVE
07. MARY-GO-ROUND
08. WEED WEED WEED
09. FIGHT FOR YOUR RIGHT
10. MARY WANNA ROCK
11. REBEL
12. UNITE & WIN

試聴サイト
https://rockyandthesweden.bandcamp.com/

2019/9/12 "Croon A Lullaby" Bandcamp公開




■経血:EYESCREAM:NO NO NO / Croon A Lullaby
(CD/BTR-013)

経血、EYESCREAM、NO NO NOによるスプリット、Croon A LullabyですがCDはレーベル在庫切れ、小売店様も在庫切れが目立つようになりましたので、Bandcampサイトを公開いたしました。こちらにてデータご購入可能となります。

経血(Kei-Ketsu),EYESCREAM,NO NO NO, 3 way split CD "Croon A Lullaby" has all gone. So we release this split on Bandcamp. You can stream and download music from the site. Enjoy!!

Bandcamp site
https://croonalullaby.bandcamp.com/

経血、EYESCREAM、NO NO NOと、それぞれリリース作品が即時完売となってしまうなど、世界から大注目されている3バンドによる夢のスプリット作品が完成。
日本の80年代のパンク、ハードコアに強いバックボーンを感じされる"経血"ですが、今作でも同様、ドロドロしたような感触の楽曲2曲を収録。冒頭からアクの強いSEで入り、しっかり聴かせるミドル・チューン、そして緩急あるスピード・チューンへとなだれ込む。もはやこの手の音で"経血"を越えるバンドは現存しないのではないだろうか。巧みに操る日本語の妙にも脱帽だ。
これまでデモテープのみのリリースながら、既に海外レーベルからリリース熱望のオファーもあるという仙台の"EYESCREAM"。話題沸騰のデモテープからサウンドクオリティーも相当上がっている。80年代のハードコアの肝を押さえたような、心地良いスピード感で展開されていくハードコアサウンドはもはや爽快感すら感じる事が出来る。歯に衣着せぬボーカルスタイルにも要注目。
3バンドの中で最もぶっ飛んだスタイルの“NO NO NO”は、前述の2バンドと同様のバックボーンも持ちながらも、90年代以降の加速していくハードコア・サウンドの影響が色濃く出ている。トップ・スピードの演奏と早口に捲し立てるハイトーン・ボーカルは鳥肌物だ。速い楽曲ながらフックする部分も綿密に作られており、ハードコアの現代解釈としての面白味を多分に含んでいる。


Croon A Lullaby is master piece compilation symbolize Japanese underground hardcore punk scene nowadays.

■経血(KEI-KETSU)
Japanese hardcore punk influenced by 80's Japanese punk style. It starts from one and only middle tempo tune for this comp.Their unique lyrics are one of their characteristics.

■EYESCREAM
EYESCREAM is formed by the members from DISARRAY and bye-ASS.They play more speedy tunes than 経血 like 80's US Hardcore style mixed with Japanese hardcore.High tone vocals and simple riffs will be reach straight to your heart.

■NO NO NO
They plays craziest songs in this compilation.Full speed hardcore like since the 90's but it's not kind of strong style but PUNK.The vocalist sings so fast and you will be taken to their spiritual world.


-経血-
01.Ill-treatment
02.イカレキノコ

-EYESCREAM-
03.漂流者
04.NO PEACE
05.ステージ
06.ウジ虫

-NO NO NO-
07.MORAL
08.Cover Up
09.Sliver
10.Lingering Scent


2019/9/11 ROCKY & The SWEDEN 19年振りとなるアルバムをリリース!




ROCKY & The SWEDEN / CITY BABY ATTACKED BY BUDS
(CD/BTR-420)
10月24日(木)発売
2,500円+税

2019年8月8日にリリースされた7インチを即日完売させ、完全復活の狼煙を上げたROCKY & The SWEDENが、19年振りとなるフルアルバムをついにリリース!!
ご存知HARDCORE GRASS HOPPERSこと、ROCKY & The SWEDEN。彼らの残した「TOTAL HARD CORE」、「GOD SAVE THE GREEN」は共に、ハードコア界における重要作品として数えられ、未だに日本海外問わずフェイバリットに挙げられる事も少なくない。そんなROCKY & The SWEDENの最新作がリリースされるというのだから、感謝、享受する以外に選択肢はないだろう。
まずアルバムを通して、皆様が期待しているだろう"ロッキーらしさ"に関してはど真ん中に鎮座している。そこから派生する新しい要素として、新メンバーKAZUKI SWEDENのギターワークは特筆しておくべきだろう。2曲目に収録されている"VOICE"のド頭イントロで飛び出すハーモニーに衝撃を覚えるに違いない。また、今作の布石としてリリースされた7インチに収録された"GREEN RIOT"、"WEED WEED WEED"も収録されているが、若干のマイナーチェンジがされているので是非聴き比べてみていただきたい。そして本アルバムの最後を飾る"UNITE & WIN"ではCAPTAIN"KOBA"SWEDENの熱唱で大円団。年月を経て新しく得たもの、それでも変わらないもの、その両面をしっかり噛み締める事が出来るラインナップのアルバムに仕上がっている。
一際目を引くジャケット画像はNY在住、新進気鋭のアーティストOKANO MASATO氏によるもの。また7インチ同様、アルバムタイトルのオマージュにも注目したい。兎にも角にも彼らの全てを詰め込んだ、まさに「Total Hard Core」な一枚がここに完成した。


Hardcore Grass Hoppers, ROCKY & The Sweden release full length album in 19 years!!
Their another two albums "TOTAL HARD CORE" & "GOD SAVE THE GREEN" are well known as world's hardcore classics for a long time. These are still listed as favorite by punk & hardcore heads all over the world.
Yes, this album is right that you expect. But you can feel change a bit from some songs. It's because of new member, KAZUKI SWEDEN(ex-VIVISICK). You will be blasted by his thrilling guitar play.
Eye-catching front cover painting is by Okano Masato in NYC. And you can find R&S's respect to hardcore originators from album title. Anyway, here's their "Total Hard Core" album coming!!

releases October 24, 2019

01. GREEN RIOT
02. VOICE
03. PEOPLE VS GOVERNMENT
04. SAVE
05. マリーに首ったけ
06. SURVIVE
07. MARY-GO-ROUND
08. WEED WEED WEED
09. FIGHT FOR YOUR RIGHT
10. MARY WANNA ROCK
11. REBEL
12. UNITE & WIN

試聴サイト
https://rockyandthesweden.bandcamp.com/


2019/9/5 伝説のバンド"ROUTE 66"の音源が遂に7インチ化




■ROUTE 66
Good Times Rock'n Roll / Rockin Doll
(7inch RECORD/BTR-068)
2019年10月23日リリース
1,200円+税

活動歴わずか1年という伝説の80's Japanese Rock'n'Rollバンド、ROUTE 66。当時唯一残された音源が、長き時を経て遂に7インチカット!
言わずもがな、日本のパンク/ハードコア史に燦然と煌めく大名作オムニバス「OUTSIDER」に収録され、今も尚名演として語り継がれるこの2曲のマスターピース。演奏された当時、メンバーは高校生だったというのだから驚嘆するしかない。伸びやかなリズムで初期衝動を歌う「Good Times Rock'n Roll」は悪童達のアンセムで、サビのキャッチーなメロディーが印象的なスピードチューン「Rockin Doll」では大合唱していたに違いないだろう。パンクをしっかり吸収した小気味の良いRock'n'Rollスタイルで、当時この7インチがリリースされていればKILLED BY DEATHに収録されていてもおかしくないと思うのだが、いかがだろうか。今も昔も、最高のパンク・ロックは7インチで聴くのが鉄則だ。

SIDE-A
Good Times Rock'n Roll

SIDE-B
Rockin Doll


2019/8/22 Kürøishi 2ndアルバムリリース!




■Kürøishi / Sound the Alarm
(CD/BTR-015)
2019年9月20日リリース
1,500円+税

Terveet Kädetのメンバーを中心に結成された、FINLAND DARKEST HARDCORE "Kürøishi"の2ndフルアルバム。
地元FINLANDでもメンバーがハードコアフェスを主催し、WARHEADやSYSTEMATIC DEATH、DROPDEADなどを招致するなど、現在のシーンを引っ張る活躍を見せる中、ここ日本でも2018年に来日し、NoLA、NO EXCUSEと共に全国を行脚。その存在感を広くアピールした。黒く、陰鬱とした雰囲気を内包しながら加速させていくD-BEAT。コーラスパートも厚く、そして熱い。絡み合う二本のギターの妙も彼らの音楽的な下地がしっかりと活きているのを感じる事が出来るものだ。ゲストワークにはD-TAKT & RÅPUNKのJOCKや、NoLAのTAKERU、NO EXCUSEのHAYATO、SYSTEMATIC DEATHのRYUの名前が並んでいる。メインのアートワークは言わずもがなのSUGI氏。そしてEnormous Doorによるマスタリングという事で、鉄壁の布陣で制作された事がお分かりいただけるであろう。

01.Black Lung
02.Peace Is Victory
03.Ahneuden juuret
04.Wolfrider
05.Nihilismistä rakkauteen
06.Too Damned To Be Dead
07.No Values
08.Dystopian
09.Apocalyptic Stress
10.What Keeps Us Alive
11.Numbers & Asteroids


2019/7/22  ROCKY & The SWEDEN ジャケット公開




■ROCKY & The SWEDEN / GREEN RIOT/WEED WEED WEED
(7インチ+ダウンロードコード/BTR-844)
2019年8月8日リリース(フラゲなし8月8日から販売開始)
1,000円+税

奇跡の復活を遂げたHARDCORE GRASS HOPPERSこと、ROCKY & The SWEDENの300枚限定新作7インチシングル!!
2016年の自主企画来場者特典で久方ぶりの新音源を収録したCD-Rが配布され、それを聴いて次作に期待を寄せた方も多い事でしょう。直ぐにでもアルバムレコーディングに入る予定がアナウンスされていましたが、そこからの紆余曲折、活動停止の危機をメンバーチェンジで乗り越え、着手から実に3年、遂に完成目前迄漕ぎ着けたフルアルバムから先行して2曲をシングルカット!
今作も正にR&S節が渋く光る、最高の2曲を用意してくれました。GREEN RIOTにWEED WEED WEEDという、非常に彼ららしいワードで某パンクアイコン(隠すまでもないですが笑)のオマージュをするという、このセンスこそROCKY & The SWEDENを伝説たらしめた一因と言えるのではないでしょうか。また新ギタリストKAZUKI SWEDEN(ex-VIVISICK)により、今までには無かったスパイスが加わっているのも聴き処の一つ。新体制で完全復活を遂げたR&SのDOPEな活動に更なる期待を。

・Side-G
01.GREEN RIOT

・Side-W
01.WEED WEED WEED


↓その他8/9発売作品はこちら↓


■unfaded:KUGURIDO / SPLIT
(7インチ+ダウンロードコード/BTR-014)
2019年8月9日リリース
1,200円+税

奈良の"unfaded"と姫路の"KUGURIDO"。3LAからリリースされたV.A「ろくろ」にも参加した2バンドが今再び相見える。
この2バンドの共通項は「ネオクラスト」という事になるのだと思う。起源を辿れば必ずしも近い所に辿り着くだろう。しかしながらこのスプリット作品を聴いて思うのは、なんとも違いが引き立つ事か、という事だった。簡単に言えるのは7インチ片面にぶち込む曲数の違い。それは表現方法の違いと言う事が出来るだろう。そして楽曲の緩急を引き出す音を見事クリアに作り出したunfadedに対し、徹底的にDIYに拘るKUGURIDOはメンバー自らの手でレコーディング、ミックスを行う事でそれに負けない音を作った。ご購入いただいた方はジャケの見開き、両バンドのアートワーク面でのコントラストにも是非注目していただきたい。それぞれの単独作を聴くだけでは感じられなかった個性が際立ち、改めてスプリット作品をリリースする意義に気付く事が出来た。広くこの作品が伝播していく事を願ってやまないが、諸般の事情で300枚の限定プレスとなってしまった事をご了承いただきたい。

・Side-unfaded
01.永遠の光

・Side-KUGURIDO
01.底魚
02.思残渣
03.ヒダルガミ
04.250号線




■経血:EYESCREAM:NO NO NO / Croon A Lullaby
(CD/BTR-013)
2019年8月9日リリース
1,500円+税

経血、EYESCREAM、NO NO NOと、それぞれリリース作品が即時完売となってしまうなど、世界から大注目されている3バンドによる夢のスプリット作品が完成。
日本の80年代のパンク、ハードコアに強いバックボーンを感じされる"経血"ですが、今作でも同様、ドロドロしたような感触の楽曲2曲を収録。冒頭からアクの強いSEで入り、しっかり聴かせるミドル・チューン、そして緩急あるスピード・チューンへとなだれ込む。もはやこの手の音で"経血"を越えるバンドは現存しないのではないだろうか。巧みに操る日本語の妙にも脱帽だ。
これまでデモテープのみのリリースながら、既に海外レーベルからリリース熱望のオファーもあるという仙台の"EYESCREAM"。話題沸騰のデモテープからサウンドクオリティーも相当上がっている。80年代のハードコアの肝を押さえたような、心地良いスピード感で展開されていくハードコアサウンドはもはや爽快感すら感じる事が出来る。歯に衣着せぬボーカルスタイルにも要注目。
3バンドの中で最もぶっ飛んだスタイルの“NO NO NO”は、前述の2バンドと同様のバックボーンも持ちながらも、90年代以降の加速していくハードコア・サウンドの影響が色濃く出ている。トップ・スピードの演奏と早口に捲し立てるハイトーン・ボーカルは鳥肌物だ。速い楽曲ながらフックする部分も綿密に作られており、ハードコアの現代解釈としての面白味を多分に含んでいる。

-経血-
01.Ill-treatment
02.イカレキノコ

-EYESCREAM-
03.漂流者
04.NO PEACE
05.ステージ
06.ウジ虫

-NO NO NO-
07.MORAL
08.Cover Up
09.Sliver
10.Lingering Scent



■END RESULT / DISCOGRAPHY
(CD/BTR-073)
2019年8月9日リリース
1,500円+税

ここ日本でもTHE LAST SURVIVORSとスプリット7インチをリリースした事で注目を集めている"END RESULT"がこれまでの音源をまとめたディスコグラフィーCDをリリース!!

U.S.カリフォルニア州の現行PEACE PUNKグループ。バンド名はCRASSの1stアルバムに収録されていた曲"END RESULT"からで、イントロはその引用に始まる。これで彼らの精神性を垣間見れるのだが、それはひとつの通過点に過ぎず、現在進行形のバンドである。
バンドのイメージやスタイルからすると、僕のバンドであるTHE LAST SURVIVORSに声をかけ、スプリット作品の誘いをしたのかが分からなかった。何故、海外で名前が上がる様な界隈の日本のバンドじゃないのか?どこかのバンドが日本ツアーをすると大体出てくるバンドの方が利がありそうだが。持ちかけたがタイミングが合わなかったにせよ、ほぼほぼ決まった道筋からは外れている。所謂、現状のスタンダードではない。そこも彼らに惹かれた理由。連絡を取り合い、その中で細かな気遣い、優しさが感じられ、個人の人間性にも惹かれた。
だが、こうしたやりとりをする前から、僕は彼らのサウンドに魅了されていた。海外の現行バンドを知りたくて無数のデモやレコードを漁っていて、ダントツでそのサウンドに射抜かれていた。ICONOCLASTやCRUCIFIXといった80’s初期UK経由のUSアングリーHCを感じるこの現代にありそうでない系譜と、固着したオリジナリティー。誘爆を引き起こす熱量、正にハードコアパンク。
50年後、100年後、このバンドがパンクの歴史に名を残してないのなら、墓場から這い出て炎となり、全ての関連情報誌を燃やし尽くしてやる。ふふん。
Michiaki (THE LAST SURVIVORS)

What Pain WIll You Sustain? - Demo 2017
01.Aimless Games
02.Stagnant Peace
03.Vacant State
04.Day by Day
05.What the Future Holds?

End Result/The Last Survivors Split 7"
06.Empty Silence
07.Collapse

End Result/B.E.T.O.E Split 7"
08.Life. War. Death.
09.Abuse

End Result/Phane Split 7"
10.Raid
11.Vision of the End

3 Track Tour Cassette - 2019
12.Life. War. Death. (Rough Cut)
13.Abuse (Rough Cut)
14.Day by Day (Rough Cut)

Extra Track
15. Why So Limited? (Icons of Filth)


2019/7/11  BTR企画 DAY TIME SHOW




BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.23」
8月31日(土)新大久保earthdom

KUGURIDO
MEANING
DEAD MASQUERADE

OPEN 11:30 / START 12:00
ADV 2,000- / DOOR 2,500- (+1Drink order)

-TICKET RESERVE-
info@breaktherecords.jp (日程/カタカナフルネーム/枚数/電話番号を記載)
e-mail ⇒ (Date / Name / Qty / Phone number)


2019/7/5   8月4タイトル同時リリース!!!




■ROCKY & The SWEDEN / GREEN RIOT/WEED WEED WEED
(7インチ+ダウンロードコード/BTR-844)
2019年8月8日リリース(フラゲなし8月8日から販売開始)
1,000円+税

奇跡の復活を遂げたHARDCORE GRASS HOPPERSこと、ROCKY & The SWEDENの300枚限定新作7インチシングル!!
2016年の自主企画来場者特典で久方ぶりの新音源を収録したCD-Rが配布され、それを聴いて次作に期待を寄せた方も多い事でしょう。直ぐにでもアルバムレコーディングに入る予定がアナウンスされていましたが、そこからの紆余曲折、活動停止の危機をメンバーチェンジで乗り越え、着手から実に3年、遂に完成目前迄漕ぎ着けたフルアルバムから先行して2曲をシングルカット!
今作も正にR&S節が渋く光る、最高の2曲を用意してくれました。GREEN RIOTにWEED WEED WEEDという、非常に彼ららしいワードで某パンクアイコン(隠すまでもないですが笑)のオマージュをするという、このセンスこそROCKY & The SWEDENを伝説たらしめた一因と言えるのではないでしょうか。また新ギタリストKAZUKI SWEDEN(ex-VIVISICK)により、今までには無かったスパイスが加わっているのも聴き処の一つ。新体制で完全復活を遂げたR&SのDOPEな活動に更なる期待を。

・Side-G
01.GREEN RIOT

・Side-W
01.WEED WEED WEED




■unfaded:KUGURIDO / SPLIT
(7インチ+ダウンロードコード/BTR-014)
2019年8月9日リリース
1,200円+税

奈良の"unfaded"と姫路の"KUGURIDO"。3LAからリリースされたV.A「ろくろ」にも参加した2バンドが今再び相見える。
この2バンドの共通項は「ネオクラスト」という事になるのだと思う。起源を辿れば必ずしも近い所に辿り着くだろう。しかしながらこのスプリット作品を聴いて思うのは、なんとも違いが引き立つ事か、という事だった。簡単に言えるのは7インチ片面にぶち込む曲数の違い。それは表現方法の違いと言う事が出来るだろう。そして楽曲の緩急を引き出す音を見事クリアに作り出したunfadedに対し、徹底的にDIYに拘るKUGURIDOはメンバー自らの手でレコーディング、ミックスを行う事でそれに負けない音を作った。ご購入いただいた方はジャケの見開き、両バンドのアートワーク面でのコントラストにも是非注目していただきたい。それぞれの単独作を聴くだけでは感じられなかった個性が際立ち、改めてスプリット作品をリリースする意義に気付く事が出来た。広くこの作品が伝播していく事を願ってやまないが、諸般の事情で300枚の限定プレスとなってしまった事をご了承いただきたい。

・Side-unfaded
01.永遠の光

・Side-KUGURIDO
01.底魚
02.思残渣
03.ヒダルガミ
04.250号線




■経血:EYESCREAM:NO NO NO / Croon A Lullaby
(CD/BTR-013)
2019年8月9日リリース
1,500円+税

経血、EYESCREAM、NO NO NOと、それぞれリリース作品が即時完売となってしまうなど、世界から大注目されている3バンドによる夢のスプリット作品が完成。
日本の80年代のパンク、ハードコアに強いバックボーンを感じされる"経血"ですが、今作でも同様、ドロドロしたような感触の楽曲2曲を収録。冒頭からアクの強いSEで入り、しっかり聴かせるミドル・チューン、そして緩急あるスピード・チューンへとなだれ込む。もはやこの手の音で"経血"を越えるバンドは現存しないのではないだろうか。巧みに操る日本語の妙にも脱帽だ。
これまでデモテープのみのリリースながら、既に海外レーベルからリリース熱望のオファーもあるという仙台の"EYESCREAM"。話題沸騰のデモテープからサウンドクオリティーも相当上がっている。80年代のハードコアの肝を押さえたような、心地良いスピード感で展開されていくハードコアサウンドはもはや爽快感すら感じる事が出来る。歯に衣着せぬボーカルスタイルにも要注目。
3バンドの中で最もぶっ飛んだスタイルの“NO NO NO”は、前述の2バンドと同様のバックボーンも持ちながらも、90年代以降の加速していくハードコア・サウンドの影響が色濃く出ている。トップ・スピードの演奏と早口に捲し立てるハイトーン・ボーカルは鳥肌物だ。速い楽曲ながらフックする部分も綿密に作られており、ハードコアの現代解釈としての面白味を多分に含んでいる。

-経血-
01.Ill-treatment
02.イカレキノコ

-EYESCREAM-
03.漂流者
04.NO PEACE
05.ステージ
06.ウジ虫

-NO NO NO-
07.MORAL
08.Cover Up
09.Sliver
10.Lingering Scent



■END RESULT / DISCOGRAPHY
(CD/BTR-073)
2019年8月9日リリース
1,500円+税

ここ日本でもTHE LAST SURVIVORSとスプリット7インチをリリースした事で注目を集めている"END RESULT"がこれまでの音源をまとめたディスコグラフィーCDをリリース!!

U.S.カリフォルニア州の現行PEACE PUNKグループ。バンド名はCRASSの1stアルバムに収録されていた曲"END RESULT"からで、イントロはその引用に始まる。これで彼らの精神性を垣間見れるのだが、それはひとつの通過点に過ぎず、現在進行形のバンドである。
バンドのイメージやスタイルからすると、僕のバンドであるTHE LAST SURVIVORSに声をかけ、スプリット作品の誘いをしたのかが分からなかった。何故、海外で名前が上がる様な界隈の日本のバンドじゃないのか?どこかのバンドが日本ツアーをすると大体出てくるバンドの方が利がありそうだが。持ちかけたがタイミングが合わなかったにせよ、ほぼほぼ決まった道筋からは外れている。所謂、現状のスタンダードではない。そこも彼らに惹かれた理由。連絡を取り合い、その中で細かな気遣い、優しさが感じられ、個人の人間性にも惹かれた。
だが、こうしたやりとりをする前から、僕は彼らのサウンドに魅了されていた。海外の現行バンドを知りたくて無数のデモやレコードを漁っていて、ダントツでそのサウンドに射抜かれていた。ICONOCLASTやCRUCIFIXといった80’s初期UK経由のUSアングリーHCを感じるこの現代にありそうでない系譜と、固着したオリジナリティー。誘爆を引き起こす熱量、正にハードコアパンク。
50年後、100年後、このバンドがパンクの歴史に名を残してないのなら、墓場から這い出て炎となり、全ての関連情報誌を燃やし尽くしてやる。ふふん。
Michiaki (THE LAST SURVIVORS)

What Pain WIll You Sustain? - Demo 2017
01.Aimless Games
02.Stagnant Peace
03.Vacant State
04.Day by Day
05.What the Future Holds?

End Result/The Last Survivors Split 7"
06.Empty Silence
07.Collapse

End Result/B.E.T.O.E Split 7"
08.Life. War. Death.
09.Abuse

End Result/Phane Split 7"
10.Raid
11.Vision of the End

3 Track Tour Cassette - 2019
12.Life. War. Death. (Rough Cut)
13.Abuse (Rough Cut)
14.Day by Day (Rough Cut)

Extra Track
15. Why So Limited? (Icons of Filth)


2019/6/11  KRIMEWATCH(US/NY)来日ツアー teaser



Directed by Thisism

-TICKET RESERVE-
info@breaktherecords.jp (日程/カタカナフルネーム/枚数/電話番号を記載)
e-mail ⇒ (Date / Name / Qty / Phone number)


■8月9日(金)大阪 KINGCOBRA
BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.19」

KRIMEWATCH
Nightmare
FEROCIOUS X
MASTERPEACE

OPEN 19:00 / START 19:30
ADV 3,000円 / DOOR 3,500円(+1D)


■8月10日(土)名古屋 RED DRAGON
BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.20」

KRIMEWATCH
九狼吽
ORdER
DIEAUDE

OPEN 19:00 / START 19:30
ADV 3,000円 / DOOR 3,500円(+1D)


■8月11日(日)横浜 EL PUENTE
BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.21」

KRIMEWATCH
経血
No No No
EYESCREAM

OPEN 18:00 / START 19:00
ADV 3,000円 / DOOR 3,500円(+1D)


■8月12日(月祝)東京 earthdom
BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.22」

KRIMEWATCH
SYSTEMATIC DEATH
O.U.T(札幌)
FORWARD
EIEFITS
LOW VISION
FIXED

OPEN 16:30 / START 17:00
ADV 3,000円 / DOOR 3,500円(+1D)


2019/5/30  NoLA 「KNOWHERE feat.HAYATO(MEANING / NO EXCUSE)」MV公開





■NoLA / Santa Muerte
(CD/BTR-091)
2019年4月24日リリース
2,300円+税

日本エクストリーム・ミュージック界の流れが変わる。新星"NoLA"が満を持して放つ、最強の1stアルバム。
現在東京のハードコア、パンク、メタルなどを内包するエクストリームシーンにおいて、最も活発な動きをしてきたバンドの一つである事は紛れもない事実である。REDSHEERとのスプリット7インチ、The DonorとのスプリットCDを矢継ぎ早にリリースし、名だたるツアーバンドを迎えた自主企画も頻繁に開催。海外へ赴いてのタイトなツアーも経験し、見事百戦錬磨のライブバンドとして、その名を世界へ馳せる事となった。活動を続ける中で、長くアルバム制作の話は出ていたものの、ここまで踏み切らなかったのには彼らなりの理由があったに違いない。そして2019年、遂に機は熟した。
レコーディングはカリフォルニアのEarhammer Studiosで敢行され、エンジニアのGreg(DeathgraVe/Brainoil)との共同作業は神懸かり的なケミストリーを生み出した。この手の音楽で他と比較する事は全くもってナンセンスではあるが、敢えて"世界基準の音"が完成したと断言する。重厚で深く、精神まで届くような音塊だ。

01.Fake Smile
02.Small Tree
03.Full Of Lies
04.Knowhere feat.HAYATO(MEANING/NO EXCUSE)
05.The Pit
06.Last Moment
07.Kush & Hate
08.Leave Yourself
09.Santa Muerte
10.Filth Face
11.No Exception

2019/5/23  KRIMEWATCH(US/NY)来日ツアー


-TICKET RESERVE-
info@breaktherecords.jp (日程/カタカナフルネーム/枚数/電話番号を記載)
e-mail ⇒ (Date / Name / Qty / Phone number)


■8月9日(金)大阪 KINGCOBRA
BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.19」

KRIMEWATCH
Nightmare
FEROCIOUS X
MASTERPEACE

OPEN 19:00 / START 19:30
ADV 3,000円 / DOOR 3,500円(+1D)


■8月10日(土)名古屋 RED DRAGON
BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.20」

KRIMEWATCH
九狼吽
ORdER
DIEAUDE

OPEN 19:00 / START 19:30
ADV 3,000円 / DOOR 3,500円(+1D)


■8月11日(日)横浜 EL PUENTE
BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.21」

KRIMEWATCH
経血
No No No
EYESCREAM

OPEN 18:00 / START 19:00
ADV 3,000円 / DOOR 3,500円(+1D)


■8月12日(月祝)東京 earthdom
BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.22」

KRIMEWATCH
SYSTEMATIC DEATH
O.U.T(札幌)
FORWARD
EIEFITS
LOW VISION
FIXED

OPEN 16:30 / START 17:00
ADV 3,000円 / DOOR 3,500円(+1D)


2019/4/27  MUSTANG 新作LP & Tシャツ リリース




■MUSTANG / MIND WANDERING
(LP/BTR-018)
2019年6月12日リリース
2,300円+税(予定価格)
※価格は変更の恐れがありますのでご了承ください。変更の場合は再度アナウンスいたします。

北国北海道は函館が生んだハードコア日本代表"MUSTANG"の久方ぶりとなる単独作が、BREAK THE RECORDSとイタリアのF.O.A.D. RECORDSから共同リリース! 2018年5月にイタリアハードコアレジェンド、EU'S ARSEとスプリット7インチをリリースし、ツアーを大成功させたMUSTANGですが、まとまって楽曲が聴けるリリースは2006年以来。どこまでも熱く、魂を燃やして吐き出す言葉と音が一体となり押し寄せる、純然たるハードコアサウンドが今再びここに。録音は函館ハードコアの聖地"CASA"にて行われ、したたる汗を感じる程の熱量を音源の中に閉じ込める事に成功した。ジャケットデザインはan ideal for livingによるもので、今までのMUSTANGのイメージを塗り替える程のインパクトを放っている。レコード盤面はBREAK THE RECORDS盤とF.O.A.D RECORDS盤では色違いのカラービニール2色展開。これぞフィジカルリリースの醍醐味である。

side-A
01.Day of the Days
02.Thrust Down
03.Crime Committed

side-B
01.March of Hell
02.Burning Soul
03.MIND WANDERING



■MUSTANG Mind Wandering LONG SLEEVE T SHIRT
2019年6月12日リリース 3,500円+税
DESIGN:an ideal for living
BODY COLOR:BLACK
INK:WHITE (GILDAN社製5.3oz)FRONT & SLEEVE PRINT
製作:FUUDOBRAIN


■MUSTANG Mind Wandering T SHIRT
2019年6月12日リリース 2,500円+税
DESIGN:an ideal for living
BODY COLOR:BLACK,
INK:WHITE (GILDAN社製5.3oz)FRONT
製作:FUUDOBRAIN

2019/4/22  SKITKLASSリリース告知第一期発信




■SKITKLASS / Primitiv känsla
LP version will be released from POGO 77 RECORDS
CD version will be released from BREAK THE RECORDS
more info coming soon...

散々シーンを引っ掻き回して、ベスト盤を出してあっという間に解散か、と思ったら続きがあったのか。SKITKLASSから次回作リリースに関する打診が届いたので皆様にもお知らせさせていただきます。ただ現段階では未確定要素も多く、推測の域を出ない事をご了承いただきたい。
リリース形態はPOGO 77 RECORDSからLP盤が、BREAK THE RECORDSからCD盤がリリースされる事になる。前回のベスト盤と同じ布陣である。
タイトル"Primitiv känsla"は日本語にすると"原始的感覚"という事であるが、感覚は研ぎ澄まそうとすればする程原始的になっていくものであると思うし、はたまた"BACK TO THE 80's"のような標語の意味のものなのであろうか。
まだ音源に関してもこちらに届いていない状態ではあるが、LP盤ではA面がスタジオテイク、B面は異空間的ライブテイクが収録されるとの事。"異空間ライブ"が何を指すのかは不明ではあるが、一筋縄ではいかない仕上がりを期待せざるを得ない。全18曲収録でどのような割り振りかも不明ではあるが、片面は1曲で、もう片面に17曲を収録する事も彼らだったらやりかねない。ここも続報を待つしかないだろう。
そして今回の目玉の一つであるジャケットの件。THE STALINが初期に残した不朽の名作“TRASH”の強烈なアートワークで知られる"宮西計三先生"が描き下ろしたものであるとの事。経緯は分からないが今考えるとお互いがシンパシーを感じるであろう部分が理解できる。またここで片面がスタジオテイク、片面がライブテイクである事のヒントを得る事が出来た。ここまで計算された作品は滅多にお目に掛かれない。ひとつのボタンの掛け違いが作品自体の意味を変えてしまうのだから。ただその肝心のアートワークにはまだモザイクが掛けられた状態だ。公開を心待ちにしたい。
さらにギミックがもう一つ。どうやらLP盤CD盤の初回プレス分に、"限定ソノシート"を購入する権利が得られるクジが付くとの事。クジ?どういう事だろうか。こちらも詳細は未定ではあるが、世界中からのWANTがあるのは想像に容易い。流行りのサブスクへのアンチテーゼか、はたまたただの遊び心か。フィジカルへの拘りは間違いなく感じられるが、この解答を得るのは難しそうである。
ここまでが今の所把握している情報から"推測"される全てである。次回の情報で覆される部分もあるだろうが、また何か"奴ら"から連絡があり次第、皆様へも共有させていただくつもりだ。

2019/4/15  NoLA 「Kush&Hate」teaser公開




2019/4/11  INFEST(US/LA)来日決定




■2019年6月26日(水)新大久保earthdom
BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.17」

INFEST(USA)
SYSTEMATIC DEATH
SLIGHT SLAPPERS
self deconstruction

OPEN 19:00 / START 19:30
adv.3,000- / door.3,500-(+1D)


■2019年6月27日(木)横浜EL PUENTE
BREAK THE RECORDS pre.「WAR FOR PEACE vol.18」
~Power Violence Yokohama~

INFEST(USA)
SYSTEMATIC DEATH
FIGHT IT OUT

OPEN 19:00 / START 20:00
adv.3,000- / door.3,500-(+1D)


-TICKET RESERVE-
info@breaktherecords.jp (日程/カタカナフルネーム/枚数/電話番号を記載)
e-mail ⇒ (Date / Name / Qty / Phone number)


2019/4/2 FETISH 1stアルバムリリース!




■FETISH / WORLD EATER
(CD/BTR-096)
2019年5月15日リリース
2,000円+税

POISON IDEAのドラマーとして人気が高いThee Slayer HippyことSteve Hanford率いる新バンド、FETISHが1stアルバムを遂にリリース!
Thee Slayer Hippyがドラマーという事で既に世界的に話題騒然のFETISHですが、その他にも同POISON IDEAから、そして日本のFORWARDともスプリットをリリースし、ツアーも帯同したLong Knifeのメンバーも在籍している、PDXハードコアのオールスターバンドとなっております。2018年にリリースされた7インチをチェックされている方もいらっしゃるかと思いますが、期待通りの暴走ロッキンハードコアに加え、いぶし銀のスタジアムロックのようなアプローチもあり、見事な完成度でまとめあげた傑作アルバムに仕上がっています。レコーディングからのミックス、マスタリングにも相当な時間を費やし、細部に渡り趣向を凝らしていますので長く楽しんでいただける事でしょう。
紙ジャケットを更にポスタースリーブでくるんだ、拘りの装丁にもご注目ください。日本盤CDにはLP盤に収録されない"A House Is Not A Motel"も追加収録されております。

01.World Eater
02.Take The Knife
03.Blurred Projections
04.Voyager
05.New Gods
06.In The Basement
07.Ride On
08.The Walk
09.Walk In Shapes
10.A House Is Not A Motel


2019/3/22  NoLA 1stアルバムリリース!




■NoLA / Santa Muerte
(CD/BTR-091)
2019年4月24日リリース
2,300円+税

日本エクストリーム・ミュージック界の流れが変わる。新星"NoLA"が満を持して放つ、最強の1stアルバム。
現在東京のハードコア、パンク、メタルなどを内包するエクストリームシーンにおいて、最も活発な動きをしてきたバンドの一つである事は紛れもない事実である。REDSHEERとのスプリット7インチ、The DonorとのスプリットCDを矢継ぎ早にリリースし、名だたるツアーバンドを迎えた自主企画も頻繁に開催。海外へ赴いてのタイトなツアーも経験し、見事百戦錬磨のライブバンドとして、その名を世界へ馳せる事となった。活動を続ける中で、長くアルバム制作の話は出ていたものの、ここまで踏み切らなかったのには彼らなりの理由があったに違いない。そして2019年、遂に機は熟した。
レコーディングはカリフォルニアのEarhammer Studiosで敢行され、エンジニアのGreg(DeathgraVe/Brainoil)との共同作業は神懸かり的なケミストリーを生み出した。この手の音楽で他と比較する事は全くもってナンセンスではあるが、敢えて"世界基準の音"が完成したと断言する。重厚で深く、精神まで届くような音塊だ。

01.Fake Smile
02.Small Tree
03.Full Of Lies
04.Knowhere feat.HAYATO(MEANING/NO EXCUSE)
05.The Pit
06.Last Moment
07.Kush & Hate
08.Leave Yourself
09.Santa Muerte
10.Filth Face
11.No Exception


2019/2/28  KRIMEWATCH(US/NY) JAPAN TOUR 2019 




■8月9日(金)大阪 KING COBRA
■8月10日(土)名古屋 RED DRAGON
■8月11日(日)横浜 EL PUENTE
■8月12日(月祝)東京 earthdom

More details coming soon
お問合せはinfo@breaktherecords.jpまで

2018/2/19  NEUROOT来日&ディスコグラフィーCD発売、TOTAL JERKS新作発売




■NEUROOT / NEUROLOGY 1983-2019
(CD2枚組/BTR-097/098)
2019年3月20日リリース
2,000円+税

オランダの80's HARDCORE隠れ名バンド、「NEUROOT」が初の来日ツアー敢行に合わせ、ディスコグラフィーCDをリリース!
自主制作のテープ音源(その後LPで再発)から、Pusmortからリリース予定でありながらテストプレスのみでお蔵入りとなってしまったFratricideとのスプリット用の音源(Right Is Mightというタイトルで後にリリース)、更には再結成後の音源まで、まるっとカバーしたディスコグラフィーCD!2019年作の最新録音源では同郷オランダのパンクバンドFlyin'Spiderzのカバーもあり。近年ライブの音源も収録されており、とんでもないボリュームの2CD仕様。皆様初期のユーロ色全開のハードコア・アタック・サウンドはお好きかと思いますが、近年作品の硬派な骨太感も是非ご体感いただきたい。大枠の"ロック"を広く吸収した玄人ハードコアサウンドでこれまた素晴らしい。そしてオフィシャルの単独作では初のCDリリースとなります。


■2019年4月19日(金)新大久保earthdom
BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.16」

Neuroot(Holland)
FORWARD
THE LAST SURVIVORS
ROCKY & THE SWEDEN
NO EXCUSE

OPEN 19:00 / START 19:30
adv.3,000- / door.3,500-(+1D)
チケット予約はinfo@breaktherecords.jpまで、日付、カタカナフルネーム、電話番号、枚数をご連絡ください。



"Disc 1"
●from NAZI-FREI EP (Artcore Fanzine 2019)
01.Nazi-Frei
02.World War III
03.City Boy
04.American Dream
05.Tolerance (slight return)

●from OBUY AND DIE! Album (Civilizaton Recs. 2018)
06.Obuy and Die!
07.Tolerance (No Pasaran)
08.Conformity Kills
09.Never ending Wars
10.Rattrap (part 1 & 2)
11.The Aftermath
12.Fuckoshima

●from PLEAD INSANITY Album (Hageland Hardcore recs.1988)
13.4th Roman Empire
14.Going Mad
15.Nightmare of Humanity
16.The End
17.S.D.I.
18.Ignorant
19.Broken Will
20.Politicians & Businessmen
21.The Curse of Wealth
22.Hungry Children
23.World War III
24.Heavy Metals
25.Macht Kaputt Wass Euch Kaputt Macht

"Disc 2"
●from RIGHT IS MIGHT EP (Smeul recs. 1985) / Album ( Havoc Recs. 2012)
01.(Wir) Sind die Ratten vom Müll
02.Politicians & Businessmen
03.Alarm
04.The Lie They call The Truth
05.Nightmare of Humanity
06.World War III

●from MACHT KAPUTT WASS EUCH KAPUTT MACHT Album (Coalition / Prügelprinz 2009 / Music Casette (Smeul recs / Limbabwe 1982)
07.Ignorant
08.Conservative
09.Police Provocation
10.Dogs of the System
11.GBO Gestapo
12.Won’t Conform
13.Macht Kaputt Wass Euch Kaputt Macht
14.State Brain
15.Royal Menace
16.Crisis
17.Democracy

"Live tracks"
●from Live Willemeen Arnhem (NL) 2017
18.Broken Will
19.Politicians & Businessmen
20.The Lie They call The Truth
●from Punkathon sampler 2017
21.Broken Will
22.American Dream
●from Live Chonqing (CN) Nuts july 2018
23.Conformity Kills
24.Obuy and Die!
●from Live Rotterdam Baroeg (NL)august 2018
25.The Lie they call the Truth
26.World War III





■TOTAL JERKS / FEAR
(CD/BTR-090)
2019年3月20日リリース
1,200円+税

BREAK THE RECORDSからリリースされた前作が、各地のこの手の音が好きな方より大絶賛を受けた、インドネシアはジャカルタのオールドスクールハードコア「TOTAL JERKS」の最新音源!
前作の時にチェックしていただいた方はご存知かと思いますが、基本的には怒涛の勢いで繰り出す、オールドスクールなハードコアサウンド(非ゴリゴリ)。しかしながら特徴的なギターの音についつい注目しちゃいますね。まったく伸びない音のギターソロとか本当にグッときます。急に心のツボを刺激するメロディーラインも飛び込んできたりして、全く予断を許さない感じが彼らの最大の特徴。今回も10曲収録ですがサクッと聴けちゃいますので、肩肘張らずに楽しんでください。

1.Intro
2.Depresi
3.Sudah Gila
4.Help Me
5.Tanpa Henti
6.Fear
7.Hilang Arah
8.I Hate Myself
9.Muak
10.Broken Life


2019/1/22  BTR企画「WAR FOR PEACE vol.15」 




2019年3月30日(土)新大久保earthdom
BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.15」

WARHEAD(狂都)
REALITY CRISIS(名古屋)
鉄アレイ
NoLA
THE TITS
SKITKLASS
SYSTEMATIC DEATH

OPEN 17:00 / START 17:30
adv.2500yen+1D / DOOR.3,000yen+1D

チケット予約はinfo@breaktherecords.jpまで、日付、カタカナフルネーム、電話番号、枚数をご連絡ください。


2018/12/20  REALITY CRISIS 2ndアルバム再発盤




■REALITY CRISIS / Discharge Your Frustration
(CD/BTR-092)
2019年1月23日リリース
1,500円+税

日本CRUST HARDCORE界最重要バンドの一角"REALITY CRISIS"の名作2ndアルバムが遂に再発!ボーナストラックとして現メンバーによるEngraveの再録音ver.を加えたリマスタリング盤!
名盤と謳われながら長くプレス切れ状態となってしまっておりましたが、発売から10年以上の年月を経て、再度世に送り出される事となりました。1stアルバムの頃とは一味違った、今だからこそ言える"彼ららしさ"を発揮する事に成功した2ndアルバムで、UK 80's CRUSTバンドのバックボーンを強く感じさせながらも、広く、そして深い音楽活動の果てに手に入れた"本物の音"がここには詰まっています。今も尚世界に目を向けた活動を続けるREALITY CRISISの貴重なアーカイヴとしても、非常に意義のあるリリースです。
現在は本作のオリジナル盤リリース時とは異なるメンバー編成での活動をしていますが、現メンバーで再録音したEngraveを追加収録。全体をリマスタリングし、ジャケットにも遊び心を加えた仕様となります。

01.World
02.Slash 'Em All
03.G.I.P.D.
04.Fool For The City
05.Who Is Your Messiah?
06.Frustration
07.Nothing To Anything... Anything To Nothing
08.No Fate ~ Engrave


■REALITY CRISIS / Discharge Your Frustration + Open The Door And Into The New Chaotic World
(CD/BTR-092S)
2019年1月23日リリース
2,000円+税

BREAK THE RECORDSから再発された"Discharge Your Frustration"と、ANSWER RECORDSからリリースされた"Open The Door And Into The New Chaotic World"の数量限定セット。

【Discharge Your Frustration】
01.World
02.Slash 'Em All
03.G.I.P.D.
04.Fool For The City
05.Who Is Your Messiah?
06.Frustration
07.Nothing To Anything... Anything To Nothing
08.No Fate ~ Engrave

【Open The Door And Into The New Chaotic World】
01.Reality (Intro)
02.Hatefull Wall
03.Stay Free
04.Time Goes By So Fast
05.Waste Land
06.Sore
07.Last Countdown
08.Imaginary Chain
09.Open Your Eyes
10.Progress
11.Anno Domini


2018/11/05  BUTCHER 2ndアルバムリリース!




■BUTCHER / Return To Nothingness
(CD/BTR-094)
12月5日リリース
1,500円+税

元WORLD BURNS TO DEATHのJACK CONTROL在籍という事で鳴り物入りでデビューし、前作「HOLDING BACK THE NIGHT」が全世界で話題となったBUTCHERの2ndアルバム!前身バンド云々ではなく、「HOLDING BACK THE NIGHT」は素晴らしい作品でした。様々なハードコアのエッセンスが絶妙のバランスでブレンドされ、楽曲の完成度の高さと抜群の録音で、全世界で評価されたのも頷ける内容であったと思います。1stアルバムからはロックの要素を感じる事が多かったのですが、この2ndアルバムでは全体的なスピード感が増し、ある種のTHRASHのような要素が強くなったような印象。勿論今回も、というか今回はより強力な音作りで体の芯まで震わせる音塊に仕上がっています。FORWARDのギタリスト、SOUICHI氏も正式メンバーとして参加。アートワークは前作に引き続きTOMOHIRO MATSUDA氏が手掛けた、トータル・ハードコアなマスターピース。

01. Return To Nothingness
02. The Mountain's Shadow
03. Don't Let It Gather Dust
04. Beyond The Triple World
05. The Cry Of Cicadas
06. Beware Of Gnawing Nothingness
07. Finally Out Of Reach
08. Done With This Life
09. The Dead Turn Into Birds
10. When You See The Smoke


2018/11/01  TRAGEDYの新作「FURY」日本盤CDリリース




■TRAGEDY / FURY
(CD/BTR-093)
12月5日リリース
1,500円+税

近代HARDCOREにおいて最も影響力のあるバンドと言っても過言ではないであろう、TRAGEDYが遂にリリースした新作LPのCD盤。
「BLOODSHED FEST 2018」にて先行に販売され、全世界を狂喜乱舞させたこの最新作は、1st~3rd頃の流れを汲んでいるような、原点回帰を思わせる一枚。ご存知の通り、彼らは前作“DARKER DAYS AHEAD”で常人には到底辿り着けないであろう境地まで到達。しかし今回はそこからふり幅が大きい、ストレートなハードコア・サウンドを提示してきました。無条件に血が滾るような音塊は"あの"TRAGEDYサウンドである事には間違いありませんが、シンプルながら、より一層の深みを感じられるのは前作を経ているからでしょうか。彼らは原点に戻ったのではなく、更なる進化の果てに、このサウンドになったと言えるのかもしれません。

01. Leviathan
02. Enter the Void
03. Kick and Scream
04. Fury
05. Swallow the Pill
06. A Life Entombed


2018/10/24  EXCEL 2作品同時リリース




■EXCEL / LIVE 1985-1992
(CD/BTR-082)
11月21日リリース
1,800円+税

Suicidal TendenciesやBeowülf、No Mercyなどと双璧をなす、ヴェニス・ハードコア・シーンの最重要バンドEXCELの、初期~中期の歴史を追った、全18曲収録のライブ、リハーサル音源集!熱烈な支持の多いSplit ImageやThe Joke’s On You期、バンドとしても脂が乗り切った内容で、ファンにはたまらない一枚となっております。収録時間の許す限り素材をカットせずに入れてありますので「この曲は1stアルバムの~」のような貴重なMCが聞けるのも嬉しいポイント。音質が良いとは言えませんが、その辺りのリアルな雰囲気も含めてお楽しみください。

01. Spare The Pain (American Legion Hall - Bakersfield, CA - 1985)
02. Dead and Buried / Directed To The Road of Hate (Ruthie’s Inn - Berkeley, CA - 1985)
03. Never Look Away / Fighting (Vets Auditorium - Culver City, CA - 1986)
04. Your Life, My Life (Rehearsal Writing Session - West L.A. - 1986)
05. Social Security (Fender’s Ballroom - Long Beach, CA - 1987)
06. Wreck Your World (Fender’s Ballroom - Long Beach, CA - 1987)
07. The Joke’s On You (Country Club - Reseda, CA - 1987)
08. Drive (Country Club - Reseda, CA - 1987)
09. Europe Tour Intro (The Nighttown - Rotterdam, Netherlands - 1989)
10. Seeing Insane (The Nighttown - Rotterdam, Netherlands - 1989)
11. You’re Fired (The Nighttown - Rotterdam, Netherlands - 1989)
12. Message In A Bottle (The Nighttown - Rotterdam, Netherlands - 1989)
13. Intro (The Whiskey - West Hollywood, CA - 1992)
14. My Thoughts (The Whiskey - West Hollywood, CA - 1992)
15. Tapping Into The Emotional Void (The Whiskey - West Hollywood, CA - 1992)
16. Soul Sick (Demo - Highland Park, CA - 1992)
17. Withdrawl (Demo - Highland Park, CA - 1992)
18. Priorities Astray (Demo - Highland Park, CA - 1992)




■EXCEL / SEEKING REFUGE 1993-1999
(CD/BTR-083)
11月21日リリース
1,800円+税

Suicidal TendenciesやBeowülf、No Mercyなどと双璧をなす、ヴェニス・ハードコア・シーンの最重要バンドEXCELの、現在入手困難となっている3rdアルバムが遂に正規再発!ボーナストラックとして93年のライブ音源、そして再結成前最後のライブとなった99年のライブを追加収録した、バンドのアーカイヴとしても非常に重要な全18曲の特別盤。CRUCIFIXのカバーも収録されているのも興味深い所。音源の希少性も相俟ってこの3rdアルバムまでは手を伸ばしていなかった方も多いかと思いますので、この機に是非補完してください。

01. Unenslaved
02. Hair Like Christ
03. Plastic Cracks
04. Take Your Part (Gotta Encourage)
05. Drowned Out
06. United Naturally In True Youth
07. Riptide
08. Overview
09. Downpressor
10. Redemptionless (LIVE - 1993)
11. Plastic Cracks (LIVE - KXLU - 1993)
12. Drowned Out (LIVE - KXLU - 1993)
13. Self Realization (LIVE - KXLU - 1993)
14. In Memory Of (LAST SHOW - HEADLINE RECORDS - 1999)
15. Crossed Out (LAST SHOW - HEADLINE RECORDS - 1999)
16. Hurt Yourself (LAST SHOW - HEADLINE RECORDS - 1999)
17. No Limbs (CRUCIFIX COVER) (LAST SHOW - HEADLINE RECORDS - 1999)
18. Exit (LAST SHOW - HEADLINE RECORDS - 1999)


EXCEL "JAPAN TOUR 2018"

特設サイト
http://www.fuudobrain.com/exceljapantour/

●12.21(Fri)
SOCORE FACTORY, Osaka
18:30 OPEN 19:00 START
EXCEL / SxOxB / SECOND TO NONE / ROCKY & The SWEDEN

Ticket agency: e+ SOCORE FACTORYメール予約 TIMEBOMB
Infomation: 06-6567-9852 / info@socorefactory.com(SOCORE FACTORY)

●12.22(Sat)
ROXY, Shizuoka
19:00 OPEN 20:00 START
EXCEL / BUDDAHA MAFIA / 8000 and more
DJ: QUIETSTORM / HOLIDAY / 黒 / SONETHEGANGSTA

Ticket agency: livepocket
Infomation: 054-340-1237 / infokintsubaki@gmail.com(KINTSUBAKI)

●12.23(Sun)
FEVER, Tokyo
17:00 OPEN 17:30 START
EXCEL / ROCKY & The SWEDEN / SAIGAN TERROR / MEANING / KAMOME KAMOME
DJ: U-ichi(LONDON NITE)

Ticket agency: e+ FUÜDOBRAIN 45REVOLUTION FEVER 店頭
Infomation: 03-6304-7899(FEVER)

●12.24(Mon)
FEVER, Tokyo
17:00 OPEN 17:30 START
EXCEL / DBX / NUMB / CROCODILE COX & THE DISASTER / SYSTEMATIC DEATH
DJ: YU-TA(LONDON NITE)

Ticket agency: e+ FUÜDOBRAIN 45REVOLUTION FEVER 店頭
Infomation: 03-6304-7899(FEVER)

●12.25(Tue)
OPPA-LA, Enoshima
18:00 OPEN 19:00 START
EXCEL / PILEDRIVER / SMASH YOUR FACE
DJ: POW BOYZ / KAZ

Infomation: 0466-54-5625(OPPA-LA)


2018/10/18  assembrage : SWARRRM、SUNDR : REDSHEERとスプリット2作品同時リリース




assembrage : SWARRRM / Split
(7inch+ダウンロードコード/BTR-089)
1,200円+税
2018年11月21日発売

大阪のHM-2 Death Metallic Hardcore Punk「assembrage」と神戸のGRIND GOD「SWARRRM」による、エクストリームな音楽の新たな扉を開くスプリット作品が完成。
地獄の扉を開くが如くのイントロから幕を開けるassembrage。印象的なギターがリードをしながらも、ブルータルこの上ない展開が次々に飛び込んでくる。展開しているのではなく、崩壊していっているのかもしれない。黒の上に黒の絵具で描かれていく世界。これがassembrageの本懐なのだろうか。フェードアウトの先にも可能性の広がりを感じてしまう。
多作と言えるであろうSWARRRMだが、今作でもまた"何か"が塗り替えられている。彼らのバイタリティには驚かされるばかりだ。assembrageとは対照的に様々な色を使用して、最終的に黒く塗り固めていくような印象を受ける。過程に重きを置くか、結果に重きを置くかでも捉え方が異なってくる。こんな楽曲を生み出せるのはSWARRRMしかいないはず。ハッとさせられるような言葉選びも秀逸だ。

assembrage side
01.buried as eternity

SWARRRM side
01.見えない場所だろうと




SUNDR : REDSHEER / SUNDR : REDSHEER
(CD/BTR-086)
1,500円+税
2018年11月21日リリース

オーストラリアはメルボルンのヘヴィミュージックシーンの急先鋒"SUNDR"と、日本のエクストリーム界においてその存在を強くアピールし続けている"REDSHEER"の激音、轟音、頂上対決スプリット作品!
2017年の来日公演も記憶に新しいSUNDRですが、とんでもない音源を完成させました。収録の2曲とも9分越えの超大作。以前より静と動の緩急が明確化され、ポスト的な解釈が強まった感はありますが、荘厳な轟音パートは勿論健在。美しいまでのその世界観に足元から引き摺り込まれていく事でしょう。
この手の音は数多くあれど、常にクリエイティブな姿勢で作品を世に放ち続けるREDSHEERだが、彼らの持つふり幅の両側を押さえたような、期待を裏切らない2曲を収録。唸るような轟音とそれを切り裂く咆哮が織り成す混沌世界。とりわけ今作品のリフワークは素晴らしく、心地良い高揚感を演出している。
Outpsydeによるアートワークも規格外の完成度。バンド同士のスプリット作品に割って入るほどの存在感を付帯した。

SUNDR
01. I Am Your Prey
02. Talons From Within

REDSHEER
03. Another Hope Fades Away
04. Me And Your Evil Spells


2018/9/10  noy 新作アルバムからMV公開!






noy/ HARD CHOICE BRINGS US THE PAIN
(CD/BTR-084)
2,000円+税
2018年9月26日発売

初台WALLが生んだ5ピース・エモーショナル・ハードコア、noyのキャリア初となる、12曲入りフルアルバム

地道な活動でひたすらに射程距離を伸ばし続け、2013年にリリースした作品「DERIVE」で一気に注目を集める事になった彼らだが、その進化はまだ終わってはいなかった。ただ生きていく事を考えるのであれば、音楽活動は時に足枷になり得る。音楽だけに限らず、そういった事柄は少なくないだろう。それでも彼らはこの道を選び、痛みを伴いながらも一つの作品としてこのアルバムを結実させたのだ。激しく、叙情的に、色を変えていくように展開する楽曲群。時折飛び出す琴線に触れるようなメロディーが別世界までいざなっていく。彼らのひたむきさが滲み出た楽曲に乗るのは大切に選ばれた言葉だ。自らを鼓舞するようなボーカルがその人間味を一切失わせない。アルバムトータルとしての構成もしっかり練られており、彼らの集大成として胸を張れる作品が誕生した。彼らの選択が間違いではなかった事が、今、ここに証明された。

レコ初も決定!
「HARD CHOICE BRINGS US THE PAIN」 RELEASE SHOW
2018.09.29-sat- 初台WALL

noy
LOWVISION
Ratchild
OTUS
THE FANGS
HORSE & DEER

OPEN 17:00/START 17:30
adv 1,500-/door 2,000-



HARD CHOICE BRINGS US THE PAIN RELEASE TOUR2018

9/29(Sat) WALL, HATSUDAI
10/12(Fri) dues, SHINJUKU
10/20(Sat) MUSE, KYOTO
10/21(Sun) Studio246, NAGOYA
10/28(Sun) BUSH BASH, KOIWA
11/4 (Sun) OLIVE,TENNO CHO
11/17(Sat) BIRDLAND, SENDAI
11/18(Sun) NINETY EAST, MITO
11/23(Fri) KLUB COUNTER ACTION, SAPPORO
11/24(Sat) 161 SOUKO, SAPPORO
12/1(Sat) HOKAGE, SHINSAIBASHI
12/2(Sun) STUDIO O&K, SHIZUOKA
12/8(Sat) ANTIKNOCK, SHINJUKU

各地詳細は後日
チケット予約はこちらまで

2018/9/03  ORION新作ミニアルバム、カマラーダ新作フルアルバム!




ORION / The Life ep.
(CD/BTR-088)
1,300円+税
2018年10月17日発売

前作ミニアルバム「Party Knights」がプロモーション用の映像を含めてスマッシュヒットした、北浦和のパーティー・モンスター・ハードコア、我らがORIONの最新作ミニアルバム!
幾多のメンバーチェンジを経ても何も変わっていないのが彼らの最大の武器かもしれない。バンドは水物で、メンバーが変わる以前にちょっとした切っ掛けで大きく形を変えるものだが、ORIONにはそれがない。どんな外的要因に対しても粒子崩壊を引き起こさない安定性は、バンド活動において一番難しい「ただ続ける」という壁を軽々と越えて見せたのだ。 ゲストボーカルの面子がザーゴン(KBC/BRINGING BAND)とSatoshi(BAUMKUCHEN/ex-THINK AGAIN)というのも安心感を与える重要なポイントだ。
皆何も心配しなくていい。これは「あのORION」の作品だ。

01.踊れないバイバイ
02.自戒のうた
03.My Mirrors
04.THE CLASSICS
05.THE LIFE
06.24




カマラーダ / 噛み合う歯車
(CD/BTR-062)
2,000円+税
2018年10月17日発売

群雄割拠、静岡HARDCORE PUNKの生き字引「カマラーダ」が難産の末に漸く生み出したフルアルバム!
この作品は本当に長い時間温めてきたものだ。もう何年も、途切れ途切れにではあるが、少しづつ歩を進めてリリースに至る事が出来た。完成までの道中にレコーディング最中のメンバーチェンジなどもあったが、物事を進める中で当然のように紆余曲折はあるものだ。でもその全てを音に落とし込む事が出来た今作は、遠回りの道にも意味があったのだと思わせてくれる作品に仕上がった。
ベーシストの脱退によってボーカルのmoriがベースを兼任し、その分メンバー三人がそれぞれメインボーカルを取るスタイルに変更。音楽は引き算が重要だとはよく言ったもので、逆に多彩な表現を生み出す事に成功した。ストレートアヘッドなTHRASH HARDCOREの中に"静岡らしさ"を残した彼らの持ち味は失われてはいない。何年も前に標榜した「HARDCORE PRIDE」は色褪せる事なく彼らの中にあった。
一際目を引くアートワークはお馴染みのZUKKARTWORKによるもの。関わった全ての人間の本気が詰まった今作を是非手に取っていただきたい。

01.パワーコードドライブ
02.覚醒
03.MOTHER
04.錆
05.自作の不自由
06.〇と×
07.権利と義務
08.世界に1つだけの花
09.噛み合う歯車
10.セメント
11.運命


2018/8/30  FORWARD New Album リリース決定




FORWARD / FUTURE TROOPS
(CD/BTR-087)
2,300円+税
2018年10月24日発売

日本が世界に誇るBURNING SPIRITS HARDCOREの代名詞、FORWARDが放つ最新作アルバム。2018年11月に敢行される、25本に及ぶタイトなUSツアー用に制作された10曲収録のLPと2曲収録のEPが一つとなり、日本盤12曲収録CDとしてリリースされる。
結成より22年の歳月を経て表現方法が更に広がり、2018年型のBURNING SPIRITS HARDCOREを提示。メンバーそれぞれの個性が引き立たされながらも、一個小隊としての繋がりは一層強固なものとして全ての核となっている。その音像に乗る辛辣なメッセージは、現代社会の歪みがそうさせたものであろう。これがHARDCORE PUNKがHARDCORE PUNKである為の正しい形であるのだと痛感させられる。そしてこの作品が生み出された混沌とした平成の終わりが、前向きな一歩を踏み出す契機になる事を心から願うばかりだ。

01.Apathy Kills People
02.A.C.A.B
03.Must Be Mad
04.Hatred Union
05.Nasty Justice
06.True Freedom
07.Piece Of Peace
08.Mother Fucker Japan
09.Our World Our Own
10.Tokyo Olympic
11.In The Chaos
12.Future Troops


FORWARD「FUTURE TROOPS」発売記念ワンマン
"BURNING SPIRITS"
2018年10月20日(土)新大久保earthdom
open 18:30 / start 19:30 ADV. 2,000円 / DOOR 2,500円
INFO:03-3205-4469(earthdom)



2018/8/29  SKITKLASS / GREATEST sHITS 2nd PRESS




SKITKLASS / GREATEST sHITS
(CD/BTR-085)
2,000円+税

1stプレス分が残り僅かとなりましたので2ndプレスに取り掛かっております。ジャケットの色をマイナーチェンジいたしました。1stプレス分が終了次第、2ndプレス分での発送に切り替えさせていただきます。

気付いたらそこにあった、そこにいた。長く関係の続く事柄や対人の始まりは大抵そんなものではないだろうか。SKITKLASSはちょうどそんな感じだった。なんだか話題になってるなと思っている内に矢継ぎ早にテープや7インチをリリース。いつしかこの業界にいる皆がその存在を認識するようになった。しかしその始まりを知る人間はほぼ皆無だと思う。そしてその神秘性も相まってか、作品全てが法外な値段でオークションに掛けられた。
そんな中、興味本位で唯一彼らと交信が可能なTWITTERでコンタクトしてみた。予想に反してレスポンスは非常に良い。平坦な文章ではあるがやり取りを重ねる内に疎通が取れ、彼らの作った音楽を適正な値段で世に届ける為に協力する事になった。まさかやり取りを最後までTWITTERのメッセージで行う事になるとは思ってはいなかったが、彼らの本気を理解する一側面となった。その道程で送られてきたジャケットデザイン。そこに表記された「I'M WATCHING YOU IN THE CAGE」の一文は作品をリリースする私自身にも向けられたコメントだと気付いて鳥肌が立った。このセンスってなかなか出せるもんじゃない。70年代、80年代のアイコンとなったバンドのみが放つ事が出来た"あの"感じだ。そしてCDにパッケージしても、彼らの音楽は色褪せる事は無いと確信した上でこの作品をリリース出来る。
革命が起きる、1分もあれば充分だ。

1st 7inch EP "KAOS OCH FÖRSTÖRELSE"
01.BLODIG FLAGGOR NATIONELLA(falsk fred)
02.SKITKLASS
03.SLAKT OCH PLUNDRA
04.VI SKIT-PUNK

2nd 7inch EP "THE RULER OF THE FUCKIN’ASSHOLES"
05.INTRO
06.EXCLUSIONISM SHIT
07.SOFIE IS PUNK
08.SOCIAL SYSTEM
09.THE RULER OF THE FUCKIN’ASSHOLES
10.OUTRO

1st CASSETTE "VI SKIT PUNK"
11.SEX, ALKOHOL OCH PUNK
12.VI SKIT-PUNK
13.SLAKT OCH PLUNDRA
14.SKITKLASS
15.BLODIG FLAGGOR NATIONELLA

2nd CASSETTE "KAOS OCH FÖRSTÖRELSE"
16.KAOS OCH FÖRSTÖRELSE
17.ANTI AUKTORITÄR
18.SEX, ALKOHOL OCH PUNK

3rd CASSETTE "SKIT ISTÄLLET FÖR MUSIK"
19.BLODIG FLAGGOR NATIONELLA
20.SKITKLASS
21.SLAKT OCH PLUNDRA
22.VI SKIT-PUNK


2018/8/23 ANTISECT JAPAN TOUR 2018 詳細公開




ANTISECT JAPAN TOUR 2018


■11月23日(金・祝) 横浜F.A.D
BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.9」

ANTISECT
SYSTEMATIC DEATH
LIFE
PILEDRIVER
SKITKLASS

OPEN 17:30 / START 18:00
ADV.3,000- / DOOR.3,500-
Ticket予約 :BREAK THE RECORDS
info@breaktherecords.jp に日程/名前/電話番号/枚数をメール



■11月24日(土) 大阪HOKAGE
BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.10」

ANTISECT
S.O.B
Nightmare
Zay
Disturd

OPEN 17:30 / START 18:00
ADV.3,000- / DOOR.3,500-
Ticket予約 :BREAK THE RECORDS
info@breaktherecords.jp に日程/名前/電話番号/枚数をメール



■11月25日(日) 名古屋RED DRAGON
BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.11」

ANTISECT
REALITY CRISIS

OPEN 19:00 / START 19:30
ADV.3,000- / DOOR.3,500-
Ticket予約 :BREAK THE RECORDS
TOTAL INFO
info@breaktherecords.jp に日程/名前/電話番号/枚数をメール



■11月26日(月) 新代田FEVER
BREAK THE RECORDS pre.
「WAR FOR PEACE vol.12」

ANTISECT
OLEDICKFOGGY

OPEN 18:30 / START 19:30
ADV.3,000- / DOOR.3,500-
Ticket購入:e+(イープラス)8月23日AM10:00受付開始/新代田FEVER(03-6304-7899)


TOTAL INFO
info@breaktherecords.jp

2018/8/7  noy 1st Full Length Album




noy/ HARD CHOICE BRINGS US THE PAIN
(CD/BTR-084)
2,000円+税
2018年9月26日発売

noyのキャリア初となる、12曲入りフルアルバム
more info coming soon!!

レコ初も決定!
「HARD CHOICE BRINGS US THE PAIN」 RELEASE SHOW
2018.09.29 初台WALL

noy
LOWVISION
Ratchild
OTUS
THE FANGS
HORSE & DEER
and 1more??

OPEN/START TBA
adv/door TBA



HARD CHOICE BRINGS US THE PAIN RELEASE TOUR2018

9/29(Sat) WALL, HATSUDAI
10/12(Fri) dues, SHINJUKU
10/20(Sat) MUSE, KYOTO
10/21(Sun) Studio246, NAGOYA
10/28(Sun) BUSH BASH, KOIWA
11/4 (Sun) OLIVE,TENNO CHO
11/17(Sat) BIRDLAND, SENDAI
11/18(Sun) NINETY EAST, MITO
11/23(Fri) KLUB COUNTER ACTION, SAPPORO
11/24(Sat) 161 SOUKO, SAPPORO
12/1(Sat) HOKAGE, SHINSAIBASHI
12/2(Sun) STUDIO O&K, SHIZUOKA
12/8(Sat) ANTIKNOCK, SHINJUKU

各地詳細は後日
チケット予約はこちらまで

2018/7/11  SKITKLASS! Self Deconstruction!!




SKITKLASS / GREATEST sHITS
(CD/BTR-085)
2,000円+税
2018年8月22日発売

気付いたらそこにあった、そこにいた。長く関係の続く事柄や対人の始まりは大抵そんなものではないだろうか。SKITKLASSはちょうどそんな感じだった。なんだか話題になってるなと思っている内に矢継ぎ早にテープや7インチをリリース。いつしかこの業界にいる皆がその存在を認識するようになった。しかしその始まりを知る人間はほぼ皆無だと思う。